辺学中文、辺知中国     
中国語を学びながら知る中国考現学

    
   月刊・私の見た中国 

『放鞭炮ファン・ビェン・パォ』爆竹は派手に

  中国のお正月、年越し、過年グォ・ネェン。
それに欠かせないのが、この鞭炮ビェン・パォ。
日本では爆竹、と言われてます。もともとは確かに
竹の筒に火薬を詰めて、竹が破裂する音も相まっての
あの賑やかさであの字だとは思うのですが、それにも
益して、中国のその大晦日、除夕ツゥ・シィーの年が明ける
その時間は一斉に放たれるこの鞭炮の音で寝れません。
 寝せてくれません。
 日本のあのお寺さんの除夜の鐘の「ボォ〜ン・・・」という
余韻の音と対照的です。それはもう
 「バリバリバリ!バンバンバン!!バッキューン!!!」
と凄いのであります。凄いのを通り越してます。怖わッ。
 それで、鞭炮は、花火です。火薬です。危険です。
ですので、大概この日、この夜、鞭炮による怪我人が出ます。
  多くは、鞭炮を手に持って近くを通る女の子をホラホラ・・
と脅して楽しんでる悪がきや、手に持ったり近くに寄って、
どうよオレッて肝っ玉あるじゃん、というアホガキだったり
ですが、自分ではやらない、近くを通っただけの被害者も
犠牲になったりしますから、これは気の毒です。
 怪我人が出ますので、救急車も出動します。
 人に当れば怪我ですが、花火ですので、火です。ですので
建物の運悪く燃えそうなところに当れば、火事になります。
  火事ですから、消防車が出動します。
  ですので、この年明けカウントダウンを挟んで、12時近く
なると、待ちきれない気の早いのが、「パン・パン」と打ち上げ
間隔を開けて打ち上げ始めます。でもこれはフライングです。
 いよいよ12時。5・4・3・2・1!こっからが、物凄いですよ
「バリバリバリ」「バンバン」「バッキュウ〜ン」#$д・・
 その後、救急車が「プポ〜、パァポォ、プゥゥ〜ン」と、
更に、消防車が、「プゥォ〜ン、パァ〜ォン」
これまた大音量で・・・市内を走り回る。寝れやしない。

 これが毎年です。危ないしょ。有名なのは08年あのオリンピック
の年には、テレビ局をこの花火でビルごと焼いちゃったんですよ。 
因みに今年も東北S都市では、ビルが火災になったりとか・・。
 火傷は、毎年相当の人がなるし、何より多いのはこの事故で
失明する人が多い。特に小さな子供の失明事故。
 なんでそんな事までして、遣りたいかねこの「バリバリ!」
こんなにまでして遣らなくていいんじゃない、と思うのですが。
 日本だってホラ、あの何とかご神木っていうんですか、アレに
跨って山を駆け下りるその為に死人が出たりしてますし、怪我人
は相当毎年出てるようですしね。
 参道の下から社までを誰が一番乗りするかで猛スピードで駆け、
これまた先を争って怪我人も毎年のように出ててもやめられない、
とまらない。人間ってそんなものなんですかね。
 一年に一度のソレにそれぞれが命さえ賭けてる。
だからこそ燃える。燃えるからこそ待ち遠しい。そんなもんですかね。
 青年の頃から、沈着冷静、燃えることない私には理解できない。

 私が理解しようがしまいが、そんなこととは関係なく、習慣は
そうそう改まりませんし、そうした怪しげな習慣があってこそ、その
らしさを形作ってますので、これがないと寂しい。
 ここんところがちょいと難しくて、そうした旧態依然とした習慣を
み〜んな辞めちゃえ、と私は言っているのではありません。
 一方でこうした古くからの習慣を大切にはしたいな、とは考え
てるので、今でもセッセと年賀状は書いてる。もっとも差出が
中国からで、なんかヘン!と友人からは言われてますが、これ、
私なりに習慣を大切にしてる。オセチ料理なんかはしない。何せ
我が家は二人なんで、これをやると無駄ばかり出る。ですので、
こうしたものは省略。お年玉は逃げ回ってるが、それでも最低
義理は欠かさないようにはしている。風習は大切だ。
 でもこれ、個人が判断して何とかなるのと、危険性が伴わない
ことが前提だと思うんですね。
  先に挙げた中日双方のそうした危険な例は、どうなの。
少なくとも中国のその鞭炮は他人に迷惑掛けないようにして貰い
たいし、そうすべきでしょ。
 でも人間って、徐々に過激になって、鞭炮も昔のとはもう違い
ただ音が鳴るだけのものより、「ヒュ〜ン・・・」何て飛んでいくのが
人気が出て、それも益々派手になってく。分かるでしょ、その加減。

  私の危険経験。
 某年、東北地方の某市。友人の家にオヨバレ。それも大晦日。
「春節聯歓晩会」の年越し番組を一緒に見て、そこん家の娘、
燕燕イェンイェンが、「おじちゃん外へ花火を見に行こう」と誘う。
 女性からのお誘いを断っては失礼と思い、「好口阿ハォ・ア」
何て気の無い返事をしながら、外へ。
  「おじちゃんは危ないから、コレに座ってて」と燕燕が
何と言えばいいのかな、多分食用油を詰めていた缶らしきもの
が伏せてあった。少し錆びがあがっていて、それが気にはなった
ものの腰掛けるには丁度好いカンジ。気の利く娘だ。
 燕燕は始まった「ビリビリ」「バンバン」にも全く動ぜず、
キャァ^キャァー叫びならも楽しんでる。楽しめるんだ・・・・。
 まぁお母さんのお腹の中にいる時から聴いてるんだから、
慣れっこだろうな、と思いながら駆け回る彼女を見ていると、
 突然、私の尻のあたりが大音響と共に、
 「ビリビリ」「バリバリバリ★Э$ж・・・」と鳴って、
 尻が浮くくらい腰掛けている缶の中で爆竹がはぜた。
 それが爆竹だと分かったのは、ちょっとしてからで、その時は
何が何だか分からず、もう動転して、心臓が悪い人ならそのまま
あの世行き!か?冗談じゃないよ、寿命が縮まる思いがした。
  その日、どうやって帰ってきたかの記憶が曖昧。
  それくらい、ショックだった。
   今思い返しても怖い。危ないでしょ!!
と、今私が考えてるのは、アレって燕燕は最初から知ってたのかナァ
ということだ。だとすると、やっぱり女性は怖い。


2011年3月 


      
   発行年月          月刊 『私の見た中国』 一覧
2010年1月
  『圧歳銭ヤースィチェン』 中国お年玉の相場
   2月    『春 運 ツゥン・ユン』 帰省する人達をどう運ぶか
              3月     『 飯 店 ファン・ディェン』 泊まれば分かる中国ホテル 
               4月     『 清明節 チン・ミィン・ジェ 』 お祭り騒ぎのお墓参り
            5月     『 手 机 ショウ・ジー 』  中国携帯事情
            6月     『 交通標識ジャォ・トン・ビァォ・ヂィ』道路標識が何よ!
           7月     『 請挙手!チン・ジュゥ・ショゥ』老師!シュワッチの挙手
             8月     『888ファファファ』 中国人は何故8が好き?
             9月     『角色扮演 ジェ・スゥ・バン・イェン』 中国コスプレ術?
      10月    『喫月餅 チィ・ユェ・ビン』月餅を食す、今年の月餅は・・・
     11月   『 堵車  ドゥ・チュゥ 』渋滞だよ、渋滞。どうする・・
          12月    『 下雪了! シィァ・シュェ・ラ 』  アッ!雪だ!!
 2011年 1月    『乗坐和諧号チェン・ズゥォ・フゥ・シェ・ハォ』中国の新幹線
           2月     『 討飯的 タォ・ファン・ダ 』 中国・乞食目撃情報    
         3月     『放鞭炮 ファン・ビェン・パォ』 爆竹は派手でなくちゃ
             4月    『虚擬掃墓シュゥ・ニィ・サォ・ムゥ』なんでバーチァルなの・・・
           5月    『超過装載量!』それって積みすぎでしょ!危ないし
              6月    『光膀子 グァン・バン・ズ』これぞ、中国式クールビズ
            7月     『 裸 婚 ルゥォ・フン 』  婚姻届だけの結婚
              8月     『可笑的T恤クー・シャォ・ダ・ティ・シュ』 笑えるティーシャツ
     9月    『地 書 ディ・スゥ 』 消えゆく“書”の芸術
       10月   『火 鍋 フォ・グォ 』 お勧め!中国寄せ鍋事情
       11月   『在澡堂洗澡ザィ・ザォ・タン・シィ・ザォ」 いざ、銭湯へ
       12月   『聖誕節的肯徳基』 クリスマスの日のケンタッキー
2012年 1月     『中国的蛋米羔ダン・ガォ』 中国製ケーキは今、
       2月      『乱途乱画ルァン・トゥ・ルァン・ファ』 落書き
       3月     『帥哥送貨!スヮィ・グゥ・ソン・フォ』イケメン届けます!
       4月      『 五体投地 ウーティトゥディ 』 本物を見てよ・・・・
        5月     『 帯盒飯 ダィ・フゥ・ファン 』お弁当を持って・・・
        6月      『 名片 ミィン・ピェン 』 中国・名刺活用法
        7月      『高 考 ガォ・カォ』大学受験の季節がやってきた!
       8月     『奥林匹克アォ・リン・ピ・ク』 オリンピックの年です
       9月      『做作業 ズゥォ・ズゥォ・イェ』 宿題やらなくちゃ
      10月     『 包装 バォ・ズァン 』 過剰包装かも・・・
       11月     『討價還價タォ・ジィァ・ホアン・ジィァ』 買い物指南
       12月     『白衣悪魔 バァィ・イー・ウェ・モォ』 白衣の悪魔って・・!
2013年 1月     『農貿市場ノン・マォ・シー・チャン』市場がなくなるかも
       2月     『団圓飯トゥァン・ユァン・ファン』一家団欒での食事
       3月     『三八婦女節サン・バァ・フゥ・ニュゥ・ジェ』天の半分を支える
       4月     『錦旗 ジン・チィ』 褒められも、感謝もされず
       5月    『黒板報ヘィ・バン・バォ』粉筆で描く芸術
        6月    『山寨文化サン・ザィ・ウェン・ファ』って何よ!
        7月   『××書城 ×・×・スゥ・チャン』中国大型書店では、
       8月     『相親 シャン・チン』 お見合いですよ〜!
       9月    『教師節ジャォ・シィ・ジェ』教師に感謝の日です
       10月     『洗脚 シィ・ジャォ』 足湯は如何ですか。
       11月   『大熊猫ダァ・ション・マォ』パンダ・ぱんだ・Panda!
       12月   『旅遊車導游リュゥ・ヨゥ・チュゥ・ダォ・ヨゥ』バスガイドさん
2014年 1月   『握手 ウォ・ショゥ』 あぁ・・・、あくしゅ?・・ですね
       2月   『小公シャォ・ゴン』小さな乗り合いバス、日本にこれがあれば
       3月     『透明門簾トゥ・ミン・モン・リェン』ビニールのカーテン
       4月   『打車 ダァ・チュゥ』 ハラハラドキドキの中国タクシー
      5月   『賞花シャン・ファ』 中国で花を愛でる
       6月   『超市ツァォ・シィ』 中国のスーバーへ行ってみれば
       7月   『煎餅ヂェン・ビン』 これぞ中国式B級グルメ
       8月   『中国的焔火イェン・フォ』 夏だ!花火だ!!
       9月     『晒服 サィガンイー』 はためくのよう
       10月    『去博物館 チゥ・ボゥ・ウ・グァン」 博物館へ!
       11月   『光棍節 グァン・グン・ジェ」 11・11狂乱
       12月    『站着吃 ヂァン・ヂャ・チィ』 立ち食いについて考える
2015年 1月   『賀年片 フゥ・ネェン・ピェン』  中国の年賀状
       2月   『校服 シャォ・フゥ』学生服って・・・ジャージじゃないですか
       3月   『校花 シャォ・ファ 』 我が校のマドンは・・
        4月   『学校食堂シュェ・シャォ・シィ・タン』 ガクショクだよ
       5月   『街頭売貨ジェ・トゥ・マィ・フォ』 立ち売りの人達
        6月    『ロ少架 ツァォ・ジャァ 』 中国式ケンカの仕方
       7月   『小秘 シャォ・ミィ 』 秘書であって秘書でなし
       8月   『街道樹ジェ・ダォ・スゥ』 中国の街路樹や如何に
       9月   『假幣 ジャァ・ビィ 』 コレッ、ニセ札ジャン!
       10月   『空中小姐コン・ヂォン・シャォ・ジェ』は、飛んでます。
       11月   『素菜 スゥ・ツァィ 』 本場、精進料理のお味は?
      12月   『方便面ファン・ビェン・ミェン』 インスタントラーメンかよ。
2016年 1月   『抱嬰ルバォ・イン・アール』 おんぶ に だっこ
       2月   『算命先生スァン・ミン』 占ってさしあげましょう
        3月     『中国的麻将マージャン』 麻将と麻雀は別もん
       4月   『減速帯ジェン・スゥ・ダィ?』蒲鉾型の突起物
        5月      『 嘆息 タン・チィ 』 溜息なんかついたりして
        6月   『文明大一歩ウェン・ミン・イー・ブゥ』 偉大なる一歩!
        7月     『三色旗袋サン・スゥ・チィ・ダィ』 トリコロール袋の時代
              8月     『田径型卓子ティン・ジンサィ・シン・ズォ・ズ』競技場型会議机
       9月   『低頭族 ディ・トゥ・ズゥ』 スマホが中国人を黙らせる!
       10月    『 辣椒 ラー・ジャォ 』 トウガラシ・辛いのはお好きですか
         11月   『 中国的郵局 ヨゥ・ジュゥ 』 中国郵便局事情
      12月    『機場ジィ・チャン』巨大な飛行場が続々
2107年 1月    『快子 クゥァィ・ズ』 お箸の文化
       2月    『拉拉手 ラ・ラ・ショウ』 お手て繋いで
       3月    『公交車 ゴン・ジャォ・チュー』 路線バスの旅
       4月    『穿鞋 ツァン・シェ』 鞋と靴
       5月    『寵物 チョン・ウー』 ペットを飼う
       6月    『按喇叭アン・ラー・バァ』 鳴りやまぬクラクション
       7月    『午睡ウー・スィ』 お昼寝の時間です
       8月    『喝口卑酒フゥ・ピィ・ジュゥ』夏だ!ビールだ!!
     9月    『液晶壁板イェ・ジン・ビィ・バン』 液晶だらけ
      10月    『碗装蕎麦麺式吃飯ワン・ズァン・チャォ・マィ・ミェン・チィ・ファン』
     11月    『確認座位チュェ・レン・ズォ・ウェィ』 リコンファームは面倒
        
            
              『私の見た中国』は毎月一回それぞれ
                其の月の数と同じ日に更新となります。
          これとは別に隔月で発行の
                 ペーパー版、『隗報』はすでに99号まで
      発行されております。

  ペーパー版『隗報』の『私の見た中国』
               はウェブ版とは内容が異なります。
               購読ご希望の方はご連絡下さい。
                     バックナンバーもあります。全て揃いませんが
                  不揃いでもよろしければお渡しできます。
                   ですが、こちらも部数に限りがございます。
                  ご希望の方はお申込みはお早めにご連絡を。
              

  
    
  下頁(茶館『隗』)
   のページへはこちらから
 請進!



 表紙へ戻る