ジャパンカップサイクルロードレース

ジャパンカップサイクルロードレース

花火大会 ▶お祭り ▶栃木県紅葉情報 ▶日本3大花火大会 ▶栃木県のイベントを探す

ジャパンカップ概要

宇都宮市の中心部を貫く宇都宮市大通りを走る土曜日のジャパンカップクリテリウム。2010年の初開催から数えて7年目となる今年は、25回目を迎える大会を記念し、コースを西側に延伸して開催されることとなりました。レースの総距離は38.25km(2.25km/パレード2周+レース15周)となります。

2016年の日程

今年で25回目を迎えるジャパンカップサイクルロードレースを、宇都宮市内中心部の大通り周回コース、森林公園周辺コースを会場に開催します。

21日(金)
オリオンスクエアを会場にチーム・プレゼンテーションを開催。

22日(土)
今回で7回目となる「2016ジャパンカップクリテリウム」と題し、宇都宮市大通り(東武馬車道通りから上河原交差点)を周回コースとした、2.25km×18周、総距離38.25kmのクリテリウムレースも行われます。コースが見渡せるため展開が分かりやすく、手に汗握るバトルが繰り広げられ、宇都宮の中心市街地にスピードとスリルが炸裂します。

23日(日)
森林公園周回コースで「2016ジャパンカップサイクルロードレース」が開催されます。この大会は、アジア最高峰の自転車ワンデイロードレースとして、また、世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」等に出場しているスター選手が来日する、国内で唯一の大会として、日本中の自転車ファンが注目するレースです。今年も日本初の地域密着プロ自転車ロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」の選手も参戦予定です。

宇都宮ブリッツェンオフィシャルページ

 

ジャパンカップサイクルロードレース宇都宮

ジャパンカップサイクルロードレース

 

ジャパンカップクリテリウム

宇都宮市の中心部を貫く宇都宮市大通りを走る土曜日のジャパンカップクリテリウム。2010年の初開催から数えて7年目となる今年は、25回目を迎える大会を記念し、コースを西側に延伸して開催されることとなりました。レースの総距離は38.25km(2.25km/パレード2周+レース15周)となります。

 

ジャパンカップサイクルロードレース

ジャパンカップはアジアにおける最大レースの1つであり、ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアといった、世界の第一線で活躍する選手たちの本気の勝負を間近で見られる日本で唯一の大会でもあります。現在ワンデイ・レースとしてはアジアで唯一、最上位カテゴリーのオークラス(Hors Class = 超級)のレースとなっており、UCI(国際自転車競技連合)からはアジアにおける自転車競技発展の牽引役として認められています。

 

とちぎの四季折々

日光の「秋の紅葉」特集

8月の花火大会

9月の花火大会
カレンダー日程表LP01LP02

栃木県の夏祭り 花火大会

宇都宮の花火大会

 8/6(土)-7(日):ふるさと宮まつり(2016年終了)

とちぎ旅ネット(栃木県観光物産協会)

栃木県の道の駅 ▶栃木県のプール ▶日光の紅葉 ▶那須の紅葉 ▶福島県の花火大会

 

▲このページのトップへ