1 選曲について


県庁合唱団では、団員が選んで、音楽監督の吉田先生に承認を得るという形を
とっています。
選曲に際して次の点に留意してます。
1 曲の難易度については、ステージのバランスを考える(挑戦的なものも入れるが偏らない)
2 最終ステージはミュージカルなどの、合唱マニア以外でもついていけるものにする
3 合唱組曲のような構成のしっかりしたものも一ステージは入れる
4 演奏会全体が、長すぎないようにする
5 歌いがいがある曲
6 聴衆にアピールできる曲  
etc

実際には、歌ってみると意外に難しかったり、
選曲してるときから大幅に人が減ってしまったり、うまくいかないときも多いです。
そんなときは、無理せず柔軟に対応してます。

次回はそうして選んだ第36回サロンコンサートの選曲について書きます。

2011・1・15


トップへ
トップへ
戻る
戻る