日本眼鏡技術研究会会員

メガネの高松
店舗案内・地図
場所・営業日・営業時間
強度近用メガネ 
渦の目立たない

薄くて軽いメガネ

パソコン用メガネ
パソコンを見ていると
疲れやすい方に
深視力検査で
お困りの方に
 

大型・2種免許は
深視力が必要です
遠近両用メガネ
中近・近々メガネ
との使い分け
子供用メガネ
メガネとは

日本眼鏡技術研究会会員

茨城県常陸太田市のメガネ店

常陸太田市は、水戸黄門(水戸光圀)様が隠居された西山荘がある町です

TEL 0294-72-7518

メガネ高松

写真
このページのトップに戻る
メガネの高松トップページヘ

パソコンによる眼の疲れ

パソコンの普及により目の疲れを訴える人が近年非常うに多くなってきました。
現在ほとんどの職場や家庭にパソコンがあり、また長時間のパソコン作業による
眼精疲労が問題になっています。
私たち眼鏡店ではパソコン作業にともなう眼精疲労を減らすためにパソコン用メガネの研究をしています。

パソコンによる眼の疲れは、老眼の世代の方にとっては当然とも言える現象かと考えられますが、
老眼以前の20〜40代で、パソコン作業を長く連続的になさる方にも
同じように眼の疲れを訴えられる方は多いのです。
そういう方の眼の疲れは、単に紫外線カットや、何らかのフィルター的な色の付いた
レンズだとかでは、解決しないことが多いものです。

従来のパソコン用メガネは、
薄いカラーをつけたりしたものか、
遠近両用メガネのタイプの「中近メガネ」や
「近近メガネ」を作ってパソコン用メガネとする方法が普通です。


ここで言うパソコンメガネとは

人の目は、遠くを見ているときはあまり疲れませんが、近くを見るときは、
眼の中のピンとあわせをする筋肉に力を入れなければなりません。
目の筋肉に限らず長時間 力を入れっぱなしにしていると、非常に疲れます。
すなわち、パソコン画面を長時間連続的に見るということが、
眼の疲れを呼んだり近視を進行させたりする1つの原因となります。

パソコン作業を長く続けて目に無理が来る、ということを少しでも減らすために、
あなたのパソコン用にピッタリの度数のメガネを作るものです。
そうすることにより眼の筋肉の負担を減らすことができます

それは、個人別の正確な測定検査が必要で、単純に近視の度数を落としたり
遠視の度数をあげれば良いというようものではなく 調節と輻輳のバランスを考慮して作られる
メガネで、両眼視の状態で測れる専用の機械を使って測定します。

       
      

近用視機能測定器

※お願い
ご自身のパソコンの画面と、目との距離をメジャーなどで測ってから、おいでください

パソコンメガネを詳しく知りたい   パソコンメガネ研究会