本文へスキップ
トップ 塗装診断士 会社情報 工程写真集 施工実績 お見積もりから工事まで お問い合わせ

Exterior painting

外壁塗装編
はじめに

外壁は雨・風・紫外線などから保護してくれる、家の保護膜です。劣化が進むと、雨などの湿気が浸み込み外装の表面だけでなく、外壁の基盤の腐食が始まってしまいます。資産価値の維持には周期的に塗り替え工事は行っていかなければなりません。塗り替え時期の目安は、10年〜15年未満(塗装塗料により異なります)と言われています。



【モルタル造外壁編】

調布市 D様邸
   ⇒   
 Before
   After

高耐候性アクリルシリコン樹脂塗料仕上げ

建物の耐久性やコストの面においても、大変お勧めできる仕様(塗料)です。
以下は使用塗料の特徴です。
●環境にやさしい塗料です
下塗りから上塗りまで、全て水性塗料での施工が可能ですので、取り扱いが安全で、いやな臭いもありません。
●高い耐久性です
紫外線放射量の増加による、塗膜の劣化を想定して開発されていますので、外壁の劣化を抑え、高い耐久性を発揮します。
●低汚染性に優れています
外壁の汚染に対して優れた効果を発揮し、さらに、防藻・防かび機能も有しています。
●つや調整が可能です
お好みに応じて、つや有り・7分つや有り・5分つや有り・3分つや有り・つや消しからお選びいただけます


  ←チョーキングしてます
1.施工前
前回の塗り替え工事より12年経過してます。サッシ廻りの外壁にはクラック(2mm以下)が目立ちます。また、チョーキングが見られ外壁の劣化は進行してます。しかし、下地からの外壁の浮きや剥がれなどは見られませんでした。外壁の保護を考えるならば適したタイミングです。

  ←水洗い完了
2.高圧洗浄水洗い
高圧洗浄機にて150kgの水圧で水洗いをし、十分にコケやホコリを除去します。

  ←微弾性フィラー塗装完了
3.下塗り塗装中
下塗りの微弾性フィラーは、シーラー効果と、既存塗膜の細かいクラックなどを埋め目止めの効果を持っています。また、ある程度の塗膜厚を塗り込まないと効果は期待できません。

  ←中塗り(上塗材1回目)塗装完了
4.中塗り塗装中(上塗り材1回目)
上塗り材は様々な種類が有ります。性能が高ければ塗る面積あたりのコストが高くなります。一般的に塗り替えにはシリコン樹脂塗料が多く使われます。写真で塗装している塗料もシリコン樹脂です。

  ←完成
5.上塗り塗装中
中塗りと同じ塗料を塗装します。


合成樹脂塗料の耐久性

      

合成樹脂塗料の種類別比較

 塗料の種類  性能(特徴)
 フッ素樹脂塗料  高耐候性で塗膜はガラス質に近く、 汚れも付きにくい。高価なのが難点。
 シリコン樹脂塗料  フッ素樹脂に次ぐ高耐候性。住宅の塗り替えに推奨品。
 ウレタン樹脂塗料  耐久性、耐候性、耐薬品性に優れ、多方面で使用されている。
 アクリル樹脂塗料  油性ペイントより耐候性に優れ、色あせしにくい。

 他にも、光触媒など最新の塗料もありますが「汚れにくい」が特徴的で、数年経てば、建物の揺れなどで発生する「クラック」や建物の環境による「美観」の変化など、耐久年数を考えた時あまり変わらない印象が私には有ります。やはりあまり高価な塗料は選ばず「定期的」な塗り替えを計画しておくべきだと思います。目安は10年〜15年未満(塗装塗料、住宅環境により異なります)

モルタル外壁の施工前に塗装診断士が診るポイントはこちらです。



【サイディング造外壁(クリアー塗装3分艶仕上げ)編】
八王子市 S様邸
 ⇒
 Before
   After
セラミック系外壁保護クリアー仕上げ(UVプロテクトクリアー)

今の外観・サイディング゙の模様に、こだわりがあるお客様には最適な工法です。紫外線等により色あせた外壁を蘇らせます。しかし、サイディングが湿気や強い紫外線により劣化し模様が消え色あせが酷いと施工は出来ません。
また、同じ模様のサイディングが販売停止の場合が多く一部張替えという事が出来にくい状況なので注意です。


シーリングの打ちかえ工事

まずはじめに、サイディングの張り合わせ部分のシーリングを撤去・打ちかえをします。住宅におけるシーリング工事とは、外壁の目地やサッシ周り、外装付属品などの取り付け周り、雨仕舞のためシーリング材で充填する 工事を言います。
ですのでシーリング材が劣化したり、ひび割れ、剥れなどは雨漏りの原因になり、建物の防水性に大きな影響を与えます。

 

1.施工前
シールの寿命は通常5年〜10年と言われています。

もちろん建物の立地条件等により一概には言えないのですが

外壁を塗り替える場合は「打ち替え」をされる事を薦めます。

特にサイディングの場合は見た目以上に痛んでいます。


     
2.撤去中      3.専用プライマー塗布中 4.シーリング充填作業中

  
5.ヘラでならし    6.完成

シーリングの打ち替えが終了し、十分乾燥させ塗装工事へと移ります。

 塗装工事


1.シーリング工事終了後の塗装施工前

  
2.高圧洗浄水洗い
高圧洗浄機にて150kgの水圧で水洗いをし、十分にコケやホコリを除去します。

   ←日本ペイント製 艶あり
3.下塗り塗装中
紫外線での劣化を防ぎ、紫外線吸収剤の働きでサイディング材の色落ちや色あせを防ぐ塗料です。3分艶仕上げの場合は、まず同じ塗料の艶ありを塗装します。

 ←下塗り塗装完了
4時間以上乾燥させ2度目の塗装を行います。通常は一晩じっくり乾燥させて翌日2度目の塗装をします。

   ←日本ペイント製 3分艶あり
4.上塗り塗装中
下塗りと同様の塗料で仕上げには、3分艶の塗料を塗装します。

 ←完成


サイディング外壁(クリアー仕上げ)の使用材料のカタログはこちらです



【サイディング造外壁(着色仕上げ)編】

八王子市 K様邸
 ⇒
Before
   After

高耐候性アクリルシリコン樹脂塗料仕上げ

建物の耐久性やコストの面においても、大変お勧めできる仕様(塗料)です。
以下は使用塗料の特徴です。
●環境にやさしい塗料です
下塗りから上塗りまで、全て水性塗料での施工が可能ですので、取り扱いが安全で、いやな臭いもありません。
●高い耐久性です
紫外線放射量の増加による、塗膜の劣化を想定して開発されていますので、外壁の劣化を抑え、高い耐久性を発揮します。
●低汚染性に優れています
外壁の汚染に対して優れた効果を発揮し、さらに、防藻・防かび機能も有しています。
●つや調整が可能です
お好みに応じて、つや有り・7分つや有り・5分つや有り・3分つや有り・つや消しからお選びいただけます



シーリングの打ちかえ工事

まずはじめに、サイディングの張り合わせ部分のシーリングを撤去・打ちかえをします。住宅におけるシーリング工事とは、外壁の目地やサッシ周り、外装付属品などの取り付け周り、雨仕舞のためシーリング材で充填する 工事を言います。
ですのでシーリング材が劣化したり、ひび割れ、剥れなどは雨漏りの原因になり、建物の防水性に大きな影響を与えます。

 

施工前
シールの寿命は通常5年〜10年と言われています。もちろん建物の立地条件等により一概には言えないのですが、外壁を塗り替える場合は「打ち替え」をされる事を薦めます。特にサイディングの場合は見た目以上に痛んでいます。



1.高圧洗浄水洗い
まずは、高圧洗浄機にて150kgの水圧で水洗いをし、十分にコケやホコリを除去します。

   ←撤去完了
2.撤去中
カッターナイフで切れ目を入れ旧シーリングを撤去していきます。

 
3.専用プライマー塗布中

        
4.シーリング充填作業中   5.ヘラでならし


完成

しかし、このまま塗装を始めると下図のようにパターンが変わってしまうのでパターン付けをしていきます。


パターン合わせ
元々の外壁には無塗装サイディングに、「リシン」という吹付工法がしてあります。そこで、シーリングで変わってしまった。パターンをその部分のみ肌合わせしていきます。

   ←シーラー塗装完了
1.シーラー塗装
シーリングの部分のみのパターン付けのためその周辺のみシーラーを塗装します。


2.リシンガンで吹き付けていきます。
細かい粒上の石が吹き付けられています。


3.完成
あとは、シーリング部分意外に付いたリシンの石を、刷毛で落としパターン付けは完了です。


 塗装工事

  ←下塗り完了
3.下塗りサフェーサー塗装中
密着性に優れ、またシーリング材汚染防止効果を発揮する塗料です。

  ←中塗り完了(上塗り1回目)
4.中塗り塗装中(上塗り材1回目)
高耐久・低汚染・防かび・防藻・透湿・微弾性など最適な塗料です。

  ←完成
5.上塗り塗装中
中塗りと同じ塗料を塗装します。

サイディング外壁(着色仕上げ)の使用材料のカタログはこちらです



【ALC造外壁(へーベル)編】

八王子市 H様邸
   ⇒   
 Before

   After


砂壁状吹付仕上げ
有色陶磁器質骨材や天然石細粒による発色の為、深みのある色彩表現で建物を演出します。



シーリングの「増し打」工事

ALCを塗替えるにあたっては,継目のコーキングが傷んでいれば補修を行います。コーキングがALCの断面から剥がれている場合は撤去してコーキングをやり直しますが,築10年程度であれば,上から重ねてコーキングを充填する「増し打ち」(あるいは「打ち増し」)で十分な場合がほとんどです。


 
施工前                 完成


1.高圧洗浄水洗い
まずは、高圧洗浄機にて150kgの水圧で水洗いをし、十分にコケやホコリを除去します。


2.専用プライマー塗布中
吸い込みが激しいため、サイディングのシーリング打ち替え工事に比べたっぷりとプライマーを塗布していきます。塗布量を怠るとシーリング材の接着が悪くなるためです。

 ←専用の機械で良く混ぜ合わせます。
↑シーリング材の主材に硬化剤を入れています。

  
3.シーリング充填中 4.ヘラでならし    完成

  
もちろんサッシの廻りもすべて増し打します。

→ → 
ボーダー部分は旧シーリングを撤去し、打ち替えます。
→ → 


 塗装工事

  ←シーラー塗装完了
1.クリアーシーラー塗装中
吹付材の密着を良くする塗料です。やはり吸い込みが激しいので、たっぷりと塗りこみます。

  ←下吹き完了
2.下吹き作業中
吹付の作業に気を付け負ければいけないのが、塗料を均等に吹き付ける事です。ガンをクルクルと回しながら吹き付けていきます。

 ←完成←施工前
3.上吹き作業中
乾いた後にムラにならないように均等に・・・。慎重に・・・。


ALC造外壁(へーベル)の使用材料のカタログはこちらです


塗装診断士
胸にこの免許証を付け、お客様宅にお伺いしています。
 
東京都塗装工業協同組合では、お客様が安心して塗装工事を発注していただけますよう、平成11年に東京都塗装工業協同組合認定の「塗装診断士資格制度」を設けました。
塗装診断士とは、建築塗装の実務経験数が5年以上で、東京都塗装工業協同組合認定塗装診断士資格取得講習会を受講し、かつ修了試験に合格した優秀な建築塗装のスペシャルリストです。

東京都塗装工業協同組合
とは、東京都内27地区の約600社の塗装工業者が加盟する東京都知事認可の協同組合です。
「塗装工事専門店」
株式会社阿川美装店
〒193-0802
東京都八王子市犬目町77−2
tel : 042-621-0390 
fax : 042-216-0606
E-mail : ab-agawa@lapis.plala.or.jp