日光市と紅葉:日光市の二社一寺

トラフィック栃木 栃木県の「秋」ガイド

栃木県の紅葉情報

2012/09/18 23:01 更新

[栃木地域情報HOME]
栃木の紅葉を見に行こう
 

日光の紅葉

日光:竜頭の滝
日光:戦場ヶ原
日光:いろは坂・華厳の滝
日光:霧降の滝
日光:中禅寺湖
日光:湯ノ湖・湯滝
日光:東照宮・輪王寺・二荒山神社
日光:龍王峡

日光の観光

日光の世界遺産:日光の社寺
日光:東照宮
日光:輪王寺
日光:輪王寺大猷院
日光:二荒山神社

那須の紅葉

那須高原:茶臼岳周辺
那須高原:大丸温泉
那須高原:板室温泉周辺
那須高原:ロープウェイ周辺
那須高原:ボルケーノハイウェイ
那須高原:殺生石/温泉神社

日光・那須のライブカメラ
日光・那須のライブカメラ
栃木の紅葉を見に行こう(紅葉狩り)
栃木の秋の紅葉写真集
紅葉のメカニズム(仕組み)



平成24年版の栃木の紅葉
日光の紅葉スポット一覧
栃木県の花火大会
宇都宮の花火大会
お問い合わせ(E-mail)

 

日光市の二社一寺と湿原、杉並木

二社一寺、湿原、杉並木

日光市の観光資源の中でも、特に有名な、代表的なものをご紹介します。
 

世界遺産「日光の社寺」

日光市山内(さんない)にある、日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺の二社一寺の103棟の「建造物群」とこれらを取り巻く「遺跡(文化的景観)」のことです。1999年(平成11年)12月開催の世界遺産委員会において、登録が決定されました。
日光の世界遺産:日光の社寺ページ
 

ラムサール条約登録湿地「奥日光の湿原」

湯ノ湖、湯川、戦場ケ原、小田代原の内、260.41ヘクタールが、2005年(平成17年)12月に ラムサール条約湿地に登録されました。

栃木県日光市にある湯ノ湖、湯川、戦場ヶ原、小田代原のうちの、260.41ヘクタールが「奥日光の湿原」として2005年、ラムサール条約湿地に登録されました。それまでは日本の登録湿地は13ヶ所でしたが、今回の登録で一気に20ヶ所が増え、合計33ヶ所になりました。「奥日光の湿原」は全域が日光国立公園に指定されており、自然公園法等によって保全が図られています。われわれは責任を持って湿地とその周辺の水系の保全、あるいはそれらの賢明な利用を進めて行くことを世界に宣言したことになります。
 

日光杉並木街道

日光・例幣使・会津西の三街道の全長37kmの両側にわたって約12,500本の杉がそびえる「日光杉並木街道」は、世界一長い並木道としてギネスブックにも載っています。現在日本で唯一、特別史跡と特別天然記念物の二重指定を受けている貴重な文化遺産です。

日光・例幣使・会津西の三街道の全長37kmの両側にわたって約12,500本の杉がそびえる「日光杉並木街道」。世界一長い並木道としてギネスブックにも載っているこの杉並木は植栽されてから、もうすぐ390年が経とうとしています。現在日本で唯一、特別史跡と特別天然記念物の二重指定を受けている貴重な文化遺産であり日光市が世界に誇る「郷土のシンボル」です。
杉並木は、家康の家臣・松平正綱が日光東照宮に寄進するため植栽したもので、寛永2年(1625)頃から20年余りの歳月を費やした一大事業でした。植栽された杉は約20万本と推定されます。

なぜ街道沿いに松ではなく杉を植えたのでしょう? 昔から神社の参道には杉が生い茂り、荘厳な雰囲気を醸し出しています。正綱は、街道を日光東照宮の参道に見立て、杉を植えたものと思われます。この地の気候・風土が杉の生育に適していると認識していたのかもしれません。

私たちが目にすることができる見事な杉並木は地域の先人をはじめとする多くの人々の保護活動やさまざまな努力と自然条件の上に成り立っているのです。

江戸時代、並木は日光奉行の管理下にあり、手厚く保護されていました。杉の枯損木や根返りがあると、村役人は奉行所に必ず届けなければなりません。そして、役人の実地検分の上、伐採許可の " 極印 " が根元に付けられ伐採されました。さらに、伐採した杉は奉行所に搬送し、その跡に苗木の植え付けなどが義務づけられていました。また、街道筋の村々には、道普請や下草刈り、並木敷き内の清掃なども課せられていたのです。

明治政府の近代化政策で、全国で土木工事が行われるようになり、この地域でも、道路の屈曲を直すために倉ヶ崎・大桑間で約1,000本の杉並木が伐採されました。また、財政再建のために杉並木の全伐が実行されようとしましたが、時のイギリス公使バークスの進言によって難を逃れました。

明治38年、杉並木は国から日光東照宮に「下げ戻し」となり公共的利用を目的に保護されることになりました。第2次世界大戦時、戦艦用材として全国的に老木・巨木の供木運動が行われ、杉並木も伐採の危機に直面しますが、多くの反対意見が輩出し、2本の供木だけで免れました。

1992年版のギネスブックに掲載されてから、世界でもっとも長い並木道(LongestAvenue)として、世界中に知られるようになりました。世界一長い並木道は、今市地域に集まる3つの街道からなっています。この並木道は、「日光杉並木」として知られています。

総延長は35.41km(22マイル)、日光街道16.52km(10.27マイル)、例幣使街道13.17km(8.18マイル)、会津西街道5.72km(3.55マイル)で構成されます。これは現存している並木杉の端から端までを測ったもので、通常「長さは」と尋ねられたときは、杉並木寄進碑から寄進碑までの距離を合計した約37kmと紹介しています。平均した樹高は27mといわれています。

2008年(平成20年)4月現在、栃木県教育委員会文化財課の調査によると並木杉は12,477本となっています。
 

日光市の紹介
日光市とは/日光市のデータBOX/日光市のデータダウンロード/日光市の住所について
日光の二社一寺、湿原と杉並木/日光のイベントカレンダー

 

日光の観光に関するお問合せ

観光部観光振興課

問い合わせ対象エリア:全域、今市エリア
〒321-1292日光市今市本町1番地(日光市役所第2庁舎)
電話番号:0288-21-5170
 

日光総合支所観光課

問い合わせ対象エリア:世界遺産地区、奥日光、霧降高原など
〒321-1492日光市中鉢石999番地
電話番号:0288-53-3795
 

藤原総合支所観光課

問い合わせ対象エリア:鬼怒川温泉、川治温泉、龍王峡、三依地区など
〒321-2595日光市藤原1番地
電話番号:0288-76-4111
 

足尾総合支所観光課

問い合わせ対象エリア:足尾銅山、庚申山、皇海山など
〒321-1523日光市足尾町松原1番19号
電話番号:0288-93-3116
 

栗山総合支所観光課

問い合わせ対象エリア:湯西川温泉、奥鬼怒温泉、川俣温泉、鬼怒沼湿原など
〒321-2712日光市日蔭575番地
電話番号:0288-97-1136

 

栃木県日光市のおすすめ観光スポット

日光市内のおすすめ観光スポットです。

世界遺産「日光の社寺」

世界遺産:日光東照宮 日光の社寺「東照宮」は世界遺産に登録されている遺跡で、日光でもっとも有名な観光施設です。 施設内は広くじっくり見ると1日では回りきれないくらいです。

世界遺産:日光東照宮
世界遺産:日光山二荒山神社 二荒山神社は天王2年(782年)に勝道上人が創建した神社で、二荒山(男体山)を御神体山として奉祀したとされています。 一帯には古くから山岳信仰があり、江戸時代に東照宮が祀られるまで、日光信仰の中心だった神社です。

世界遺産:日光山二荒山神社
世界遺産:日光山輪王寺 輪王寺は奈良時代に勝道上人が開基し、江戸時代には皇族が門主を勤めました。東日本では最も大きな木造建築物で、天台密教形式のお堂です。

世界遺産:日光山輪王寺
世界遺産:輪王寺大猷院 輪王寺大猷院は3代将軍家光のお墓です。家光の「祖父、家康公を祀る東照宮をしのいではならぬ」という遺命により、彫刻や彩色が控えめで落ち着いた趣を残しています。

世界遺産:輪王寺大猷院

栃木の紅葉を見に行こうHOME


栃木県の地域情報サイト[][][][]
Copyright © 2012 tochihana All Rights Reserved.