2、ぺーじ、

21世紀に 生きている あなたは 夜昼、たえず 平成の しのびの者に 見張られている。

あなたの 気づかない、知らない ところで、、、.。

ーーーーーーーーーーーー

あなたの情報をつかんで 利用し それぞれの目的を 達成するために、、、、

だれに 見張られているのか、、、、、、なんのために、、、

あなたの出生地、名前、性別、生年月日は、住所,本籍は、職業は、仕事先は、収入は、

あなたは 見張られている、平成の しのびの者に、

しのび

1ページへ戻る 

工事中

日本に 古代から 特定の人、特定の勢力の内情を 人知れず さぐることを 特技とした人々が いた。 

伝承によると、日本に文字のない時代から、すでに しのび という やまと言葉があった。

そして これらの人は しのび と よばれていた。 今日の言葉では 諜報員、スパイ、である。

当時、政治は 豪族による合議制が おこなわれていたが 豪族間の対立、政争が 激しかった。.

当時の政争の激しさを 物語る 話が 伝わっている。

奈良時代の 政府高官に うまやど(厩戸)(聖徳太子)がいた。 彼は 地方の豪族のうごきや、

中央において 対立する豪族の内情をさぐるため しのびを 使った、と 伝えられている。

3ぺーじへ 進む

六世紀ごろ 中国、漢の文字が 日本へ伝わってから 漢の文字で 志能備、志能便と 書き表された。

うまやど(聖徳太子)が使った しのびの名は 大伴細人?(おおともの さびと)と 伝えられている。

そして 聖武天皇が 使った しのびは 多湖耶?(たこや)と 伝えられている。

日本書紀に、神話として ヤマト王朝の ヤマトノタケルは 九州のクマソ族の 首長を暗殺した。

女装した しのびが クマソ族の首長の寝室へ しのび込み 殺したことが(暗殺)伝えている。 

 (勝手な推理)

銀行、証券会社、通販会社、在日の情報機関、興信所、警察、公安機関、政府関係などが、、

蘇我馬子は しのび(東漢直駒)を使い 政敵を 暗殺して 勢力をひろげていった。 

その後、うかみ (伺見?)とも言われていた(日本書紀)。

じんしん(壬申)の乱(672年)で、多湖耶は 目覚しい はたらきをしたと 記されている(釈日本紀)

駒田忍人?(こまだの おしひと)も 壬申の乱で うかみ として ?、、、詳細は不明。

592年、崇峻天皇が九州で暗殺された。 東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)により。

622年、聖徳太子の妻、膳部夫人(かしわでふじん、)と(4/7)、聖徳太子が(4/8) 急死。

前夜、かわりなく 共に寝所へ入り 翌朝、夫人が急死、その翌日、聖徳太子が急死、49才。

602年、九州にて、新羅討伐軍編成、総大将は、来目皇子(くめおうじ)、聖徳太子の実の弟。

彼は 2万数千の軍勢で 朝鮮半島へ出兵作戦を、渡航直前に 急死、、、、、暗殺か?

古代、しのび、うかみが 要人を 暗殺した記録は 少ない。 しかし、歴史上、重大な時に

重要な人が 急死(暗殺?)によって 突然、歴史から消えていった事例が 多かった。

聖徳太子は、来目皇子の下の弟、当麻皇子を 総大将にして 新羅討伐作戦を 続行した。

当麻皇子が 九州へ行く途中で 彼の后(妻)が急死、暗殺か? 新羅討伐が 中止になった。 

ーーーーーーーーーーーー

聖徳太子は急死と、歴史では、しかし 真相は 暗殺されたのでは,、政敵、または 新羅のしのびにより、

古代、トリカブトの毒が 矢じり、毒殺に 使われていたと、、、出雲風土記(733年)に、記されていた。、

トリカブト