Water Land

 生物化学的酸素要求量(BOD)

 

BOD (Biochemical oxygendemand 略)

水中の微生物により ある時間、ある温度で有機物質が生化学的酸化をうける場合に消費される酸素量をいう。ゆえに河川などに放流された排水中の有機物は微生物の生化学的酸化により炭酸ガス、水等に分解され河川等に含まれていた溶存酸素が消費される。(自然の浄化作用が働くことになる。)

分析では、5日間 20℃恒温器での条件下で 

水中に存在する溶存酸素だけで試料の酸素要求を満たせるように、あらかじめ適当量の検水を希釈水で希釈し、溶存酸素量を測定する。一定時間後の溶存酸素の減少を測定し、その値に希釈倍数(P)を乗じてBODを計算する方法

初期の溶存酸素(D1)値を測定・・・一日目

五日目の溶存酸素(D5)の値を測定しその差に希釈倍数(P)を乗じこの消費した溶存酸素をいう。

BOD(ppm) = ( D1 − D5 )×P

排水中の有機物の汚染度を表し 単位として排水1L当たり生化学的的に消費される酸素量をmgで表わし、mg/L又はppmで表現する。

 


[ TOP ]

Copyright (C) ときお , All rights reserved.