栃木県の地域情報サイト[トラフィック栃木]宇都宮市の観光




栃木県へ遊びに行こう!栃木県の地域情報サイト「宇都宮動物園」

住めば愉快だうつのみや

野口雨情旧居

野口雨情旧居

住所:栃木県宇都宮市鶴田町1744-8
電話番号:
URL:http://www.utsunomiya-cvb.org/kankou_miru/page_3.shtml

宇都宮市ミヤリー
■アクセス
【自動車】
宮環鹿沼街道入口交差点から西へ300m
【電車・バス】
JR宇都宮駅より、関東バス「長坂経由新鹿沼行き」にて「羽黒下」下車、徒歩約3分。


野口雨情旧居の概要

「赤い靴」「十五夜お月さん」などの童謡で知られる詩人・野口雨情が昭和19年に戦禍を逃れるために移り住み、晩年をすごした家。庭には雨情の碑が立つ。

野口雨情(本名・英吉)
詩人、童謡・民謡作詞家。多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人と謳われた。

1882年(明治15年)5月29日 生まれ
1945年(昭和20年)1月27日 没

1943年(昭和18年)軽い脳出血で倒れて後は療養に専念。1945年(昭和20年)疎開先の宇都宮市近郊で死去。
代表作は『十五夜お月さん』『七つの子』『赤い靴』『青い眼の人形』『シャボン玉』『こがね虫』『あの町この町』『雨降りお月さん』『証城寺の狸囃子』など、枚挙にいとまがない。他に『波浮の港』『船頭小唄』など。


代表作「赤い靴」歌詞
赤い靴(くつ) はいてた 女の子
異人(いじん)さんに つれられて 行っちゃった
横浜の 埠頭(はとば)から 汽船(ふね)に乗って
異人さんに つれられて 行っちゃった
今では 青い目に なっちゃって
異人さんの お国に いるんだろう
赤い靴 見るたび 考える
異人さんに 逢(あ)うたび 考える

宇都宮市の観光情報:宇都宮市内の観光名所とその詳細情報


宇都宮市情報
宇都宮市のケーキ屋さん/宇都宮市の写真集/宇都宮市の花火大会/宇都宮市のイルミネーション


PC分解サイト / VAIO情報サイト / ハードデイスク[hdd]交換WEB / トラフィック栃木 / 日光の紅葉

栃木県の地域情報サイト[][][][]
Copyright © 2012 tochihana All Rights Reserved.