CAPとは

CAPとは、Child Assault Preventionの略で、「子どもが暴力から自分を守るための人権教育プログラム」です

安心自由自信

子ども達は「安心、自信、自由」の権利があることを学び、いじめ、誘拐、性暴力等様々な暴力から自分を守るために何ができるかを考えます。その方法は「~してはだめ」ではなく「こんなことができる」という可能性を示すもので、自分達にも何かができるという自信を子ども達に育てることができます。

CAPの歴史

CAPのプログラムは1978年に米国オハイオ州コロンバスのレイプ救援センターで初めて開発・実施されました。
日本へは1985年に森田ゆり氏によってCAPプログラムが紹介されました。1995年にはCAPプログラムを実施できる資格である「CAPスペシャリスト」の養成が始まりました。
1998年には各グループのネットワークセンターとして「CAPセンターJAPAN」が設立され、2002年に特定非営利活動法人(NPO法人)となりました。
2009年には一般社団法人J-CAPTAが設立され、2つのトレーニングセンターの下、全国でワークショップが実施されています。