95以上 保存版、殿堂入り!
90以上 お金出して映画館で納得
80以上 ビデオでは見ておきたい
60以上 好き嫌いに分かれるかも
 41以上 どうしても見たければ...
 40以下 やめた方がいいでしょう

#425  

アバター

POINT-77   2009年 アメリカ 
 
 
  最新の3D技術とCGによって映像化されたジェームズ・キャメロン監督のSF大作。 人類は惑星パンドラの希少な鉱物を手に入れるため、人間型種族ナビィに似せた
現地での活動が可能な遠隔操作用の肉体<アバター>を開発。 兵士や科学者の意識をアバターに移し、鉱物開拓を開始するが…。
今までにない3D上映のリアルな奥行きと立体感で新しい映画のカタチを示しただけでも喝采モノ。 アカデミー賞では監督賞、作品賞ともにノミネート止まりに終わるが 単純にメンターテインメントとして楽しめる。

#424  

THIS IS IT

POINT-90   2009年 アメリカ
 
 
 

2009年6月。キング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンが永眠した。7月からスタート予定だった ロンドン公演に向けてのリハーサル映像を追悼作品として編集された本作だが、 単なるメイキング・フィルムではなく、長らく音楽活動を離れていたマイケルの 音楽シーン復帰を120%感じられる内容。
圧倒的なステージ・パフォーマンスとセット、映像は観客の度肝を抜くこと間違いなく。 踊りたくなる数々の名曲と進化したダンスは他のアーティストにはないマイケル独自の魅力といえる。
また本作をきっかけにツアー・ギタリストに抜擢された女性アーティスト、オリアンティもブレイク!


#423  

WALL・E/ウォーリー

POINT-75   2008年 アメリカ 
 
 
  700年間、ひとりぼっちで働いてきたゴミ処理ロボットのウォーリー。 ある日突然、巨大なロケットともに現れたピカピカの天使「イブ」に恋をする。
画質、ストーリーともに定評のあるピクサー作品。
前半ではほとんど人間が登場しないので字幕を読むこともない。 説教くさくならずに、機械を通して人間同士の愛を語れるあたりがピクサーのセンスの良さだろう。

#422  

ゼロの焦点

POINT-70   1961年 日本
 
 
 

何度も映像化されている松本清張の長編代表作。
新婚間なしの夫が失踪し、その行方を追い金沢へ向かう妻、 禎子。 金沢での情報から夫の二重生活が判明し、それにまつわる3人の女の人生が狂い始める…。
サスペンスでの定番となった「崖の上での告白」は本作がオリジナルといわれている。
2009年には広末涼子、中谷美紀、木村多江でリメイクされている。


#421  

感染列島

POINT-70   2008年 アメリカ
 
 
 

新型インフルエンザと思われる救急患者を発端に、正体不明のウイルスが拡大。 町中に広がる感染は、やがて国全体へと…。
目に見えないウイルスの恐ろしさと、それに怯え信頼感を失っていく人間模様が、 実際の風邪の大流行とタイミングが合い、にわかにフィクションとは思えないリアリティが!
出演は妻夫木聡、檀れい、国仲涼子ほか。


   
 
 
Ally's Garden / West Valley