辺学中文、辺知中国     
中国語を学びながら知る中国考現学

    
   月刊・私の見た中国 

『中国的蛋米羔ダン・ガォ』
中国製ケーキはいかが?
 ケーキを中国語では、蛋米羔という。(米羔の字は一字)
蛋ダンは、卵の意味。米羔ガォは、ファファのスポンジ系の食品を
指す。主食に対するおやつのことを中国語では点心ディェン・シンと
いう。ですので、和菓子に対する洋菓子の言い方のようにケーキを
西点シィ・ディェン(西洋菓子)という言い方もある。

 以前の中国のケーキは酷いもんだった。いやいやぁ〜酷かった。
それは、食べるどころか、買う気を起こさせないほどの酷さだった。
 それがあらゆる物がそうであるように中国は今、劇的に変わっている。
ケーキもまた例外ではない。
 最近では買いたくなるようなそんなケーキと、ケーキ屋さんが目立つ。
とは言っても、これもまだまだ大都市でのことで田舎はまだまだ・・・。
 都市部ではオシャレなケーキ屋さんが次々出現。
 ここにも中国を語るとき必ず引き合いに出される、格差が。
 凄い!と感心するのもあれば、えぇ〜!まだこんなのあるのかぁ!!
というものまで幅広い。だから楽しい。
 私はこれでも味にも煩い。パン屋とケーキ屋に引き寄せられる。
飲ん兵衛が酒屋に居酒屋に魅かれるようなものだろうか。

 そんな五月蠅い私でも、コレ、日本のを勝ってるかも、と思わせるもの
が登場し始めた。これは脅威ですよ日本のケーキ屋さんよ。
 今年年末の旅行でたまたま入ったパン屋さん。そのパンも素晴らし
かったが、店内で食べることができる、というので当初はその気は
無かったのにそこで食べたケーキは美味しかった。
  技術の工程と食材の処理の仕方さえ学べば、器用だし全体の
デザインなんかも中国の人はすぐに習得できると思う。

 が、先ず紹介するのは、そんな中国的蛋米羔のうち、旧態依然
というか相も変わらずのケーキをご覧下さい。
      
     いきなりの三連発ですが、
 これらは家庭で趣味のケーキ作りの人がこれを作るのは構わない
ですが、プロがこれをやっちゃ駄目でしょ。
 それに何でケーキのデザインがキャラクターでなければならないかが
理解に苦しみます。これくらいだったら中国模様の例えば「喜喜」模様
の方が私には納得がいくんですが・・・。
 それに、別にキャラクターに限らずケーキにどでかく顔模様を据える
気が知れません。美味しそうじゃないし、モノによっては逆効果。
 コンなんの、ケーキで作らなくともいいと思いますけど、
まぁちょっと可愛と言えなくもないですが、日本人の発想にはない。

 ケーキ屋さんでその店のケーキを買い求め、ついでにそこの店の
ケーキケースに収まっている美味しそうだが買えなかったケーキを、
「写真に撮っていいですか?」と尋ねると、大概即答で「不行ブ・シン」
(駄目!)と断われる。何度も何度も断われた。
 訊くから駄目なんじゃないの、ということでコッソリ。

 ホラッ!美味しそうでしょ。で、実際美味しいんですよ。
こうした御洒落なお店は基本的に日本にあるケーキの種類と似てる
んですが、私には今日本のケーキはちょっと懲りすぎ、という感じを
もってまして、一番私に受けが悪いのは、洋酒を使ったタイプのやつ
ですね、何で甘党天国のはずが、酒を使うんだぁ〜〜、と。
しかもタップリと酒を、が私の不満。
 中国はまだこの種のやつがありませんから安心。
 もともと甘いの好きですよね中国の人。何にでも糖分を加えてます。
ペットボトルのお茶だって砂糖が入ってたりします。
 肯徳基で珈琲を頼むと、ミルクが2個、小袋に入った砂糖が2個
来ますので、私は勿体ないので、「都不要(みんな要りません)」と
先に断わるのですが、ちょっと怪訝な視線で見られます。

 ある町で、たまたま見かけたパン屋さんに入った。
パン屋かと思ったらケーキ屋さんだった。この二つに大きな境はない。
パンを買って、序でにケーキのケースを何となく眺めていた。
「如何ですか?」と小姐が勧める。
イチゴを使ったものが多い。標準型というやつだ。
 値段はほぼ100元(1300円日本円)を上下するあたり。
 いたずらに一個買い求めてみようと思った。
88元。この値段設定も中国ならでは。88だもの。
 ケースに入っている私が今、目にしている丸ごとケーキを持って帰れる
ものと思っていたら、「それはできません。明日午後取りに着て下さい」
と言われた。たまたまその町は連泊の予定で明日もいる。
 断わるのも面倒なので、「芒果庫力」と書かれた全体が黄色いマンゴー
 芒果たっぷりですよ、そそられるでしょ。
で、そのケーキを注文した。88元払い、予約済書を貰って宿に帰った。
 次の日、ホテルからはちょっと遠いその店まで午後2時に行ったら、
「まだです」と言われ、その近くを見て歩き、夕食の時間にもなったので
歩いていて見つけたお店で食事をした。この店がまた無茶苦茶旨い。
 旨すぎた。これが不幸の始まり。
 どうなったかというと、流石にちょっと食べ過ぎて、ホテルに帰って
からだってちょっと食べれないし、食べる気にならない。
 ここで思い出した。翌朝は少し早い。早いとっても8時発の長距離
高速バスでの移動。バス停への移動時間も考慮すれば、7時前には
退房トゥィ・ファン(チェックアウト)しなくては。ホテルのレストランで食事
できる票ピィァオ(券)を持ってる。それにまさか起きて直ぐにケーキ
とはいかんでしょう。(やったことはあるが・・・)
 となると、このケーキ丸ごと一個箱を持ってのバス移動となる。
 7時間の移動。次なる目的地には午後着く。そうかそこへ着いたら
すぐ昼飯代わりにでもこのケーキを食べればよい、と結論。
  甘かった。ケーキより甘い考えだった。そのバスは遅れたし、
ほぼ満員状態で、ケーキを置いとく場所がない。しょうがないので
ひざの上で抱えるようにしていた。前の座席の人が突然背もたれ
を倒した。リクライニングシートというやつだ。別に構わないがその
勢いが強くてケーキの箱を少し押しつぶした。ちょっと危険。
 予定より、遅く午後4時近くになって着いた。着いて直ぐに宿を
探さなくては。何せ予約などしていない。近くの高層ビルの看板を見、
直ぐに買った市内地図でホテルを見たり、のやり方ですので、
 宿が漸くきまったのが6時を済んでいた。夕食の時間だ。
 これでまた夕食を鱈腹食っちゃうと、このケーキはどうなる。
 取り敢えず軽く夕食をして、早めにホテルに戻り、夜ケーキを
食べるぞ計画に予定を変更。食事を済ませて部屋に戻る。
シャワーの調子が思わしくない。電話で服務台に連絡したら、
修理の人が来て一悶着。やれやらテレビの連続ドラマでも見ながら
あのマンゴーケーキにやった手が届きそうになったその時、
ナイフが無いことに気づいた。切るものがない。またまた服務台
に電話。「ナイフを貸して」はちょっと変かなと思って。ケーキの箱
を服務台に持って行ってそこで箱を開けてその場で切り分け服務台の
小姐にもちいとおすそ分けなどしよう、どうせ自分では食べきれない
のだし、服務台の小姐も喜ぶだろうし、との一石三鳥を狙った。

  結果、一石三鳥どころか、一石一鳥にもならんかった。
箱を開けたら、中のケーキは片側に寄り、なおも潰れ、切る分ける
必要なないような状態だった。
  アレは何と言うんですか?箱の底、中心にケーキが動かない
よう付けられている金具。中国にはアレないのかなぁ・・・。



2012年1月 (25)


      
   発行年月          月刊 『私の見た中国』 一覧
2010年1月
  『圧歳銭ヤースィチェン』 中国お年玉の相場
   2月    『春 運 ツゥン・ユン』 帰省する人達をどう運ぶか
              3月     『 飯 店 ファン・ディェン』 泊まれば分かる中国ホテル 
               4月     『 清明節 チン・ミィン・ジェ 』 お祭り騒ぎのお墓参り
            5月     『 手 机 ショウ・ジー 』  中国携帯事情
            6月     『 交通標識ジャォ・トン・ビァォ・ヂィ』道路標識が何よ!
           7月     『 請挙手!チン・ジュゥ・ショゥ』老師!シュワッチの挙手
             8月     『888ファファファ』 中国人は何故8が好き?
             9月     『角色扮演 ジェ・スゥ・バン・イェン』 中国コスプレ術?
      10月    『喫月餅 チィ・ユェ・ビン』月餅を食す、今年の月餅は・・・
     11月   『 堵車  ドゥ・チュゥ 』渋滞だよ、渋滞。どうする・・
          12月    『 下雪了! シィァ・シュェ・ラ 』  アッ!雪だ!!
 2011年 1月    『乗坐和諧号チェン・ズゥォ・フゥ・シェ・ハォ』中国の新幹線
           2月     『 討飯的 タォ・ファン・ダ 』 中国・乞食目撃情報    
         3月     『放鞭炮 ファン・ビェン・パォ』 爆竹は派手でなくちゃ
             4月    『虚擬掃墓シュゥ・ニィ・サォ・ムゥ』なんでバーチァルなの・・・
           5月    『超過装載量!』それって積みすぎでしょ!危ないし
              6月    『光膀子 グァン・バン・ズ』これぞ、中国式クールビズ
            7月     『 裸 婚 ルゥォ・フン 』  婚姻届だけの結婚
              8月     『可笑的T恤クー・シャォ・ダ・ティ・シュ』 笑えるティーシャツ
     9月    『地 書 ディ・スゥ 』 消えゆく“書”の芸術
       10月   『火 鍋 フォ・グォ 』 お勧め!中国寄せ鍋事情
       11月   『在澡堂洗澡ザィ・ザォ・タン・シィ・ザォ」 いざ、銭湯へ
       12月   『聖誕節的肯徳基』 クリスマスの日のケンタッキー
2012年 1月     『中国的蛋米羔ダン・ガォ』 中国製ケーキは今、
       2月      『乱途乱画ルァン・トゥ・ルァン・ファ』 落書き
       3月     『帥哥送貨!スヮィ・グゥ・ソン・フォ』イケメン届けます!
       4月      『 五体投地 ウーティトゥディ 』 本物を見てよ・・・・
        5月     『 帯盒飯 ダィ・フゥ・ファン 』お弁当を持って・・・
        6月      『 名片 ミィン・ピェン 』 中国・名刺活用法
        7月      『高 考 ガォ・カォ』大学受験の季節がやってきた!
       8月     『奥林匹克アォ・リン・ピ・ク』 オリンピックの年です
       9月      『做作業 ズゥォ・ズゥォ・イェ』 宿題やらなくちゃ
      10月     『 包装 バォ・ズァン 』 過剰包装かも・・・
       11月     『討價還價タォ・ジィァ・ホアン・ジィァ』 買い物指南
       12月     『白衣悪魔 バァィ・イー・ウェ・モォ』 白衣の悪魔って・・!
2013年 1月     『農貿市場ノン・マォ・シー・チャン』市場がなくなるかも
       2月     『団圓飯トゥァン・ユァン・ファン』一家団欒での食事
       3月     『三八婦女節サン・バァ・フゥ・ニュゥ・ジェ』天の半分を支える
       4月     『錦旗 ジン・チィ』 褒められも、感謝もされず
       5月    『黒板報ヘィ・バン・バォ』粉筆で描く芸術
        6月    『山寨文化サン・ザィ・ウェン・ファ』って何よ!
        7月   『××書城 ×・×・スゥ・チャン』中国大型書店では、
       8月     『相親 シャン・チン』 お見合いですよ〜!
       9月    『教師節ジャォ・シィ・ジェ』教師に感謝の日です
       10月     『洗脚 シィ・ジャォ』 足湯は如何ですか。
       11月   『大熊猫ダァ・ション・マォ』パンダ・ぱんだ・Panda!
       12月   『旅遊車導游リュゥ・ヨゥ・チュゥ・ダォ・ヨゥ』バスガイドさん
2014年 1月   『握手 ウォ・ショゥ』 あぁ・・・、あくしゅ?・・ですね
       2月   『小公シャォ・ゴン』小さな乗り合いバス、日本にこれがあれば
       3月     『透明門簾トゥ・ミン・モン・リェン』ビニールのカーテン
       4月   『打車 ダァ・チュゥ』 ハラハラドキドキの中国タクシー
      5月   『賞花シャン・ファ』 中国で花を愛でる
       6月   『超市ツァォ・シィ』 中国のスーバーへ行ってみれば
       7月   『煎餅ヂェン・ビン』 これぞ中国式B級グルメ
       8月   『中国的焔火イェン・フォ』 夏だ!花火だ!!
       9月     『晒服 サィガンイー』 はためくのよう
       10月    『去博物館 チゥ・ボゥ・ウ・グァン」 博物館へ!
       11月   『光棍節 グァン・グン・ジェ」 11・11狂乱
       12月    『站着吃 ヂァン・ヂャ・チィ』 立ち食いについて考える
2015年 1月   『賀年片 フゥ・ネェン・ピェン』  中国の年賀状
       2月   『校服 シャォ・フゥ』学生服って・・・ジャージじゃないですか
       3月   『校花 シャォ・ファ 』 我が校のマドンは・・
        4月   『学校食堂シュェ・シャォ・シィ・タン』 ガクショクだよ
       5月   『街頭売貨ジェ・トゥ・マィ・フォ』 立ち売りの人達
        6月    『ロ少架 ツァォ・ジャァ 』 中国式ケンカの仕方
       7月   『小秘 シャォ・ミィ 』 秘書であって秘書でなし
       8月   『街道樹ジェ・ダォ・スゥ』 中国の街路樹や如何に
       9月   『假幣 ジャァ・ビィ 』 コレッ、ニセ札ジャン!
       10月   『空中小姐コン・ヂォン・シャォ・ジェ』は、飛んでます。
       11月   『素菜 スゥ・ツァィ 』 本場、精進料理のお味は?
      12月   『方便面ファン・ビェン・ミェン』 インスタントラーメンかよ。
2016年 1月   『抱嬰ルバォ・イン・アール』 おんぶ に だっこ
       2月   『算命先生スァン・ミン』 占ってさしあげましょう
        3月     『中国的麻将マージャン』 麻将と麻雀は別もん
       4月   『減速帯ジェン・スゥ・ダィ?』蒲鉾型の突起物
        5月      『 嘆息 タン・チィ 』 溜息なんかついたりして
        6月   『文明大一歩ウェン・ミン・イー・ブゥ』 偉大なる一歩!
        7月     『三色旗袋サン・スゥ・チィ・ダィ』 トリコロール袋の時代
              8月     『田径型卓子ティン・ジンサィ・シン・ズォ・ズ』競技場型会議机
       9月   『低頭族 ディ・トゥ・ズゥ』 スマホが中国人を黙らせる!
       10月    『 辣椒 ラー・ジャォ 』 トウガラシ・辛いのはお好きですか
         11月   『 中国的郵局 ヨゥ・ジュゥ 』 中国郵便局事情
      12月    『機場ジィ・チャン』巨大な飛行場が続々
2107年 1月    『快子 クゥァィ・ズ』 お箸の文化
       2月    『拉拉手 ラ・ラ・ショウ』 お手て繋いで
       3月    『公交車 ゴン・ジャォ・チュー』 路線バスの旅
       4月    『穿鞋 ツァン・シェ』 鞋と靴
       5月    『寵物 チョン・ウー』 ペットを飼う
       6月    『按喇叭アン・ラー・バァ』 鳴りやまぬクラクション
       7月    『午睡ウー・スィ』 お昼寝の時間です
       8月    『喝口卑酒フゥ・ピィ・ジュゥ』夏だ!ビールだ!!
     9月    『液晶壁板イェ・ジン・ビィ・バン』 液晶だらけ
      10月    『碗装蕎麦麺式吃飯ワン・ズァン・チャォ・マィ・ミェン・チィ・ファン』
     11月    『確認座位チュェ・レン・ズォ・ウェィ』 リコンファームは面倒
        
            
              『私の見た中国』は毎月一回それぞれ
                其の月の数と同じ日に更新となります。
          これとは別に隔月で発行の
                 ペーパー版、『隗報』はすでに99号まで
      発行されております。

  ペーパー版『隗報』の『私の見た中国』
               はウェブ版とは内容が異なります。
               購読ご希望の方はご連絡下さい。
                     バックナンバーもあります。全て揃いませんが
                  不揃いでもよろしければお渡しできます。
                   ですが、こちらも部数に限りがございます。
                  ご希望の方はお申込みはお早めにご連絡を。
              

  
    
  下頁(茶館『隗』)
   のページへはこちらから
 請進!



 表紙へ戻る