ショピニストへの道〜ショパンを極めよう〜 > ショパンコンクールREVIEW > 第2回ショパンコンクール

ショパンコンクールREVIEW

〜サイト内コンテンツ一覧〜
〜第2回(1932年)ショパンコンクールレビュー〜

1. 結果

順位

受賞者

出身

その他

1位

アレキサンドル・ウニンスキー

---

 

2位

イムレ・ウンガル

ハンガリー

 

3位

ボレスラフ・コン

ポーランド

 

4位

アブラム・ルーフェル

ソ連

 

5位

ラヨス・ケントネル

ハンガリー

 

6位

レオニード・サガロフ

ソ連

 

7位

レオン・ボルンスキ

ポーランド

 

8位

テオドール・グートマン

ソ連

 

9位

ユーラ・カーロイ

ハンガリー

 

10位

クルト・エンゲル

オーストリア

 

11位

エマヌエル・グロスマン

ソ連

 

12位

ヨーゼフ・ワグナー

ドイツ

 

13位

マリラ・ヨナス

ポーランド

 

14位

リリー・ヘルツ

ハンガリー

 

15位

スザンヌ・ド・メイエール

ベルギー

 

マズルカ賞

アレキサンドル・ウニンスキー

---

 

1位のアレキサンドル・ウニンスキーはロシアを亡命し、フランスに移り住んだという経緯があり国籍を持たないため、出身国を記載していない。
2位はハンガリー出身の盲目のピアニスト、イムレ・ウンガル。実は1位のウニンスキーと同点であったため、くじ引きで決められたという・・・ あまりに適当すぎる順位づけ。今では1位と2位が明暗を分けるくらいだから、審査員全員が議論を重ねた上で可能な限り納得のいく結果を、と 全力を尽くすところだが・・・。

「ショパンコンクールREVIEW」メニューに戻る