サイト内検索: WWW search Gensuikyo search

被爆者援護連帯資料保管庫反核平和運動反核リンク出版刊行物もどる?
 

○おしらせ○

この度,日本原水協のウェブサイトは移転しました。新しいアドレスは次のものです。
今後ともよろしくお願いします。

http://www.antiatom.org/

 

北朝鮮の核開発問題についての談話

2005年2月10日 原水爆禁止日本協議会事務局長 高草木博

 報道によれば、北朝鮮政府は、「核兵器を製造した」ことを認めるとともに、今後も「核兵器を増やす」ことや、六カ国協議の無期限中断を発表した。

1、 事実とすれば、言語道断というほかはない。北朝鮮は、ただちに核兵器開発をやめ、保有分があるならそれを廃棄すべきである。核兵器の開発・保有で「安全」を守るなどということは、それ自体時代錯誤な考え方であり、既存の核保有国の誤りを繰り返すものである。この動きは、東アジア全体の平和と安全を脅かす危険な動きだ。

2、 今の事態は、改めて、すべての当事国が六カ国協議の枠組みを尊重し、朝鮮半島の非核化のために誠実に努力すべきことを示している。北朝鮮の核開発問題はもちろんだが、米国も、以前の枠組み合意でも同意したように、新「核態勢見直し」や今回の一般教書にもみられる脅迫政策をやめ、交渉による解決に誠実な努力をすべきである。

3、 5月にはニューヨークでNPT再検討会議が開かれる。重要なことは、核保有国も、「廃絶」の約束を誠実に守り、実行への具体的なアクションを起こすことだ。アメリカなどは、その合意さえ『死文化』するといっているが、言語道断だ。自国の核を合理化し、他国への拡散を抑えることはできない。

4、 日本政府もまた、朝鮮半島非核化のために大きな責任を負っている。我々は、問題の平和的解決の努力を求めるとともに、この問題で前進するためにも、核兵器全面禁止のために努力すべきことを求める。

 

 

 

このページのトップへもどる あるいは サイトのトップへもどる

 

Copyright (C) 2008 Gensuikyo. All Rights Reserved.
日本原水協 〒113-8464 東京都文京区湯島2-4-4 平和と労働センター6階
Tel:03-5842-6031 Fax:03-5842-6033 Mail: antiatom55*hotmail.com(*を@に換えて送信してください)