トップページ
新着情報をご覧ください。
CAPの概要はこちらです。
CAPとは
CAPの理念
CAPの歴史
CAPたんぽぽのご紹介です。
プロフィール
活動予定
活動実績
たんぽぽ通信
各ワークショップの概要です。
就学前プログラム
小学生プログラム
中学生プログラム
高校生プログラム
おとなの学習会
予約前にご確認ください。
実施までのSTEP
Q&A
便利なリンク先をまとめました。
全国のグループ
行政の相談窓口
私たちおとなは、子どもたちが安全で健やかに成長することを願っています。そのために必要な時に適切な援助をしていきたいと考えています。でも、いつ、どんな援助が必要なのかは子どもが話をしてくれなければわかりません。子ども達が話をしやすい環境を整えておくことが、何より重要です。
そして、もし子どもが暴力被害を受けてしまったら、あるいは問題を抱えていたら、傷ついた心の回復援助をすることが、子どものまわりにいるおとなの役目です。
おとなの学習会(おとなワークショップ)では、子どものまわりにいるおとな(保護者、先生、地域の人)がCAPのプログラムについて理解し、子どもがひとりで悩み苦しむことのないように、おとなができることを考えていきます。
子どもワークショップを実施する前に必ずおとなの学習会(おとなワークショップ:保護者対象、教職員対象)を実施します。特に、授業の中で子どもワークショップを実施する場合には、保護者対象のワークショップ、教職員対象のワークショップも同時に実施していただくことになっています。
@保護者、地域の方対象のワークショップ A教職員対象のワークショップ
約120分
(1) 子どもをサポートするためにおとなができること
(2) CAPの歴史
(3) CAPの基本的な考え方(安心自信自由の人権、エンパワメント、コミュニティ)
(4) 子どもワークショップの概要
(5) 虐待について
(6) 子どものSOS
(7) 子どものSOSの受け止め方、話しの聞き方

尚、子どもワークショップの概要については、子どもの年齢に応じて「就学前」「小学生」「中学生」「高校生」それぞれのプログラムを紹介します。
※CAPプログラムは著作権があり、CAPスペシャリストの資格を持つ者が提供します。資格を持たない者がプログラムを実施、模倣することは固く禁じられています。
このページのトップへ ▲
Copyright 1997-2014 CAP-Tanpopo, All rights reserved.