外 壁 工 事

 2004年8月 21日(土) 

  「 モルタル塗り・下地」
 

来週から?と思ってたモルタル塗り、今日から始まりました♪
朝、表に出ると左官屋さんの車止まってて、もう準備を始めてるではありませんかーーー!
丁度、家具屋さんに行くところだったので、どんな様子か見ることも出来ずに・・・、
後ろ髪惹かれつつとりあえず、家具屋さんに行って参りました。。。
(ベットを買うつもりで行ったのに、予定になかったソファーまで買ってしまったという。。。いいのかーっ!?)
 

帰ってきてから早速、現場に行くと、南面の壁はすでにモルタル塗り完了。次に正面の壁に取り掛かっていました。上に青いシートが掛かってるの見えます?雨よけです。そうなんです。今日も昨日に引き続き、雨が降ったり止んだりのいや〜なお天気。お昼になってお日様が照ってきたので、もう安心かと思いきや、3時頃になって急に雷がゴロゴロゴロ〜!って・・・;;(うぅ、ヤバイかも!?)

画像を撮った後、バケツをひっくり返した様などしゃぶりの雨になってしまいました・・・
( p_q)エ-ン 一向に雨が止む気配がなく、主人が気になって見に行くとそのまま作業が続いています。下でモルタルをコネコネしてる若いお兄さんは、服のままシャワーを浴びたみたいに全身びしょ濡れ・・・(風邪、引かな かったかな・・・)

正面の壁が塗り終わりそうな頃、青空が出来てて、雨もようやく上がりました。左官屋さんにとって今日は大変な一日だったと思います。明日も引き続きモルタル塗りの作業があるそうですが、日曜日だというのに本当にご苦労様です。

白くて薄いネット状のシート(↓)、ガラス繊維が入ってるそうです。

 
  ▼2004年8月 22日(日) 

  「 モルタル塗り・下地・・・つづき」
 

今日は昨日とうって変わって、青空が青いです!
暑くもなく寒くもなく(気温23度!)、とってもいいお天気になりました♪今日も一日、よろしくお願いします^^



(←)モルタルが入ったバケツをグィ〜ンって、クレーンで上げているところ。。。



 

(←)モルタルの袋。。。

実家の父曰く・・・「一昔前は、現場で砂を混合してモルタルを作ってたんだぞ。最近は、便利になったもんだ。。。」感心しておりました。
 

上の袋から出したモルタルの粉をこの中に入れて、水を加えて柔らかくし、機械でグルグル、グニグニこねます。この機械の名前、知ってます?その名も「マゼラー」って言うんですよ^^(わかりやすい名前だよね〜笑)

まずラスの上にモルタルを塗って、その上からネットを被せ、更にモルタルを塗っていく・・・というやり方です。とっても手間の掛かる作業なんですね〜! 見てると肩がこりそうデス。。。

今日で1回目のモルタル塗りが終了するはずでしたが、あと少しだけ残して今日は帰られました。明日もまたよろしくお願いします^^
 
  ▼2004 年9月 3日(金) 

  「 モルタル塗り・2回目」
 

今日から2回目のモルタル塗りが始まりました。

左が今日塗られたところで、右はこれから塗られるところです。2回目は、見た目どおり表面が滑らかでとってもキレイです。ツルンとしてました^^

境目には、上から下まで細い木が貼ってありました。一回目のように一気に塗るのではなく、パーツごとに均一にならしながら丁寧に塗っていく・・・というやり方みたいです。

細い木があった部分は、取った後、このように溝になっていました。
どうしてこうするのか、理由は聞かなかったけど・・・なんででしょ?でも、この上にジョリパットが塗られるので、この溝はなくなっちゃいます。

角もキレイに直角です。

今日は朝から左官屋さんが4人来てくださって、3人がペタペタ塗って下さっていたのですが、2回目の施工は、時間と手間がとっても掛かるようです。北面全部と西面のちょこっとで本日は終了しました。
 
  ▼2004 年9月7日(火) 

  「 モルタル2回目終了」
 

2回目のモルタルが塗り終わりました。
すっかりコンクリートな住宅になってます。

次回はいよいよジョリパットです。
想像している感じに仕上がるのか・・・ドキドキ不安でもあり、とっても楽しみでもあります♪
 
 2004年 9月11日(土) 

  「 外壁の下準備」
 

ジョリパットの下準備が行われていました。
全ての窓と換気口などをビニールで養生していました。

(←)モルタルの上にシーラーを塗っている塗装屋さん。
「塗ってみるかい?」と言われましたが・・・、そんな高いところにはこわくて行けましぇん・。・。。。

屋根の軒天のつなぎ目や釘の跡をパテで埋めていました。
その後、外壁と同じ色で塗装されました。

破風はウッドデッキと同じ色になります。ウッドデッキの造作は、一番最後だと思うので、ここはまだ塗装されていません。
 
 2004年 9月15日(水) 

  「 外壁の下準備 パート2」
 

外壁に使われるタイルが積まれていました。

我が家の外壁はすべてコテ塗りですが、アクセントにちょっとだけタイルを使います^^。

タイル屋さんが、一枚一枚サイズに合わせてカットしています。

カットされたタイルは・・・?

(←)窓の下に3枚づつ並びました^^。

それと、、、
(←)玄関ポーチの腰壁の上にも並びました。

この後、固定されて、目地埋めされます。

(←)このアンティーク風のタイルは・・・?

答えは、もうちょっと下を読んでね^^


ジョリパットの下塗りが始まりました。

機械でグニグニ混ぜてクリーム状にしたものを、コテを使って壁に塗りつけていきます。

コテ塗りもそうですが、てっきり左官屋さんのお仕事かと思っていたら、外壁の上塗りはすべて塗装屋さんのお仕事だそうです。

(↑)上のアンティーク風タイルは、
(←)ここにありましたぁ〜!・・・って見えるかなぁ〜。。。
スノーダクトの屋根下にぐる〜りと一列に並んでます^^。

外壁は、うすーーーいピンクのような、うすいーーーいベージュのような色目です。
この下塗りが終われば、いよいよコテ仕上げですっ!どんな感じに仕上がるかなぁ?楽しみぃ〜♪