日本の3大花火・Of the three major fireworks Japan

日本の花火大会

栃木県の花火大会カレンダー/栃木県の地域情報(トラフィックとちぎ)

日本の3大花火大会

日本の夏の風物詩といえば花火大会です。夏になると全国各地で数多くの花火大会が開催されます。
その中でも3大花火大会と呼ばれる主要花火大会があります。
日本の3大花火大会情報TOP
大曲の花火競技大会/土浦全国花火競技大会/長岡まつり花火大会

1.全国花火競技大会・大曲の花火

開催場所:秋田県大仙市
開催時期:08月第4土曜
打上数:18000発
観客数:80万人
全国花火競技大会・大曲の花火

大曲の花火の概要

明治43年(1910年)に始まった「大曲の花火競技大会」は100年以上も続く伝統の花火大会です。
人口約4万人の大仙市大曲地区に一夜にして約80万人の観覧者が訪れ会場をうめつくします。

大曲の花火競技大会の識者の間で最も権威ある大会として位置づけられているのは、まず、花火をつくった本人が自らの手で打ち上げる真の競技大会であること。

つぎに、この競技大会では内閣総理大臣賞・経済産業大臣賞・中小企業庁官賞・文部科学大臣奨励賞・が授与されることです。そして、競技玉として創造花火が採用されたこと。この花火はテーマをもうけて、創造性の高い花火を自由に組み合わせることにより、ストーリー性があり音楽イメージと合った作品を競い合うもので、毎年斬新なテーマ性に優れた花火が、夜空いっぱいに描かれます。

公式サイト:大曲の花火競技大会の公式サイト
大曲の花火競技大会

 

花火(はなび)とは

火薬と金属の粉末を混ぜて包んだもので、火を付け、燃焼・破裂時の音や火花の色、形状などを鑑賞する。火花に色をつけるために金属の炎色反応を利用しており、混ぜ合わせる金属の種類によってさまざまな色合いの火花を出すことができる。原則として野外で使用する。

多くの場合は火薬が爆発・燃焼した時に飛び散る火の粉の色や形を楽しむが、ロケット花火やへび花火、パラシュート花火のように、火薬の燃焼以外を楽しむものもある。
日本では、夏の夜の風物詩とされている。一部の自治体では大規模な花火の打ち揚げを「花火大会」と称して行っている。大会の時期は7、8月に集中している。花火大会のほか、イベントなどの開催を告げるため、また、祝砲のかわりにも使われる。

英語では、fireworks という。1988年より開催されている東京湾大華火祭など、近年は「華火」の字を当て字として使用している例も稀にある。



江戸時代の三大花火大会

江戸時代は現在とは異なる三大花火大会がありました。

1.水戸の花火

開催場所:水戸藩 常陸国
現在の場所:茨城県水戸市

 

1.市川の花火

開催場所:甲府藩 甲斐国
現在の場所:山梨県市川三郷町

 

1.吉田の花火

開催場所:三河吉田藩 三河国
現在の場所:愛知県豊橋市

 

栃木県の花火大会カレンダー
Copyright © 2014 tochihana All Rights Reserved.