辺喝辺聊、中国茶舒心!イ尓需要幇忙、請告訴我口巴!!


     歓迎光臨 茶館 『隗』

函館に残した、中国瀋陽音楽学院の
   交流の足跡
  中国瀋陽音楽学院の5名の演奏家達が、
  函館日中友好協会の招きに応じて、来函。
  一週間の間、函館の地に滞在し交流活動を
  されました。その足跡を追って紹介します。

 12月7日(日曜日)瀋陽音楽学院民族楽器小組 は、
 当初、中国南方航空を利用して、中国・大連から千歳に入る
 予定でしたが、来日1週間前に予約していた航空便が突然航空
 会社の都合で決便となり、大慌てで瀋陽市も国際便が飛んでおり
 ますので、一旦韓国へ出てもらい、韓国から函館に大韓航空便を
 使って入っていただくことに変更となりました。この時点で8日まで
 の残り日数が少なく、中国・瀋陽側と一日中ほぼリアルタイムで
 メールの遣り取りをしながら、この経路をとることに決定。韓国で
 一泊の必要も出て、ネットで韓国の飛行場の側を予約するなど、
 ネット社会の便利さに助けられました。
   さて、7日大韓航空機は30分遅れで函館到着。国際便でこの
 程度の遅れはどうということもなく、こちらもそれほど驚きません。
 ここから、着陸し乗客は次々と出てくるのに、迎えに出ていた私達
 の前に小組の5人が現れるまで1時間以上もありました。
 入国審査で荷物が多いのと、楽器やなにやで時間がかかったよう
 です。実は2時30分に函館丸井今井デパートでのデモ演奏を予定
 しておりまして、この時点でもう1時半を回ってましたので、移動の
 時間を考えれば、休憩を取らずに移動、デパート到着が2時。30

 しかありませんでしたが、彼女らは、着替えその他も急いでくれて、
 どうにか間に合いました。2時半の演奏が始まりました。
こんな小さな子が、楽器のすぐ側まで近づいて真剣な様子
 で楽器の演奏を聴いています。いつかこの子が、中国民族楽器に
 興味をもってその演奏家になるなんてことがあると嬉しいです。

 12月8日(月曜日)瀋陽音楽学院民族楽器小組は、
 午前中に函館市役所を表敬訪問。ついでに市役所見学。
市議会議場を見学できたようです。午後はコンサート会場
 入り、早速本番に向けての練習に入ります。昨日到着して今日の
 本番ですので、時間に余裕がありませんでしたが、流石慣れて
 いるし、中国で沢山練習を積んでこられたとみえて、殆どが、
 音あわせと、ステージの位置確認でした。
  そして、あのコンサートが幕を切って落とされます。
  素晴らしいコンサートでした!!(*^_^*)
   それは、当日会場にいらして下さった皆さんが同じ想いで
  感じられ。素晴らしい感動を彼女らは私たちにくれました。
  いつまでも忘れられない、そんな感動の夜でした。
リハーサル中の彼女らは、すでに真剣そのもの。

 12月9日(火曜日)とてもいい天気。午前中に清尚学院
 高等学校へ、高校生との交流。初めて作る海苔巻きとお稲荷
 さん。グループに一人ずつ入っての交流ですが、清尚には
 中国人留学生がおりますので、言葉の面でどのテーブルも
 留学生がサポートしてくれて、大助かり。交流もスムーズ。
  お昼を一緒にとって、午後は五稜郭タワーに上げていただき
 ました。タワーの、佐々木さんありがとうございました。
  元町散策、イルカ見学。出演は時間が合わず、残念。
  夜は、妙見寺さんへ。本堂での演奏。勿論中国演奏家達も
 日本のお寺さんでの演奏は始めて。その荘厳な雰囲気の中で
 の演奏はまた格別だったようです。二胡の張先生は、偉く感動。
 その後、妙見寺さんの計らいでお寺さんで一緒のお食事。
    楽しい交流でした。

 12月10日(水)午前は、神山保育園に先生達は出発。
 この先生達中国にいる時は当り前ですがこんな活動をする
 ことはありません。気楽に受けていただいて、感謝してます。
 でも、行ってみたら可愛い子供たちを相手にのってました。
 楽しそうな笑顔と、子供を抱き上げとても嬉しそうでした。
  夕方、砂原町へ移動。これも、函館市民だけでなく、
 コンサート会場まで足を運べないような近隣の地域の皆さん
 にも聴いて欲しいとの思いから企画。300人もの方にお出で
 いただいたようです。一週間の滞在中に、出きるだけ多くの
 方に聴いて貰いたいとの思いが達成できました。
   

 12月11日(木) この2日間、瀋陽からのお客様は
 協会会員の竹田邸にホームスティしております。
 ホテルとは違った純日本家屋での2日間。
  また、ホテル移動。今度は国際ホテルへ。
   木村コック長の料理は
 中国からのお客様も感心してました。
 美味しい料理をいただきました。ありがとうございました。
  ヒマを見て買い物へ。家電製品がお目当てなのか、午前中
 は大型家電店でショッピング。時間が足りなかったようです。

 12月12日(金)この日は、一番忙しい日になりました。
 たまたまスケジュールが立て込んで、午前に松涛老人ホーム
 午後高橋病院ゆとりろ、2箇所の老人介護ホームでの演奏。
 施設の沢山のご高齢の方に演奏を聴いていただきました。
 本当に感動して喜んでいただきました。
    
  夜は、函館山山頂レストランでのパーティーに。
 それまで雲っていた天候も夕方から晴れ上がりそれは美しい
 夜景が見れました。ここでも無理を言って、二胡と琵琶の
 演奏を途中していただきました。
     
  夜景を眺めながらの、演奏は値千金でした。
  人間こんな素敵な時間を一生のうちで何回ぐらいもてる
 ものなのでしょうか。
  忘れられない夜になりました。
  本当に皆さんに御礼を言いたい気分です。
  素敵な想い出をありがとう。

 12月13日(土) オフの一日。全くなにも行動予定無し。
  市内観光もそこそこしましたし、冬ですので余り外歩きも
  できず、朝から買い物に。彼女達も買い物を楽しみにして
  たらしく、店が開く10時を待って丸井今井デパートへ。
  大騒ぎで買い物、賑やか。楽しそう。
   昼は海鮮料理。
   彼女達海鮮も大丈夫でした。というか、お好きでした。
  以前は中国内陸の人は刺身は食べなかったものですが、
  もっともこの人たちは時々国外に出てるし、中国国内でも
  よく上海や香港に行ってるようですから不思議ではないです
  が、函館に来たからには海鮮を!
  と決めてたようですよ。下調べも能くしてるな。ネットが
  あれば何処でも大丈夫。そういえば李老師はホテルのネット
  をよく函館にいる間も利用してました。
 

 12月14日(日)函館を離れる日。楽しい一週間が終わりました。
 本当に名残惜しいです。全ての活動を無事おえることができ
 ました。そして、予想以上の素晴らしい成果を残し、5人の
 お客様は、函館を離れようとしています。
  昨日、最後の夜私たちも一緒の湯の川のホテルに泊まり
 ましたが、夜劉先生の部屋で弾いてくれた琵琶の演奏は、
 何にも優るプレゼントでした。
  飛行場では搭乗手続きをしたら、この人たちの荷物が
   はるかに重量オーバーというおまけまでついてましたが。
     ありがとう、五人の先生方。
     ありがとう、函館の地で協力いただいた全ての皆さん






 茶館『隗』よりのご案内 茶館『隗』服務内容
   中国茶   中国直輸入・茶葉、通信販売でお求めに慣れます
   提   案
   地域限定  2019年度・第29期、間もなくスタートします!一起学 
習口巴!(函館日中友好協会:中国語教室ご案内!)
   暫時消息     瀋陽音楽学院中国民族楽器小組交流の様子 
中国情報紙 
『隗報』ご案内
 『隗報かいほう』第100号発刊のお知らせ
   ついに100号達成、お待たせしました。
友好協会会員
募集のご案内
 一緒に活動する仲間を募集中!いつでもご連絡を!!
 友好協会活動     2019年春節聯歓会の様子   
 漢語版函館指南   中国簡体字・繁体字、表記 函館指南
 歓迎大家来HAKODATE、隗的主頁、看一看



                            
                回前頁 「月刊・私の見た中国 」
 前のページに戻る


                                    

                            
 回 第一頁
  表紙ページへ戻る