環境問題

 

       環境 マイスターのみなさん

 県では、県内における環境教育・学習を推進するため、平成17年10月23日から平成18年2月19日にわたり、今年度初めて環境マイスター養成講 座を開催し、このたび、『環境マイスター』19名が誕生しました。環境マイスターは、環境学習会や自然観察会などを企画したり、環境について分かりやすく 教えてくれるなど、みなさんが環境について学びたい時に助けてくれる専門家です。
 なお、環境マイスターの詳細情報については、県環境政策課のホームぺージをご覧下さい。

『グリーンコンシューマーの E 知恵』 ~環境にやさしい買い物上手~

■ グリーンコンシューマー10原則
 現状ではこの10原則をすべて当てはめた買い物の出来ないこともあります。
 だからといってなにもしないのではなく、1つでも実行していくことが大切です。
 その積み重ねがライフスタイルを変える大きな効果を生み、社会を変えていく原動力になります。

1. 必要なものを必要な量だけ買う。
2. ごみは買わない。容器は再使用できるものを選ぶ。
3. 使い捨て商品は避け、長く使えるものを選ぶ。
4. 使う段階で環境への影響が少ないものを選ぶ。
5. 作るときに環境を汚さず、作る人の健康を損なわないものを選ぶ。
6. 自分や家族の健康や、安全を損なわないものを選ぶ。
7. 使ったあと、リサイクルできるものを選ぶ。
8. 再生品を選ぶ。
9. 生産・流通・使用・廃棄の各段階で資源やエネルギーを浪費しないものを選ぶ。
10. 環境対策に積極的なお店やメーカーを選ぶ。


★「グリーンコンシューマー」ってなぁーに?
 賢い消費者・緑の消費者とも呼ばれ、日々の買い物で環境を大切にして商品やお店を選び、地球環境を大切にする心豊かな暮らしを創っていこうとする人のこと。


★ 地球にやさしい買い物のポイント
1.「はかり売り」「ばら売り」を利用し、必要な量だけ買います。
2. 容器・包装材ごみは、買い物の時点で防ぐ……ごみとなるものをはずしてもらう、過剰包装を断ります。
3. 地場の野菜を選ぶ……近くで取れた野菜は新鮮で輸送エネルギーも少なくてすみます。
4. リユースびんを選ぶ……牛乳びん、ビールびん (手つきのジャイアントびんはお店に返すと30円戻る) など。
5. 買い物にはマイバッグを持参する……カードをもらいスタンプを押してもらいます。
6. 紙製品は古紙を使う……エコマークが付いているもの。


★ 工夫あれこれ

 焼肉のたれ、ラーメンのたれなど……油汚れ物の場合、捨てるシャツやシーツ等を切ったもので汚れをふき取ると、お湯で洗ったり、洗剤を余計に使わなくてすみます。
レジ袋……白い袋はもやせるごみ、金物ごみ、もやせないごみに使います。

 

~環境問題と私たちの買い物~


■ ごみ問題と買い物:家庭ごみ……食料品と容器・包装材……「まとめ買い」が手つかず食品ごみとなります。
 使い捨て容器や過剰な包装がごみとなります。
■ 森林破壊と買い物:トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの紙製品 ……
 古紙100% のものを選ぶ事が、古紙の需要につながり、森林保護となります。
■ 生態系の破壊と買い物:熱帯林や焼き払い開墾し、油ヤシ農園に ……生態系の破壊行為。
 ヤシ油……マーガリン、インスタント食品、お菓子などに、洗剤や化粧品の原料に。
■ ダイオキシンと買い物:ポリ塩化ビニル、ポリ塩化ビニリデンが原料の製品を焼却すると……
 ダイオキシンが発生する。

Copyright(c) 2017 Kato Toshiko. All Rights Reserved.