ショピニストへの道〜ショパンを極めよう〜 > 管理人の近況 > ショピニストへの道・掲示板閉鎖

ショピニストへの道・掲示板閉鎖

〜サイト内コンテンツ一覧〜

〜広告スペース〜

〜ショピニストへの道・掲示板閉鎖〜
 
2002年に当サイトを立ち上げた最も大きなモチベーションは、訪問者との交流でした。 ピアノが弾ける人、ピアノの話ができる人が周囲にいないという状況はきっと僕だけでなく、 ピアノを弾く多くの人たちに共通しているのではないかと考え、ピアノが弾ける人どうし(弾けなくても興味がある人も) ピアノについて、ショパンについて楽しく話ができて交流できるインターネット上のコミュニティを 自分で作りたいという大きな野望をもって立ち上げたものでした。 また掲示板だけでなく、メールでもピアノについて個人的にやりとりしたいと思っていました。 顔の見えない人を相手にせざるを得ないというのがインターネット特有の難点ですが、 それでも現実にピアノの話ができる相手がいないのだから、たとえ顔が見えなくても話し相手がいるだけで十分と思っていました。

当初は自分の思った通り、訪問者からの書き込みが増え続け、管理人を中心としたコミュニティが形成され、 当初の僕の目的は達成され、掲示板オフ会も開催したいと思うほどになりました。 しかし、この管理人の近況の他の記事でも説明した通り、同系列のサイトの管理人と思われる方からの執拗な嫌がらせ、 掲示板荒らしに遭遇するようになり、また一見何事もなく平和に進行していても水面下では執拗な荒らしが頻繁に掲示板を覗いている (ROMしていると言います)状況が続き、僕自身は常に緊張を強いられていました。 掲示板の健全な運営のためには、掲示板アクセス記録を頻繁にチェックする必要があり、僕自身、 仕事以外のオフの時間のほとんどを掲示板のアクセス記録の監視に費やさざるを得ない状況となってしまいました。 これが徐々に負担に感じるようになってきてしまいました。 また掲示板でもどういう理由からか常連の方々が1人また1人と去っていき、 雰囲気が変わってしまい、僕自身、掲示板でのやり取りが以前ほど楽しめなくなってしまいましたし、 僕自身、個人的な事情で2010年9月以降、精神的に大きな苦痛を抱え込まざるを得ない状況で、 掲示板運営にまでは手が回りませんでした。しかし掲示板荒らしはそのような僕の状況とは無関係に 無関係な低俗な書き込みを執拗に続けていて、 これ以上の存続は当サイトのイメージダウンにもつながりかねないと考え、2011年3月に閉鎖のやむなきに至りました。 当サイト開設から8年半が経過して、掲示板閉鎖によって、当サイトの1つの時代は終わりました。

掲示板閉鎖直後は「いつでも再開できる」と考えて気楽に構えていましたが、 閉鎖したことで肩の荷が下りたようで、普段の自分に戻れたような気がしました。 そしてそれ以後、約5年間に渡り、一度も掲示板を復活させることなく現在に至っています。 掲示板を閉鎖したことで、訪問者の皆さんからの当サイトの感想が聞こえてこない状況になってしまい、更新のモチベーションは さらに下がってしまいましたが、掲示板管理に精神的にも肉体的にも時間的にも振り回されず、 マイペースで続けられるのが何よりのメリットです。

ところで掲示板とは違って、メールはいつでも管理人に送れるように残しておきました。 これはメールの場合、基本的に管理が不要だからということと、 当サイトの感想を何らかの形で聴けるようにしておきたいからでもあります。 当サイトの訪問者の中には、管理人はメールの対応で大忙しなのではないかと想像している方もいらっしゃるようですが、 むしろメールは少なく、訪問者からのメールは1か月に1〜2通程度です。 意外かもしれませんが、管理人にメールを送っていただいた方の過半数は男性で、 たまにピアノ再開組の主婦の方が混じるというのがおおよその内訳です。 だからどうということはないのですが、僕の小中学生時代には、僕以外、ピアノが弾ける男子生徒というのは皆無だったので、 ピアノを趣味にしている男性がこれだけいるというのが驚きでした。 管理人に送られてくるメールについては、改めて別に章を設けて話したいと思います。 またそれとは別に掲示板を閉鎖したことで心配した方から、「ホームページは閉鎖しないで下さい」というメールが来たこともありましたが、 僕自身、このホームページは開設当初から長年に渡り続けてきた愛着がありますので、ホームページは絶対に閉鎖しないつもりです。 それどころか、実は皆さんの見えないところで、過去記事の整理をしたり、 細かい部分を加筆修正したりして、日々完成度を高めています(気づいている方もいらっしゃるかもしれませんが)。

掲示板は閉鎖しても、「初心忘るべからず」、当サイトをさらに充実させたいという気持ちは持ち続けていますので、 今後も当サイトをよろしくお願いします。

「管理人の近況」メニューに戻る