東京都北区田端 顧客の立場に立った社会保険労務士 人事・労務コンサルティング
海老原社会保険労務士事務所 顧客の立場に立った社会保険労務士人事・労務コンサルティング
基本理念 業務内容 事務所概要 報酬 事業所便り お問い合わせ 個人情報保護 TOPへ戻る
試用期間を設ける 60歳からの賃金設定

更新日 2013.06.27
試用期間とは

従業員を採用するにあたり面接、場合により筆記試験や実技試験を行いますが、試みの期間として一定の期間を定め、実際に働いてもらうことによりそれだけでは分からないその従業員の人物、能力を評価し、試用期間中に従業員として不適格と認められた場合は、本採用を行なわないとするものです。

 

試用期間での雇用終了

雇用期間に定めのない契約において試用期間中に従業員として不適格として認められ、使用者の判断により試用期間で雇用契約を終了する場合は、解雇に該当します。
解雇のため労働基準法20条(解雇の予告)が適用され、少なくとも解雇日の30日前の予告か、30日前に予告しない場合は、30日分以上の平均賃金の支払いが必要です。但し、労働基準法21条(解雇予告の特例)により試用期間開始日より14日以内で解雇する場合は、解雇の予告・平均賃金の支払いは不要です。

 

試用期間での解雇

雇用期間に定めのない契約において試用期間での雇用契約終了は、解雇に該当し通常の解雇よりも広い範囲で認められているが、労働契約法16条「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」が適用される。
そのため、無制約に解雇が認められるとは考え難く、試用期間中の従業員の勤務状況等により、採用当初知ることができず、また知ることが期待できないような事実を知るにいたった場合において、試用期間中の従業員を引き続き使用者が雇用することが適当でないと客観的に判断できる場合には、試用期間での雇用契約終了(解雇)が有効ではないかと考えます。

 

試用期間の給与

試用期間中の給与を月給から時給、諸手当の不支給、基本給の一部減額などを行なう場合がありますが、これらは実質的な給与の減額に該当するため、就業規則がある会社では労働契約法12条(就業規則違反の労働契約 )の規定により就業規則への記載が必要になります。


※労働契約法12条
就業規則で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については、
無効とする。この場合において、無効となった部分は、就業規則で定める基準による。

 

試用期間中の雇用社会保険

試用期間中の従業員でも、雇用保険、社会保険(健康保険・厚生年金保険)、のそれぞれの制度の適用除外理由に該当しない限り、使用者は加入の必要があります。尚、雇用保険と社会保険の従業員の加入要件は異なります。

 

試用期間を設ける場合についてお気軽にお問い合わせください。お問い合わせ

Copyright (C) 海老原社会保険労務士事務所. All Rights Reserved.