東京都北区田端 顧客の立場に立った社会保険労務士 人事・労務コンサルティング
海老原社会保険労務士事務所 顧客の立場に立った社会保険労務士人事・労務コンサルティング
基本理念 業務内容 事務所概要 報酬 事業所便り お問い合わせ 個人情報保護 TOPへ戻る
事業所便り <第23号> 事業所便り

求人募集での固定残業代の記載

労働条件のミスマッチ(求人側と求職側とのニースのずれ)の中で賃金のミスマッチがあります。賃金のミスマッチの一つが固定残業代です。固定残業代とは一定時間数の時間外労働賃金を手当として支給する制度で、会社により名称は定額時間外手当、定額残業代などとしています。また、会社により業務手当などの名称で、その名称だけでは固定残業代の支給と判断できない手当名称を使用している場合もあります。尚、固定残業代に一定の時間外労働賃金の他に深夜労働・休日労働の一定時間数の割増賃金を含めることも可能です。


固定残業代によるトラブル増加により若者雇用促進法(青少年の雇用の促進等に関する法律)では平成27年10月1日より適用された指針(平成27年 厚生労働省告示第406号)では募集にあたり講ずべき措置として次の事を記載しています。
固定残業代を採用する場合は

  1. 固定残業代を除いた基本給の
  2. 固定残業代に関する労働時間数と金額等の計算方法
  3. 固定残業時間を超える時間外労働、休日労働および深夜労働に対して割増賃金を追加で支払う旨

ハローワークでは求人募集の際に固定残業代を採用している場合には、上記の指針内容を求人申込書に記載が必要とされています。また、一般の求人媒体でも賃金に固定残業代を採用している場合は、上記指針内容に近い下記の内容を記載しているところが増えています。

  1. 固定残業代の金額
  2. その金額に充当する労働時間数
  3. 固定残業代を超える労働を行った場合は追加支給する旨

さらに平成30年1月1日より実施の職業安定法(省令・指針を含む)では、募集にあたり固定残業代を採用する場合は上記、若者雇用促進法の指針と同内容を記載することが義務化されました。


求人募集で固定残業代の採用、さらに固定残業代の金額とその時間数の記載が周知されれば、求職者は固定残業制を承知の上で応募・就職することができ、賃金のミスマッチが減るはずです。また、一部の使用者は、固定残業制を残業代を払わなくてよい制度と誤った考えをもっているので、求人募集の際の「固定残業代は、固定残業時間を超える時間外労働に対して割増賃金の追加支払が必要」が周知されることにより、その誤った考えが減るのではないかと思います。


上記の関連リンク
固定残業代を賃金に含める場合は、適切な表示をお願いします (若者雇用促進法関連のリーフレット)
賃金欄「固定残業代の表示について」 (ハローワークインターネットサービス内のリンク)
労働者を募集 する企業の皆様へ (職業安定法関連のリーフレット)


事業所便り 事業所便り 第23号 2017年11月10日 求人募集での固定残業代の記載
事業所便り 事業所便り 第22号 2014年9月8日 労務管理の点検
事業所便り 事業所便り 第21号 2013年11月22日 試用期間での雇用終了
事業所便り 事業所便り 第20号 2013年6月27日 長時間労働の弊害
事業所便り 事業所便り 第19号 2013年1月10日 労働保険料の調査
事業所便り 事業所便り 第18号 2012年8月1日 常時雇用する労働者とは(2)
事業所便り 事業所便り 第17号 2011年6月8日 常時雇用する労働者とは
事業所便り 事業所便り 第16号 2011年1月24日 厚生年金住所変更届
事業所便り 事業所便り 第15号 2010年9月16日 助成金支給申請終了?
事業所便り 事業所便り 第14号 2010年7月12日 労災病院
事業所便り 事業所便り 第13号 2010年4月5日 退職後の雇用保険受給

Copyright (C) 海老原社会保険労務士事務所. All Rights Reserved.