メガネの高松
店舗案内・地図
場所・営業日・営業時間

強度近用メガネ

渦の目立たない
薄くて軽いメガネ
パソコン用メガネ
パソコンを見ていると
疲れやすい方に
深視力検査で
お困りの方に
 

大型・2種免許は
深視力が必要です
遠近両用メガネ

中近・近々メガネ
との使い分け
子供用メガネ

剣道用メガネ
大きいメガネ
良いメガネとは

良いメガネを作るには

疲れ眼(眼精疲労)

茨城県常陸太田市のメガネ店

TEL 0294-72-7518

メガネ高松

写真

常陸太田市は、水戸黄門(水戸光圀)様が隠居された西山荘がある町です

良いメガネを作るには

来店からメガネが出来上がるまで

1、カウンセリング ⇒ 2、視力検査 ⇒ 3、メガネ度数を決める ⇒  4、フレーム、レンズ選び ⇒ 
5、プレフィッティング ⇒
 6、レンズ発注、加工 ⇒ 7、最終フィッティング ・お渡し ⇒ 8、アフターケア

  当店では、このように8ステップにて、メガネをお作りしています。 

1、カウンセリング
 お客様の要望、訴えを伺い、目の状態や、お仕事、趣味などお伺いいたします。また過去の眼鏡使用歴などを
 含め、ご相談いたします。
 カウンセリングは、その後の検査を進める上でも、フレームやレンズを選定する上でも大変参考になります

2、視力検査
 自覚的屈折検査を中心に、片眼遮蔽屈折検査、両眼開放屈折検査、調節バランステストを行ない、その人に最適な度数を見つけます 

3,メガネ度数を決める
 最適と思われる度数で、しばらく掛けて試してもらいます。違和感や見え具合を確認しながら使用目的に合わせたレンズのタイプと度数を決めます。

4、レンズ・フレーム選び
フレームはお客様のお顔の形状を拝見し、玉型やサイズをアドバスします。また、度数を考慮しながら、予算などもお伺いし、最良の物をお勧めしていきます。

5、プレフィッティング
お客様ひとり一人のお顔に合わせ、レンズの光学的性能が最もよく引き出せるように、フレームのどの位置に瞳の中心がくるかを掛け具合をあわせて測定します。

6、レンズ発注、加工
検眼、フィッティング、設計で決定したデータ通りに、レンズをカットするため、決定したレンズの度数、乱視の度数、左右の目と目の距離、フレームに対する目の高さ、使用するフレームとレンズの種類、材質等を加工する前に確認します。加工を行う前に確認することによって、用途やライフスタイルに合った、すべての条件を満足させたメガネを調整することができます。

7、最終フィッティング・お渡し
よく見えるメガネであっても疲れてかけていられないようなメガネでは、なんの意味もありません。そのために長く使っていてもメガネと顔の接触部である鼻や耳に痛みや圧迫感がないこと。また、メガネが下がってしょっちゅう手で上げなければならないようでは困ります。メガネは正しい位置にかかり、圧迫感や痛みを感じず、下がらず安定している必要があります。そのためにメガネのフィッティング調整することが大切です。この最終フィッティングが終了してやっとメガネが完成したといえるのです。

メガネが下がってしまう、鼻や耳に痛みや圧迫感がある場合は、未完成のメガネですから、お買いになったお店で、きちっと合わせて完成したメガネにしてもらいましょう。

8、アフターケア
メガネは、使用しているうちに ねじが緩んだり、変形したり、汚れたりして見にくくなる事があります。
3ヶ月から6ヶ月に1度はメガネのチェックを受けるようにしましょう。

メガネも服と同じで、自分の顔のサイズや形、肌の色や髪の毛の色、ライフスタイルなども考慮して、自分に合ったものを選ぶことが大切です。自分によく似合うお気に入りのメガネをかけることで、毎日を生き生きと楽しく過ごすことができます。
このように「良いメガネ」を作るためには、適切なメガネ度数を決定し使用目的や希望に合ったフレーム・レンズを選び、目に合うようにレンズ度数とレンズタイプの選択から始まり、レンズの光学中心またはアイポイントが瞳の中心になるように加工する技術そして、適切な位置にフィッテング(光学的、力学的な要素を踏まえた掛け具合の調整)が、
適切であってはじめて可能になります。

この流れの中でどれ一つとして疎かにすることはできません。

日本眼鏡技術研究会会員

ページトップに戻る