HOME Profile Workshop Gallery Guidance KOSO  
topへ戻る 紹介 クラフト ギャラリー ・ 販売 案内図・製作費 ばんば建築研究室
長野県★更新情報・お知らせはトップページをご覧下さい。★建築設計事務所
KOSO  ばんCRAFT研究室 己楚
  BAMクラフト研究室  Hartsfield  Workshop  意見 感想 問い合わせ → e-mail
長野   建築設計  
  「 クラフトの世界へ」のお誘い、世界で唯一のものを、自分の手で・・・   Workshop 1 へ戻る
JBL Hartsfield
   product
  組立編

   Hartsfield(finnish birch)

■ hi I さん

 「ばんCRAFT Hartsfield」
 


フィンランドバーチ合板を使用。


1,2,3  最近貴重品のN500H
     

4,5,6 いよいよ墨付け開始!
   
   



,10,11,12
  寒い冬の間にコツコツとカット
  この塊で役30%でしょうか・・・・。
  未だ道のりは長い

  ここら辺で一度H.Pにアップします。

  ハーツはフロントロードホーンです
  カーブが緩やかです
  従って鋭角な角度付けが要求されます。
  これがなかなかな作業です。




16,17
   カット完了いよいよ組立開始!
   各ブロック毎に組立中・・・。


18,19 サイド支柱 と天板
     各ブロック毎に組立


20,21 いよいよ本体組立開始


22,23,24 
   フロントロードホーンの開始部分


25  この様にカーブが形成されます。


26  バックちゃんバー こんな感じに・・


27 外側ホーン組立
 


28 ホーン反転部分 前面のボックス部
   カット一式です。
   箱上ですので直角精度・・
   内部反転部が後では手が入らない・・・
   この部分を完成しておき
   本体とドッキングじます。

29  本体に仮付しながら前面ボックス組立
   (再ドッキングが精度良く出来ます)

30 31  前面ボックス組立完成

32 各ブロック組立完成
   ブロック微調整仮組
   この段階で練り付け仕上
   その後最終組の工程です。

33(台輪)
  34(サイド支柱)
    35(前面箱)
      36(天板)
   各ブロックのウオールナット練付完了

          次は本体と合体です。
          いよいよ大詰めです。

37 逆立ち状態で脚の取付

38 サイドの支柱の取付
   
39 各ブロック本体と合体
   後は塗装とサランネット取付

40 ホーン内部 黒塗装しました。
   (オリジナルサランネットの場合
   内部が透けて見えますので・・・。)

 41,42 塗装
      本体色は
      グレーハンマートーン色に近く・・
      吸音材も取付・・

43 いよいよGold Wing取付

44 流石! ゴールドウィングが入ると
   ぐっとしびれます!
   3分艶ウレタン塗装も完了・・・
   落ち着いたHartsになりました。
   後はホーン開口部にオリジナルサラン    ネットの取付のみとなりました。

45,46 375ドライバー取付

47 150−4Cウーハー取付

48 N500Hネットワークも取付
   試聴!
   Hartsらしい音の厚みと立上りを確認
   Hartsfieldならではのもの!

49 最後にJBL エンブレムを取付!


  

組立編

CADにて製作図更新。


  Hartsfield (made of Finnish birch)
のクラフトの開始です。


11

22

33
 
4
 
5
 
6
 
10

11 
 
12
 
16
 
17
 18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31


 32
 
33
 
34
 
35
 36
 37  38
39 
 
40
 
41
 42

43
 44  
45
 46  
47
 48
 
49 
 

50
完成を保障いたします。必ず完成します。参加しませんか!
★ 仕様・参加方法・参加製作費 ★
クラフト参加が無理の方へは完成品の提供も可能です、ご相談下さい。