ショピニストへの道〜ショパンを極めよう〜 > その他のテーマ > 検索エンジン対策編

検索エンジン対策編

〜サイト内コンテンツ一覧〜

〜アクセスアップ参考書籍〜
〜ホームページ作成関連書籍〜
〜広告スペース〜
 
〜検索エンジン対策編〜
検索エンジン対策は、不特定多数の多くの訪問者で賑わう人気サイトに成長させていく上で避けて通ることの できない道です。ここでは、当サイトの管理人がどのようにして検索エンジン対策に取り組んでいるかについて、 今までに得た知識の一部を公開し、当サイトの取り組みについて振り返ってみたいと思います。

検索エンジンからの評価
WEB上には大小様々なWEBサイトがありますが、皆さんはそれらのサイトを普通、どのようにして見つけるでしょうか? 検索エンジン(Yahoo! JAPANやGoogleなど)を利用することも多いと思いますが、その場合、検索キーワードを入れて 「検索ボタン」を押すか、またはENTERキーを押すと、 その検索ワードに合致するページが無数に表示されて、それを上から順番に見ていくことが多いのではないかと思います。 ここでは、検索エンジンの中でも代表的なYahoo! JAPAN、Google、MSN Japanの3サイトについて 当サイトがどの程度評価されているのかを確認してみたいと思います。

1. Yahoo! JAPAN
Yahoo! JAPANは言うまでもなく我が国で最も利用者の多い総合ポータルサイトです。検索エンジンの利用者もYahoo! JAPANが圧倒的な シェアを占めており、本格的にホームページを運営する場合、Yahoo! JAPAN対策は避けて通ることのできない道では ないかと思います。Yahoo! JAPAN対策は、「ディレクトリ登録」と「検索エンジン対策(現在は、Yahoo Search Technology)」とに分けられますが、今年(2005年)10月、Yahoo! JAPANの検索結果の表示システムが大幅に変更された ことに伴い、「ディレクトリ登録」の持つ意味と重要性が従来とは大きく変わってきています。従来は、厳しい「ディレクトリ登録」 申請が通ったサイトのみがまず優先的に表示され、その後で、その他の無数のページが表示されていたのですが、 今年10月からは、実質上、デフォルトの設定で(つまり何もいじらない状態で)検索した場合、「ディレクトリ登録」された サイトが優先扱いされなくなりました。もちろん、だからと言って 「ディレクトリ登録」の意味が全くなくなったとは言いませんが、従来ほどの威力がなくなってきたことは確かな ようです。もちろん、検索エンジンの設定を変えれば、ディレクトリ登録サイトのみ表示することもできますが、 デフォルトで検索するユーザーが圧倒的に多いでしょうから、「デフォルトでどのような状態にあるか」が結果を大きく 左右することは間違いないでしょう。

それでは、当サイト「ショピニストへの道〜ショパンを極めよう〜」は、Yahoo! JAPANからどの程度「評価」されている のでしょうか。現在のデフォルトの設定で(つまり何もいじらない状態で)、「ショパン」と入れて検索したときの 検索結果は下記リンクのようになります。もしよろしければ、ちょっとのぞいてみてください。

Yahoo! JAPAN−キーワード「ショパン」

当サイト「ショピニストへの道〜ショパンを極めよう〜」は2005年11月13日現在、第5位に表示されるので、比較的好位置に あると考えてよいと思います。それはまあそれとしてよく見ていただきたいのですが、「ショパン」という単語を含む WEBページは、219万ページもあるようですね。まさかいくらショパンが好きな人だって、これら全てのページを見るなんて 人はいませんよね?やっぱり、上の方に表示されているページの方が、検索エンジンユーザーの目に触れる機会が断然 多いわけで、いかにして、特定検索ワード(この場合は「ショパン」)で上位表示を実現するかが、集客力を上げるという 課題に対する大きな目標となってくるわけです。

しかし、よく見てみると(よく見なくても)、目を引くのが「明治製菓ショパン」のページの存在 です。「ショパン第5番」、「ショパン第7番」などの新商品を出している明治製菓のページですね。有名企業のページが 検索エンジンから優遇されやすいメカニズムについてはもちろん知っています。でも少なくとも「ショパン」については 当サイトの方がずっと詳しく扱っていて、検索エンジンユーザーのニーズからすると、当サイトがもう少し上に表示される べきなのではないか、などと抗議したくもなりますが、相手がロボットなのだからこれは仕方がないことだと思います (もちろん、表示順位決定のプログラムを組んでいるのは生身の人間ですが)。また、もっと上位表示されてもよいのに 下位に甘んじているサイトが数多くあるのも事実です。検索アルゴリズムが進化することに期待したいと思います。 とにかく、生命線は、検索結果の1ページ目(10位以内)に表示されることですね。それが実現できれば あとは表示順位よりもタイトルとスニペットのインパクト、コピー力がアクセス数を大きく左右することになりそうです。

2. Google
Googleは、ロボット型検索エンジンの最大手で、皆さんもご存知のことと思います。 数年前までは、goo, ingfoseek, exciteなど、それぞれ独自の検索エンジンアルゴリズムを開発してしのぎを削って いましたが、最終的に、Googleの検索アルゴリズムの優秀性と検索性がユーザーから評価されて、大きなシェアを獲得する に至りました。検索エンジンの機能、能力を測る際の基準は、やはり「ユーザーが欲しいと思っている情報が入手できる質の高い ページができるだけ短い時間で効率よく見つかる」ことだと思います。これを実現するために様々な工夫がなされているわけですが、 中でも、Googleは、ページランク(PageRank)という画期的な手法を用いることにより、他社との差別化に成功したと 言われています。

ページランク(PageRank)というのは、文字通りページごとに付けられた得点で、Googleのロボット(googlebot)の巡回 インデックスに登録された全てのページに付けられており、10点満点で評価されます。 これは、Googleツールバーをインストールする ことにより見ることができますので、興味のある方は試してみてください。ちなみに、当サイトのトップページは 現在、PageRankは3で、Yahoo! JAPANが8、Googleが9です。個人サイトでPageRank 3はまずまずの結果だということです。

それでは、このページランクはどのように決定されるのでしょうか?これは、そのページへのリンク(被リンク)の数と質 が重要なパラメータになってきます。リンクの数というのはもちろん、どれだけたくさんのページからリンクが張られているか、 ということです。リンクの質というのは、リンク元のページランクの高さです。できるだけページランクの高いページからたくさん リンクを張ってもらうことで、効率よくページランクを上げることができるいうことです。以上のように、Googleでは、 各ページへのリンクを、いわばそのページに対する「支持票」、「人気投票」とみなし、支持票をたくさん集めるページは 優れたページに違いない、とするアルゴリズムを組んでいるようです。これは、「たくさんの論文で引用されるのは良い 論文である」という考えた方に基づいていると言われています。

当サイトの場合は、ページランクを上げるための相互リンク活動は一切行っていませんが、それでも、ディレクトリ型 検索サイトであるYahoo! JAPAN、DMOZ(Googleにディレクトリ型データを提供)、LookSmartなど軒並みページランクの 高いサイトからリンクされているので、効率よく得点が得られているのではないかと思っています。でも正直なところ、 僕自身はこの値はあまり気にしていません。他にもっと重要なことがあるからです。

ところで、現在、Googleで「ショパン」をキーワードにして検索すると、当サイトは何番目に来るでしょうか? その検索結果は下記リンクで確認できます。興味のある方はのぞいてみてください。

Google−キーワード「ショパン」

当サイト「ショピニストへの道〜ショパンを極めよう〜」は現在(2005年11月13日)第9位です。115万件の中の順位ということで、 なかなかの好位置だと思います。Googleでも、YST(Yahoo Search Technology)同様、デフォルトでは1ページごとの表示件数は 10件なので、アクセス数を伸ばす上では10位以内に食い込むことが大きな意味を持ちます(10位と11位とでは雲泥の差)。 その上で、YST同様、タイトルとスニペットで検索エンジンユーザーを惹きつけるコピーを考えればよいわけです。 10位以内に食い込むことができれば、あとは順位そのものよりもスニペットのインパクト、訴求力の勝負となりそうです。 当サイトは、Googleで第9位とギリギリランクインですが、何とかもう少し余裕が確保できるように対策に取り組んで いきたいと思います。検索エンジン対策は、ページランク以外にも、検索エンジン最適化(SEO)と呼ばれる技術が ありますし、その中にもいろいろな対策方法がありますので、検索エンジンスパムにならないように注意しながら 少しずつ効果のほどを試していきたいと思います。

3. MSN Japan
MSN Japanは、米マイクロソフト社が運営する総合ポータルサイトMSNの日本版です。現在PCのOSは、Windowsが圧倒的であり、 ホームページ閲覧ブラウザも、マイクロソフトのインターネットエクスプローラ(IE)が圧倒的なシェアを占めます。 このIEのデフォルト(初期設定)で表示されるのが、やはりマイクロソフトのMSNとなっているようです。

MSN Japanは、検索エンジンとしてはYahoo! JAPANやGoogleに若干引けを取るようですが、数年でYahoo! JAPANやGoogleに 追いつき追い越せ、という目標を掲げ、本格的な開発に着手しているようなので、今後シェアを伸ばしてくることが 大いに予想されます。僕たちサイトオーナーにとっては、今後、MSN対策は避けて通ることのできない道になってくる 可能性は極めて高いと思っています。

MSN Japanの検索エンジンの評価法、検索結果表示順位決定のアルゴリズムについては謎が多いのですが、ここでは、 実体験として、僕自身が試したこと、及びその成果について具体的な例を挙げて説明したいと思います。

その前に、MSN Japanで「ショパン」をキーワードにして検索した場合、当サイトは何番目に来るでしょうか? 検索結果を下記リンクで確認することができます。興味のある方はのぞいてみてください。

MSN Japan−キーワード「ショパン」

当サイト「ショピニストへの道〜ショパンを極めよう〜」は現在(2005年11月13日)第7位です。現在でこそ10位以内で1ページ目に表示 され、MSNからもそこそこのトラフィックはありますが、つい2ヶ月ほど前までは、40番台を行ったり来たりという悲惨な状況で、 ここからのアクセスは全くありませんでした。それでは一体何をどう対策して上位表示が実現したのか、皆さんも興味があるの ではないかと思います。

実はトップページのHTML言語の文法に問題があることは最近になって知り、一応ダメモトで文法チェック&修正を繰り返して いました。そしてそれに伴って上位表示が実現したことを考えると、その成果と考えるのが一番自然ではないかと思います。 MSNは、どうやらHTMLの文法の正確さを重視しているように思えてきます。このHTML文法は下記サイトでチェックできます。 URLを記入して[チェック]ボタンを押せば、そのページの文法上の点数が自動採点されます。

Another HTML-lint gateway

最初の採点では、トップページはマイナス200点近い数字でした。これではいくらなんでもひどすぎるということで、 少しずつ問題の箇所を修正しながら点数を上げ、現在は83点です。ホームページをお持ちの皆さんは、よかったら 試しにやってみてください。MSNに限らず、今後YST(Yahoo! Search Technology)やGoogleでも文法の正確さが重視される ことも考えられますので、点数を上げておくに越したことはないと思います。

MSNは今後、開発に力を入れていくようですので、検索エンジンの検索性も飛躍的に向上し、ロボットのアルゴリズムも 目まぐるしく変わってくることが予想されますので、表示順位の変動は注意して見ておく必要があると思っています。

以上、Yahoo! JAPAN、Google、MSN Japanについて当サイトの表示順位と対策方法について述べてきましたが、 まだまだこの先どうなるかは予断を許さない状況です。今後、検索エンジンのアルゴリズムの変更と順位変動については 引き続き注意して見ていきたいと思います。

当サイト・トップページの暫定順位(2005年11月13日現在)

検索エンジンキーワード順位総ページ数
Yahoo! JAPANショパン5位約219万ページ
Googleショパン9位約115万ページ
MSN Japanショパン7位約20万ページ

「その他のテーマ」メニューに戻る