本文へスキップ
トップ 塗装診断士 会社情報 工程写真集 施工実績 お見積もりから工事まで お問い合わせ

roof painting

屋根塗装編

はじめに

屋根材や外壁材を雨や紫外線から守っているのが1ミリにも満たない薄い塗膜です。

この塗膜には寿命(耐用年数)があり、新築時に使用されている塗料で5〜6年、現在新しく開発されているフッ素樹脂塗料でも15年前後といえます。


それに対し日本の住宅の平均寿命はおおよそ30年、この住宅の建材を保護している塗膜が劣化し痛んでしまうと屋根材や外壁材などが直接雨や紫外線を受けてしまうことなり、住まいの構造体の劣化や雨漏りの要因ともなってしまいます。


ゆえに、お住まいを守っていくためには、住宅の一生の間に2〜3回、表層の塗膜の寿命に応じて屋根材や外壁材の「塗り替え」が必要となってきます以下には弊社で施工した例を解りやすく記載しています。




【コロニアル屋根(スレート)編】


施工前  施工前拡大写真 ←拡大写真
1.施工前
初めての塗装で日のあたりにくい北面はほぼ全面にコケが生え撥水力がなく、屋根自体を痛めてしまっている状態です。

高圧洗浄  水洗い後全景  水洗い後 ←拡大写真
2.高圧洗浄水洗い
高圧洗浄機を使用し十分にコケやホコリを除去します。 コケや死膜を完全除去し、もともと黒い屋根が真っ白になりました。水洗い後は、2日間程おき良く乾燥させます。

プライマー塗装中  プライマー完了 ←シーラー塗装完了(鉄板部には錆止めを塗装)
3.シーラー塗装中
コロニアル屋根(スレート)と言っても、納めの棟部分は鉄板で瓦はスレート材になっています。異なる素材にはそれぞれ適した材料を塗ります。鉄部の部分には下塗りとして錆止めを塗り、スレート瓦にはシーラーを塗ります。シーラーは素材と上塗り材の密着機能を果たします。

上塗り1回目  上塗り1回目完了 ←中塗り完了
4.中塗り塗装中(上塗り1回目)
3時間以上シーラーを乾燥させてからの工程です。この上塗り材によって、紫外線保護や防水の機能を屋根材に付与することができます。

上塗り2回目 完成 完成拡大 ←拡大写真
5.上塗り塗装中   6.完 成 
写真には有りませんが、欠けてしまったりクラックが入ってしまった箇所はしっかり補修し塗装を行います。(コロニアル屋根は一部の張替えが出来ないため)


合成樹脂塗料の耐久性

     

弊社では、シリコン・ウレタン樹脂をお客様と相談の上、使用する事が多いです。


縁切りについて

シーラー塗装完了後にコロニアルの重なり部分の塗料を専用金具で切断し、コロニアルの内部に侵入する水の逃げ場を作る作業です。

縁切り工具  縁切り中 ←縁切り作業中 

写真の道具を用いて‘縁切り‘をします。



タスペーサーについて(部材の隙間をより確保する道具)

タスペーサーは、屋根塗装(塗替え)時の縁切り作業をより適切に行なえる部材です。屋根の塗替えを行う時は、タスペーサーを使えば、適切な作業で長期的に下地への通気性を確保できます。


シーラー・プライマー等の下塗りを完全に乾燥させてから挿入します。



コロニアル屋根塗装の使用材料(ファインUVベスト)のカタログはこちらです


【日本瓦編】
施工前
1.施工前
膨れ、はがれ、割れなどがある状態です。

高圧洗浄  水洗い後 ←全景写真
2.高圧洗水洗い
高圧洗浄機を使用し十分にコケ、ホコリ、はがれなどを除去します。

   ←シーラー吹付塗装完了後、全景写真
3.シーラー吹付塗装中
吸い込みが止まるまで2度時には3度塗装する場合があります。また、塗料が飛散しにくい、エアーコートガンで吹付塗装します。 

   ←中塗り吹付完了後、全景写真。
4.中塗り吹付塗装中
シリコン樹脂系の塗料を使用。詳しくは下記カタログをご覧ください。

  
5.上塗り吹付塗装中      6.完  成

飛散防止スプレー エアーコートガンにて、塗装しています。
 このガンは、ノズルチップで霧化したエアレス塗料霧をエアーカーテンが包み込み、飛散を押さえ跳ね返りを大幅に減少させる事が出来ます。
 普通のエアレスガンはエアーを使いません。エアレス塗装機(塗料のポンプ)からの圧力が低ければきれいな霧が出ません。高ければ跳ね返りが多くなります。
 低い圧力の霧でもエアーで再霧化し、きれいな霧になるのがこのガンです。

日本瓦屋根塗装の使用材料(SUN瓦)のカタログはこちらです



【モニエル瓦(洋瓦)編】

    
1.施工前
状態は酷く、コケが発生し一部基材(コンクリート層)が表面に現れていました。 

   ←全景写真
2.高圧洗水洗い
高圧洗浄機を使用し十分にコケ、ホコリ、はがれなどを除去します。

   ←シーラー吹付塗装完了後、全景写真
3.シーラー吹付塗装中
吸い込みが止まるまで2度時には3度塗装する場合があります。また、塗料が飛散しにくい、エアーコートガンで吹付塗装します。 

   ←ダメな例です。
ここで、チェック!
シーラーの塗装が終わり翌日乾燥した状態で、試験としてテープをはり即座にハガシ、しっかり密着しているかという確認と下地がしっかり固められたかを調べます。テープに屋根材がくっついてきたらシーラーを再度、塗装します。

  
4. 2回目シーラー吹付塗装中
一度の塗装では、吸い込みが止まらず密着性にも関わりますので2回塗りをしました。

2回目シーラー吹付塗装完了後の写真です。
シーラー1回目に比べると、吸い込みが止まっているのが良くわかります。 

   ←見事合格!次の工程へ移ります。
そして、再度チェック!
結構ドキドキします。

   
5.中塗り吹付塗装中
日本瓦とは違い使用する塗料も中塗り専用塗料を塗装します。中塗りはカチオン系の塗料で、しっかり表面を固めます。

   ←全景写真
6.上塗り1回目吹付塗装中
シリコン系の上塗りで塗装しました。ダラダラと流ないように慎重に吹き付けます。

   ←完成!
7.上塗り2回目吹付塗装中

モニエル瓦(洋瓦)塗装の使用材料(SUN瓦)のカタログはこちらです



【折半・トタン屋根編】

  
1.施工前の写真です
月日が経ち塗膜は劣化し、錆の発生が見られる状況です。。

  
 2.ケレン・清掃中
錆部分はもちろん、全面にケレンをし塗料の密着を良くします。
  
溝の中やボトル部分など細かいところも、丁寧に清掃していきます。


 ←わかりにくいですが、ケレン・清掃完了後の写真です。


   ←全景写真
 3.錆止め塗装中
刷毛で塗装していきます。弱溶剤2液形エポキシ樹脂さび止め塗料を使用しています。

   ←全景写真
.上塗り1回目塗装中
錆止め塗装と同様に刷毛で塗装していきます。毎日同じ体制で作業してますと、腰が限界に・・・。

   ←完成!
5.上塗り2回目塗装中
上塗り材は、塗膜劣化の原因となる「紫外線」や「熱」などに対しすぐれた抵抗性を示し、美粧性・耐久性をより長期に持続させる塗料を使用してます。

折半・トタン屋根の使用材料のカタログはこちらです


塗装診断士
胸にこの免許証を付け、お客様宅にお伺いしています。
 東京都塗装工業協同組合では、お客様が安心して塗装工事を発注していただけますよう、平成11年に東京都塗装工業協同組合認定の「塗装診断士資格制度」を設けました。
塗装診断士とは、建築塗装の実務経験数が5年以上で、東京都塗装工業協同組合認定塗装診断士資格取得講習会を受講し、かつ修了試験に合格した優秀な建築塗装のスペシャルリストです。

東京都塗装工業協同組合
とは、東京都内27地区の約600社の塗装工業者が加盟する東京都知事認可の協同組合です。
「塗装工事専門店」
株式会社阿川美装店
〒193-0802
東京都八王子市犬目町77−2
tel : 042-621-0390 fax : 042-216-0606
E-mail : ab-agawa@lapis.plala.or.jp