若いときの生命保険

20代、30代のときの生命保険の加入って大変ですよね。

生命保険の保険料は1万円前後掛かると思いますが、

この金額はとてもリスクが高いのです。

若いときは手取りも少ないし、その上、一人暮らしの場合ですね。

20代、30代の死亡原因第1位(2008年)はごぞんじでしょうか?

それはなんと自殺なのです。

自殺をしないという強い心があれば、死亡をする確率も低く抑えることができます。

このように考えたとき、生命保険には、

結婚、もしくは子供が生まれてからの加入でも十分です。


「もし自分に万が一のことがあったとき、親を受取人にして・・・」

という自分の意志で生命保険に加入をしたのであれば、問題ありません。

生命保険も立派な財産です。

でも、保険のおばちゃんに毎回しつこく勧誘されて、渋々加入した、

ということであれば、解約をした方がいいかもしれません。


若いときは医療保険

万が一、怪我や病気をしてしまった場合、医療保険に入っていると役立ちます。

入院1日につき5000円の保障が一般的です。

とても心強いですよね。

保険料も月2000円くらいからあります。

これなら若くて手取りが少なくても払って行けそうです。


私の場合

私は生命保険にも医療保険にも入っていないので、ちょっと心配です。

近いうちに医療保険には加入したいと思っています。




節約と一人暮らし TOPこのページの先頭へ



Special Contents

プロフィール
サイトマップ
相互リンクについて
リンク集

スポンサード リンク


当サイトに記載されている情報のご利用により生じたいかなる損害において一切責任を負いません。
Copyright (c) 2009 節約と一人暮らし ~目指せ貯金300万円~ All Right Reserved