比較

JRの1ヵ月定期券、3ヵ月定期券、6ヵ月定期券を比較してみましょう。

ここでは例として、東京⇔赤羽で検証してみます。


1ヵ月定期券 6,300円

3ヵ月定期券 17,950円

6ヵ月定期券 30,240円

1ヵ月定期券6回購入 6,300 × 6 = 37,800円


6ヵ月定期券を購入した場合と、1ヵ月定期券を6回購入した場合を比較すると、

7,560円の差があります。

つまり、6ヵ月定期券を購入すると、7,560円もお得なんですね。


では、6ヵ月定期券を購入したけど、

途中までしか使わなかった場合はどうするのって話ですが、

もちろん、途中で払い戻しができます。

例えば、6ヵ月定期券を購入した場合で、

1ヵ月間しか使わなかった場合の払い戻し金ですが、

以下のように計算することができます。

払い戻しには基本的に210円の手数料が掛かります。


30,240円 - 6,300円 - 手数料210円 = 23,730円


23,730円が払い戻しされます。

途中の払い戻しでのリスクは手数料の210円のみです。

もし、6ヵ月間利用した場合は、7,560円もお得になるので、

6ヵ月定期券を購入するメリットの方が大きいように感じます。

1度に6ヵ月分の定期代を払わなければいけないので、

お金に余裕がなければ、購入することは、難しいですが、

お金に余裕があれば、6ヵ月定期券を購入して、節約したいですね。




節約と一人暮らし TOPこのページの先頭へ



Special Contents

プロフィール
サイトマップ
相互リンクについて
リンク集

スポンサード リンク


当サイトに記載されている情報のご利用により生じたいかなる損害において一切責任を負いません。
Copyright (c) 2009 節約と一人暮らし ~目指せ貯金300万円~ All Right Reserved