狛太郎です!

「狛太郎画像」
「BOLTS&NUTS」で有名な漫画家田中むねよし先生からいただきました。
有難うございます。
雑談している間にさらさらと手が動いているのは分かっていましたが、
こんな立派な絵になるとは思いもしませんでした。
で、狛太郎は本当にこの絵に似ているのか、という点につきましては、
私はもちろんそっくりだと思っているのですが、知人のあいだで「絵の方が良すぎる」という
声があることも、公正公平を旨とする立場からは、否定できません。
でも、そういうことを云う人は見る目がないのだと、
公正公平な立場から思っている次第です 
(^_^)/(-_-;)よしよし





自己紹介
狛太郎と申します。
佐賀市大和町在住です。
若くはありませんが、若者は好きです。
勤めは真面目にやっている方だと思います。
狛犬の面白さを知ってからは、神社訪問が休日の日課になりました。老若男女を問わずこの趣味を押しつけたいと思っていますが、なかなかうまくいきません。そこでHPを作って、広く全国の心ある方々に呼びかけることにしました。
狛犬天国
狛犬の統計調査などないのであくまで推定ですが、佐賀県の狛犬人口は相当に多いと言えます。特に、県民当たり狛犬保有数では、全国有数の水準にあることは間違いありません。それは県民人口が少ないということでもありますが、それよりも、狛犬の生息に不可欠な神社がよく保存されていることに負うところが大きいのです。平坦で広大な佐賀平野は水田耕作に適しており、農地としての利用率が高いことが、乱開発の回避と神社保存に役立ち、ひいては狛犬生息地の確保にも貢献しました。
佐賀県は狛犬天国なのです。
狛犬愛好の機運
実は最近、狛犬鑑賞の機運が高まり、全国的に狛犬愛好家が増加傾向にあるといいます。佐賀の豊富な狛犬資源は、緑豊かな佐賀平野の気候風土とあいまって、そうした愛好家たちに限りない楽しみを提供するはずです。ところが、狛犬を探すときに、最も支障となるのが情報不足と地理不案内でしょう。どこにどんな狛犬が居るのか、そこへはどうやって行けばよいのか。例えば佐賀郡大和町には約60の神社がありますが、町民でさえ全てを知悉しているわけではないのです。 「狛犬好きに悪人なし」と言いますし、せっかく機運が高まっているのであれば、この際、その善人たちのために一肌脱ぎたいものです。
狛犬鑑賞界の発展を望む
そんな崇高な動機も少しはあって、このHPを立ち上げることにしました。ただし、機運が高まっているとか、愛好家が増えているなどという確たる証拠はありません。それにさっきの格言も、どんなことわざ事典にも載っていないでしょう。それらは気を引くための文飾に過ぎなかったことを、早めに謝っておきます。
いや、全く根も葉もない虚構というわけではありません。最近、神社の境内で、人品骨柄賤しからぬ紳士が狛犬の前に立ち止まり、しげしげと眺めてはうなずく姿をよく目にするようになりました。以前にはなかったことなので、狛犬愛好家の増加というのは、まんざら嘘ではないのです。
それにそういう人は、大抵は思慮深く、見識豊かで、人格円満そうに見えるので、格言の方もいずれは公認されるはずです。できたら狛犬の前にたたずむ美女というのも見てみたいものですが、そういう事実は今のところ全くありません。残念そうに聞こえると思いますが、これは個人的な希望と言うより、狛犬鑑賞界の均衡ある発展のために惜しむのです。






トップページへ
Topへ