家計簿を付ける意義

家計簿を付けてお金の収支を把握しましょう。

家計簿と言ってもいろいろあります。

ゲームソフトとか、PCソフトとか。

エクセルを使って、自分で家計簿を作ったりもできますよね。


私は2006年から家計簿を付けていますが、

お陰様で無駄遣いを把握できるようになりました。

食費に使い過ぎたとか、車でドライブし過ぎたとかね。


貯金をするための第一歩は家計簿を付けることです。

って、大袈裟に書いちゃいましたが、

無駄遣いの把握って結構重要なんですよね。

それと、長続きさせることも重要ですよね。


エクセルで家計簿

エクセルで家計簿を付けてみたい人へ。

エクセル家計簿のちょっとしたヒントを以下に記します。

ちょっと内容が難しいので、苦手な方はスルーしちゃってください。


(1)現金払いとクレジットカード払いを別々の表にする。

(2)月間でお金がいくら貯まったかを自動計算されるようにする。

(3)「雑損益」欄を設けて、金額の差異(家計簿とお財布)を記入する。

(4)残高(通帳+財布)が自動計算されるようにする。


(1)のクレジットカード払いの表は重要です。

クレジットカードの使用履歴をエクセルで管理し、

不正使用をされた場合でも、すぐに発見することができます。

(2)月初合計金額、月末合計金額を自動計算し、

月単位で収支がいくらであったかを把握しましょう。

(3)の雑損益の欄も必要ですね。

家計簿の金額と、実際のお財布+通帳の金額に差異は発生します。

家計簿を付けていればわかりますが、

差異が発生しないなんてことはまずありえません。

ですから、差異が発生したら雑損益に計上するようにしましょう。

(4)の残高計算はいいですよね。

ひと目で、今いくら残っているのかを把握することができます。




節約と一人暮らし TOPこのページの先頭へ



Special Contents

プロフィール
サイトマップ
相互リンクについて
リンク集

スポンサード リンク



当サイトに記載されている情報のご利用により生じたいかなる損害において一切責任を負いません。
Copyright (c) 2009 節約と一人暮らし ~目指せ貯金300万円~ All Right Reserved