サイト内検索: WWW search Gensuikyo search

被爆者援護連帯資料保管庫反核平和運動反核リンク出版刊行物もどる?
 

○おしらせ○

この度,日本原水協のウェブサイトは移転しました。新しいアドレスは次のものです。
今後ともよろしくお願いします。

http://www.antiatom.org/

 

バックナンバーをご希望の方は、日本原水協までご連絡ください。実費でお分けします。


国際情報資料24号(2006年 6月発行)頒価 800円

目次

国際情報資料23号(2005年 12月発行)頒価 800円

目次

国際情報資料22号(2005年 6月発行)頒価 800円

国際情報資料21号(2004年12月発行)頒価 800円

<収録資料>

  • 第59回国連総会:核軍縮関連決議案の審議より
  • 第59回国連総会:核軍縮関連決議と採択状況
    • 新アジェンダ案「核軍縮の約束履行の促進」
    • マレーシア案「ICJ勧告的意見の後追い」
    • マレーシア案「軍縮と開発の関係」
    • マレーシア案「軍縮と不拡散の分野での多国間主義の促進」
    • ミャンマー案「核軍縮」/日本案「核兵器廃絶への道程」
  • 核軍縮関連決議の採択状況一覧
  • 「若者は健在だ」:マイケル・ムーア
  • 「草の根から見たアメリカのシンクタンク、軍縮、平和運動」/アンドルー・リヒターマン
  • 資料:ヨーロッパ配備の米国の核兵器(アトミック・サイエンティスツより)

 

国際情報資料20 (2004年6月発行) 800円

「核兵器も戦争もない世界へ いま核兵器の廃絶を!」国際情報資料20
For a World Without Nuclear Weapons and Without War
Abolish Nuclear Weapons Now!

<収録資料>
核不拡散条約(NPT)2005年再検討会議第3回準備委員会より
 政府代表の発言:新アジェンダ連合、非同盟諸国、アメリカ、日本など?
NPT2005年再検討会議第3回準備委員会にあたっての日本原水協の声明
「発展する関係:2004年の日本とアメリカ」―安倍晋三自民党幹事長
2004年アメリカの核戦力

国際情報資料19 (2003年12月発行) 800円

<収録資料>

第58回国連総会:核軍縮関連決議案の審議より――政府代表の発言
第58回国連総会:核軍縮関連決議と採択状況
国連総会軍縮問題審議にあたって日本原水協の要請
核問題:「パグウォッシュとブッシュの政策」ジョゼフ・ロートブラット
世界社会フォーラム資料
ビキニ水爆実験被災50周年にむけて

国際情報資料18(2003年6月発行)頒価 800円

核不拡散条約(NPT)2005年再検討会議第2回準備委員会の審議より
政府代表の発言--マレーシア(非同盟諸国を代表して)/インドネシア/キューバ/ニュージーランド(新アジェンダ連合を代表して)/ブラジル/アメリカ/中国/カナダ/日本
イランの原子力開発に関して--イラン/スイス

NPT2005年再検討会議第2回準備委員会にあたっての日本原水協の声明
 「核兵器も戦争もない世界へ決断、行動、共同を」

「NPTの過去、現在、未来」:ジャヤンタ・ダナパラ国連事務次長
 ミドルパワーズ・イニシアチブ主催行事での基調報告

「戦争利益とハリバートン」
 (インターネットマガジン「Zネット」より)

「イラク――必要な戦争だったのか」
 (『ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ』より)

国際情報資料17(2002年12月発行)頒価 800円

目次

第57回国連総会:核軍縮関連決議案の審議より
核軍縮関連決議案と採択状況
イラク問題 国連安全保障理事会決議1441
アメリカの国家安全保障戦略
大量破壊兵器とたたかう国家戦略

国際情報資料16(2002年5月発行)頒価 800円

核不拡散条約(NPT)2005年再検討会議第一回準備委員会の審議より
議長による事実要約
政府代表の発言・作業文書(ジャヤンタ・ダナパラ国連事務次長/インドネシア--非同盟諸国を代表して/エジプト--新アジェンダ連合を代表して/マレーシア/メキシコ/ブラジル/日本/アメリカ/ロシア/中国/イギリス/フランス/カナダ)

アメリカ核態勢見直し(NPR)抜粋

「核態勢見直し」に関するアメリカの新聞報道
ニューヨーク・タイムズ紙/ボストン・グローブ紙

日本原水協の声明
ブッシュ大統領への公開状/国連安全保障理事会および事務総長への手紙/NPT2005年再検討会議第1回準備委員会にあたって

国際情報資料15(2001年12月発行) 頒価800円

目次

第56回国連総会:政府代表発言・核軍縮関連決議・採択状況

テロ問題の平和的解決をめざして
日本原水協「アメリカ平和運動へのお見舞いの手紙」/「重ねて法的手段による解決を要求する」/世界の平和運動の声/国連総会・テロ問題集中審議での核兵器関連の発言(抜粋)

日本原水協国連要請代表団の活動
包括的核実験禁止条約発効促進会議
生物兵器禁止条約再検討会議
原水爆禁止2001年世界大会
国際会議宣言/原水爆禁止世界大会・長崎「国連および各国政府への手紙」

国際情報資料14(2001年1月発行)

目次

国連ミレニアム(第55回)総会:核軍縮関連決議より
 新アジェンダ案、日本案、マレーシア案、ミャンマー案、核兵器使用禁止に関する条約、非核保有国に対する核兵器使用禁止、ABM条約順守案、その他の核軍縮関係決議採択状況

NGO軍縮委員会パネル討論会
 「2000年NPT再検討会議の後追い」
原水爆禁止2000年世界大会
 「国連および各国政府への手紙」
米国防大学国家戦略研究所特別報告書
 「米国と日本:成熟したパートナーシップに向けて」
米国防総省報告書
 「大西洋両岸社会の安全保障の強化」

国際情報資料13(2000年6月発行)

核不拡散条約(NPT)再検討会議(2000年4月〜5月)
    NPT再検討会議最終文書
    各国政府代表などの発言
       コフィ・アナン国連事務総長、新アジェンダ連合(メキシコ)、非同盟運動(インドネシア)、アイルランド、マレーシア、ニュージーランド、米国、ロシア、中国、イギリス、フランス、日本
    提出された作業文書・共同声明
        新アジェンダ連合の作業文書、核保有5カ国の共同声明、新アジェンダ連合の核保有国共同声明への反論、非同盟運動作業文書
    日本原水協「世界のすべての国の政府首脳への手紙」

国連ミレニアム・フォーラム(2000年5月)
    ミレニアム・フォーラム千間と行動課題
    開会総会の発言
        コフィ・アナン国連事務総長、マイブリット・テオリーン(国際平和ビューロー)、マーティン・コー(第三世界ネットワーク)

米国による日本への核兵器持込み(前号の続編)
    「日本はどこまで知っていたか」ロバート・ノリスほか(ブレティン・オブ・アトミック・サイエンティスツより)

国際情報資料12(1999年12月発行)

1999年第54回国連総会:核軍縮関連決議より
    核兵器のない世界へ:新たな課題の必要(新アジェンダ連合案)
    核軍縮(非同盟諸国案)
    核兵器による威嚇または使用の適法性にかんする国際司法裁判所の韓国的意見の後追い(マレーシア案
    核兵器の究極的廃絶のための核軍縮(日本案)
    弾道弾迎撃ミサイル制限条約の保持と順守(ABM条約順守案)

「新アジェンダ連合」案の議論から
    共同提案国を代表しての決議案提案理由発言(ニュージーランド)
    国連第一委員会における討論

1999年国連軍縮週間
    NGO軍縮委員会パネル討論会「新アジェンダ連合、東京フォーラムのイニシアチブにかんするパネル討論会」
    世界各国政府への要請(日本原水協)

米国による核兵器持込み
    「核兵器はどこにあったのか」ロバート・ノリスほか
    米極東軍の核兵器管理にかんする解禁文書「原子兵器配備書」

国際情報資料11(1999年1月発行)

1998年第53回国連総会:核軍縮関連決議より
核軍縮(非同盟諸国案)
核兵器のない世界へ:新たなる課題の必要(新アジェンダ連合案)
核兵器による威嚇または使用の適法性にかんする国際司法裁判所の勧告的意見の後追い(マレーシア案)
  核兵器の究極的廃絶のための核軍縮(日本案)
核兵器の使用禁止にかんする条約(インド案)

核軍縮決議の提案理由より
マレーシア案:マレーシア国連大使
新アジェンダ連合案:アイルランド外務省軍縮不拡散局長
 
中堅国(ミドルパワーズ)イニシアチブ
   (『核兵器ゼロへの確実な道』より)

判明している世界各地の核実験:1945年〜1998年
   (『ブレティン・オブ・アトミック・サイエンティスツ』1998年11/12月号より)

国際情報資料10(1998年4月発行)

1998年3・1ビキニデー参加海外代表の発言
   アオテアロア・ニュージーランド平和評議会/ジェラルド・オブライエン
   マーシャル諸島ロンゲラップ環礁住民/ネルソン・アンジャイン、アイリーン・アボン
    ベラウ(パラオ)大地の錨/イサベラ・スマング
   非核フィリピン連合/コラソン・ファブロス

1998年3・1ビキニデー関連資料
   パラオ再訪:たたかいは終わっていない
     (『パシフィック・ニュース・ブレティン』)
   フィリピン:別名を冠した米軍地位協定(非核フィリピン連合声明)
   合衆国軍隊のフィリピン訪問時の待遇に関する協定案全文
     (参考:フィリピン憲法非核条項)
   フランスの核実験:機密にされた軍の文書館
     (『ル・ヌーベル・オプセルバトゥール』)

「ヨーロッパの核家族」ミゲル・マリン=ボッシュ
   (『ブレティン・オブ・アトミック・サイエンティスツ』)

旧ソ連の原子力潜水艦事故(『ベローナ報告』第8章)

核兵器をめぐる核保有国、非同盟諸国の共同声明より
   核不拡散条約締約国2000年再検討会議第1回準備委員会(1997年4月)
   参考: インドの核保有についての日本原水協の談話

第52回国連総会:軍縮関連諸決議より
   第4回国連軍縮特別総会の開催
   二カ国間核兵器交渉および核軍縮
   核軍縮
   核兵器の使用・威嚇に関するICJ勧告的意見(再録) (注:9号「核兵器廃絶条約の交渉をもとめる決議」と同じ)
   核兵器の究極的廃絶を展望する核軍縮
   非核兵器地帯に関する決議(6本)
     アフリカ非核兵器地帯
     ラテンアメリカとカリブ海における核兵器禁止条約(トラテロルコ条約)により確立された体制の強化
     中東地域における非核兵器地帯の設置
     中央アジアにおける非核兵器地帯の設置
     南アジアにおける非核兵器地帯の設置
     南半球および隣接地域非核兵器地帯

国際情報資料9(1998年2月発行)

ジョージ・リー・バトラー元将軍のインタビュー
   (『ワシントン・ポスト・マガジン』 1997年12月7日)     

クリントン大統領のあらたな核戦略司令
   (『ワシントン・ポスト』 1997年12月7日)   

米国防総省文書「拡散:脅威と対応」(抄訳)
   (1997年11月25日発表)

1997年国連総会軍縮関連諸決議にたいする各国の態度  
   (『ディスアーマメントタイムズ』 1997年12月号より)

第52回国連総会: 核兵器廃絶条約の交渉をもとめる決議

マーシャル諸島での核実験と異常出産     
   グレン・アルカレー(『核実験の影響、女性の視点』会議の報告より)  

生涯つづく「クリスマスプレゼント」――イギリス核実験被害
   英オブザーバー紙(『ジャパンタイムズ』 1997年12月25日付)

国際情報資料8(1997年3月発行)

1997年3・1ビキニデー
  「被爆と核実験被害の実態の国際調査・普及についての国際協議会」発表文
  「被爆と核実験被害の告発、被害者援護連帯、核兵器のない21世紀のための国際シンポジウム」参加海外代表の発言

*1996年国連第51回総会の審議より(続報)  
   行き詰まる核軍縮
   軍縮関連の総会決議への各国の投票態度 (『ディスアーマメント・タイムズ』1996年12月17日号) 

核兵器の使用と威嚇の適法性に関する国際司法裁判所の勧告的意見より
ウィーラマントリー判事の反対意見(下)

国際情報資料7(1997年1月発行)

1996年国連第51回総会の審議より
   核兵器全面禁止条約の交渉開始を求める決議 (1996年12月10日採択)
   包括的核実験禁止条約締結:次のステップは?(『ディスアーマメント・タイムズ』1996年11月7日号)

核実験の禁止   ポール・F・ウォーカー
   (アメリカフレンズ奉仕委員会機関紙『ピースワーク』 1996年10月号) 

核兵器の使用と威嚇の適法性に関する国際司法裁判所の勧告的意見より
ウィーラマントリー判事の反対意見(中)

国際情報資料6(1996年11月発行)

核兵器の使用と威嚇の適法性に関する国際司法裁判所の勧告的意見より
ウィーラマントリー判事の反対意見(上)

原水爆禁止1996年世界大会・国際会議 「広島宣言」

1996年国連軍縮週間にあたって
   核兵器のない21世紀のために:国連と加盟各国政府への提案(日本原水協)


日本語トップページへ

 

 

 

 

このページのトップへもどる あるいは サイトのトップへもどる

 

Copyright (C) 2008 Gensuikyo. All Rights Reserved.
日本原水協 〒113-8464 東京都文京区湯島2-4-4 平和と労働センター6階
Tel:03-5842-6031 Fax:03-5842-6033 Mail: antiatom55*hotmail.com(*を@に換えて送信してください)