ギャンブル中毒とは

ここを訪れてくれる人はみんな、貯金、節約を実践されている人、

あるいは貯金、節約を今後していきたいと考えている人ではないでしょうか。

今回考えたいのは、貯金、節約の障害であるギャンブルについてです。

そもそもギャンブルとはなんでしょう。


代表的なものに、パチンコ、スロット、競馬があります。

パチンコ、スロットは短時間に数万円を失うこともあります。

競馬については馬券1口100円からで、数十万円を賭けることもできます。

どうして、短時間に数万円も失ってしまうギャンブルにはまってしまうのでしょう。


それは、何かのきっかけ(友人に誘われたり)でギャンブルをしたとき、

大当りをたまたま出してしまうことで起こります。

大当りをすると、数十万円というお金が手元に入ってきます。

この快感を忘れられなくなるのです。


考えてみてください。

毎日汗水たらして苦労してやっともらえる1ヵ月20万円。

でもギャンブルで大当たりをすれば、数時間で20万円を手に入れることができます。

この錯覚によって、中毒となってしまうのです。

今回はこの中毒について考えます。


ギャンブル中毒と貯金

おそらく、真面目に働くのがバカバカしくなって、毎日ギャンブルをするのでしょう。

そうなると、手元にあるお金を使ってギャンブルをすることになります。

大当りをすることもありますが、平均的にみて、

プロでもなければ(一般人ならば)マイナスになるでしょう。

すると、手元のお金はどんどん減っていきます。

手元のお金も無限にあるわけではないので、いづれ尽きてしまいます。


自分の小遣いの範囲内であればまだいいですが、

中毒の恐ろしいところは、人のお金にまで手を出すということです。

例えば、親に借金をする、結婚をしていれば、子供の養育費に手を出すなど。

最悪の場合、サラ金から借りるでしょう。

どうして、そこまでしてギャンブルがしたいのかというと、

大当りをしたときの快感が忘れられないからなのです。

結局は借金しか残りません。


ギャンブル中毒と結婚

親戚に中毒の人がいてもお金は貸さない方がいいでしょう。

返ってこない可能性が非常に高いです。

中毒の人は何か別の理由を付けてお金を借りにくるので、

中毒と見抜くのは難しいかもしれません。

お金を貸しても、ギャンブルにつぎ込まれるのがおちです。

家族に中毒がいるとたまりません。

例えば、自分の夫(妻)が中毒の場合、

いつの間にか貯金が減っていたりします。

サラ金に手を出していたらたまったものではありません。

早期発見、早期解決をしなければいけないですし、

そもそも、結婚をする前に相手をよ~く確かめましょう。

ギャンブル癖がないのか。

隠れてやっている可能性も十分にありますので、

確認には時間が掛かるかもしれません。


あなたが長年掛けて貯めた貯金を使われたらどうしますか。

許せませんよね。

結婚相手に求める条件の一つにギャンブル癖がないこと。

これを付け加えるべきではないでしょうか。

結婚後にギャンブルにはまることのないように、

お互いに注意をしながら、将来のために貯金をしていきましょう。




節約と一人暮らし TOPこのページの先頭へ



Special Contents

プロフィール
サイトマップ
相互リンクについて
リンク集

スポンサード リンク


当サイトに記載されている情報のご利用により生じたいかなる損害において一切責任を負いません。
Copyright (c) 2009 節約と一人暮らし ~目指せ貯金300万円~ All Right Reserved