投資信託とは

お金を信託銀行に預け、専門家に投資を任せるものです。

数千円の少額から購入ができます。


分配金の受取り

投資信託を購入すると、ある一定の周期で分配金が受取れます。


年1回

隔月

四半期に1回

毎月

分配金なし


中には分配金利回りが20%を超える投資信託もあります。


分配金の注意点と税金

定期的に分配金が支払われますが、これは基準価格を下げる要因になります。

なので、分配金が多いからといって利回りがよいとは限りません。


分配金にも税金が掛かります。

購入した基準価格よりも高い基準価格の時に分配金を受け取ると、

普通分配として、分配金に10%の税金が課せられます。

購入した基準価格よりも低い基準価格の時に分配金を受け取ると、

特別分配となり、税金は課せられません。


投資信託のリスク


(1)基準価格の下落

(2)手数料


(1)の基準価格の下落ですが、運用成績が悪いと下落します。

一度にまとめて購入するのではなく、時間分散をしての投資をお勧めします。

(2)手数料ですが、購入時に掛かる手数料の他に、

毎年、信託報酬を専門家に支払うことになります。

さらに、投資信託の解約時に、信託財産留保額を支払います。

投資信託の銘柄によって、手数料にも差がありますし、

ノーロードファンドのように、購入時手数料が無料の銘柄も存在します。




節約と一人暮らし TOPこのページの先頭へ



Special Contents

プロフィール
サイトマップ
相互リンクについて
リンク集

スポンサード リンク


当サイトに記載されている情報のご利用により生じたいかなる損害において一切責任を負いません。
Copyright (c) 2009 節約と一人暮らし ~目指せ貯金300万円~ All Right Reserved