辺学中文、辺知中国     
中国語を学びながら知る中国考現学

    
   月刊・私の見た中国 

『帯盒飯ダィ・フゥ・ファン』お弁当を持って・・
 中国語で「盒子フゥ・ズ」は、蓋のある箱ものを指します。
「箱子シャン・ズ」もあるのですが、大きさが違います。
箱子が大きくて、盒子は小さいです。ですので、皆さん
が普通、ハコといってるのは中国語では盒子で、その
盒子を何個も入れる容器が、箱子となります。
 で、盒子に入ったご飯ということで“弁当”になる。

  “弁当”の話です。この“弁当”そのもともとの語源も
中国のようでして、かなり古く、宋の時代にあるようです。
 台湾では今でも“便当ビェン・ダン”と言ってますが、こちら
がその語源に近いようです。日本のこの“弁”の字は、
“辨”の字の簡略で・・・、という話をしていては、話が前に
進みませんので先を急ぎます。

  さて、中国にも弁当はあるか、ということですが、あります。
ありますが、今のところ、日本ほど発達?しておりません。
  原因はいくつかあります。最大の原因は、中国の人は
ご存知のように基本、食事は温かいものを、が大原則。
ですので、日本のように例えば愛妻弁当を職場に持って行き
昼になったからといってやおら開けて食べるのではなく、先ず
はそれを温めなくてはなりません。
 更に中国では外食が極めて安価である為、三食とも外食
の人が大勢いますし、これは夫婦共に職業を持っている
のを助けますし、この事が外食産業を発展させ、一層安価に
食事を提供できる環境作りの要因になっており、これらが
相互に影響してますますそちらへ向かいます。
 それにちょっと大きな以前ですと単位ダン・ウェィと呼ばれる
職場には必ず職場で食堂を持っておりますので、そこの食事
は日本と同じように街の料理店より更に安い値段だったり、
会社負担があったりで、いつでも温かい食事ができます。
  となれば、弁当は要らない、弁当より外食がより便利。
  結果、弁当の発達は望めない、ということで、その逆が
日本で、日本では弁当が限りなく発達して現在に至る。
  これで、話が一巡しました。
 ですので、このような見て楽し、食べて嬉し
 のお弁当はないわけです。中国には。残念!

 そんな訳で、愛妻弁当は少ないのですが、
どこでも食堂や料理店があるわけでもなく、店に出かけたり
出来ない人もありますし、“弁当”は売ってはいます。
  その殆どが発泡スチロール入り。上の写真のように、
ご飯とおかずが分かれているものもあれば、一つの容器で
ご飯の上におかずが乗っかった、私がいうブッカケご飯式
“弁当”が多く見られます。これは街では大概は作りたての
温かいのか、その場でアツアツをよそってくれます。
 この弁当の欠点はその種類が少なく、恐らく数日この
弁当が続いたなら直に飽きちゃう点にあります。
 こんなんです。もう少しいろどりが・・・欲しい。
 お弁当でこんな遊びはできません。

 また、“弁当”と言えば、旅先での“弁当”とりわけ
列車内で食べる“弁当”は旅の楽しみの一つでもあります。
 中国ではそうもならず、何せどの列車もほぼ満員状態で
御覧のように、列車での弁当売りも通路を通り抜けるのも大変。
列車には食堂車もついておりますが、やはり“弁当”は安い。
それに余りにも混みすぎて食堂車までの移動すらままならない、
てなこともあっての、しょうがない“弁当”です。
 ですから、この列車“弁当”、日本のように旅の
楽しみを増してくれるようなものではなく、どちらかといえばもう、
空腹をただ満たすだけ、のような楽しみの少ないものです。
 片や、日本へ来た中国の人が、このような
所謂、幕の内弁当に感動し、記念にと写真を撮り、帰国
後それを自慢話にしているくらい、感動的。
 問題は、日本の“弁当”は、「涼リャン」、冷たいのを我慢し
なくてはなりませんが。

 以上が、中国“弁当”の実情と、それにに関する感じです。

 さて、私の見た中国人のそのお弁当のお話は、
中国では愛妻弁当は望めないものの、ご夫婦で来日の知人の
ところでは、日本は外食が高くつくことを知った奥さんがご主人
に弁当を持たせている、という話を伺った。
 ある日、好機到来。そのご主人のお昼を見せて貰った。
これは、中国の方があの日本の幕の内に驚くのに劣らないほど
私を驚かした。
 二段重ねの彼の弁当箱は可愛いものだった。包みを開けて、
上の段には何やら野菜と肉を炒めたもの。横にはゆで卵が丸
ごと一個。茶葉蛋チャ・イェ・ダンという。これくらいでは私は驚
かない。あれは味が付いていてそれなりに美味しい。
 下の段が、私を驚かした。私は上はどうあろうと中華料理の
おかずだろうぐらいは想像がついた。下はてっきり・・・。
 それが万頭が2個、四角い容器に押しつぶらされるように、
入ってた。成る程ね、彼は米が主食ではなく、北の地域に住む
小麦主食の人だった。本来は丸いはずのマントウに角がある。
 それを手で伸ばして何事もなかったように彼は食べ始めた。
弁当箱にパンが入ってるようなものだが、どうも違和感が・・・。 


2012年5月 (29)


      
   発行年月          月刊 『私の見た中国』 一覧
2010年1月
  『圧歳銭ヤースィチェン』 中国お年玉の相場
   2月    『春 運 ツゥン・ユン』 帰省する人達をどう運ぶか
              3月     『 飯 店 ファン・ディェン』 泊まれば分かる中国ホテル 
               4月     『 清明節 チン・ミィン・ジェ 』 お祭り騒ぎのお墓参り
            5月     『 手 机 ショウ・ジー 』  中国携帯事情
            6月     『 交通標識ジャォ・トン・ビァォ・ヂィ』道路標識が何よ!
           7月     『 請挙手!チン・ジュゥ・ショゥ』老師!シュワッチの挙手
             8月     『888ファファファ』 中国人は何故8が好き?
             9月     『角色扮演 ジェ・スゥ・バン・イェン』 中国コスプレ術?
      10月    『喫月餅 チィ・ユェ・ビン』月餅を食す、今年の月餅は・・・
     11月   『 堵車  ドゥ・チュゥ 』渋滞だよ、渋滞。どうする・・
          12月    『 下雪了! シィァ・シュェ・ラ 』  アッ!雪だ!!
 2011年 1月    『乗坐和諧号チェン・ズゥォ・フゥ・シェ・ハォ』中国の新幹線
           2月     『 討飯的 タォ・ファン・ダ 』 中国・乞食目撃情報    
         3月     『放鞭炮 ファン・ビェン・パォ』 爆竹は派手でなくちゃ
             4月    『虚擬掃墓シュゥ・ニィ・サォ・ムゥ』なんでバーチァルなの・・・
           5月    『超過装載量!』それって積みすぎでしょ!危ないし
              6月    『光膀子 グァン・バン・ズ』これぞ、中国式クールビズ
            7月     『 裸 婚 ルゥォ・フン 』  婚姻届だけの結婚
              8月     『可笑的T恤クー・シャォ・ダ・ティ・シュ』 笑えるティーシャツ
     9月    『地 書 ディ・スゥ 』 消えゆく“書”の芸術
       10月   『火 鍋 フォ・グォ 』 お勧め!中国寄せ鍋事情
       11月   『在澡堂洗澡ザィ・ザォ・タン・シィ・ザォ」 いざ、銭湯へ
       12月   『聖誕節的肯徳基』 クリスマスの日のケンタッキー
2012年 1月     『中国的蛋米羔ダン・ガォ』 中国製ケーキは今、
       2月      『乱途乱画ルァン・トゥ・ルァン・ファ』 落書き
       3月     『帥哥送貨!スヮィ・グゥ・ソン・フォ』イケメン届けます!
       4月      『 五体投地 ウーティトゥディ 』 本物を見てよ・・・・
        5月     『 帯盒飯 ダィ・フゥ・ファン 』お弁当を持って・・・
        6月      『 名片 ミィン・ピェン 』 中国・名刺活用法
        7月      『高 考 ガォ・カォ』大学受験の季節がやってきた!
       8月     『奥林匹克アォ・リン・ピ・ク』 オリンピックの年です
       9月      『做作業 ズゥォ・ズゥォ・イェ』 宿題やらなくちゃ
      10月     『 包装 バォ・ズァン 』 過剰包装かも・・・
       11月     『討價還價タォ・ジィァ・ホアン・ジィァ』 買い物指南
       12月     『白衣悪魔 バァィ・イー・ウェ・モォ』 白衣の悪魔って・・!
2013年 1月     『農貿市場ノン・マォ・シー・チャン』市場がなくなるかも
       2月     『団圓飯トゥァン・ユァン・ファン』一家団欒での食事
       3月     『三八婦女節サン・バァ・フゥ・ニュゥ・ジェ』天の半分を支える
       4月     『錦旗 ジン・チィ』 褒められも、感謝もされず
       5月    『黒板報ヘィ・バン・バォ』粉筆で描く芸術
        6月    『山寨文化サン・ザィ・ウェン・ファ』って何よ!
        7月   『××書城 ×・×・スゥ・チャン』中国大型書店では、
       8月     『相親 シャン・チン』 お見合いですよ〜!
       9月    『教師節ジャォ・シィ・ジェ』教師に感謝の日です
       10月     『洗脚 シィ・ジャォ』 足湯は如何ですか。
       11月   『大熊猫ダァ・ション・マォ』パンダ・ぱんだ・Panda!
       12月   『旅遊車導游リュゥ・ヨゥ・チュゥ・ダォ・ヨゥ』バスガイドさん
2014年 1月   『握手 ウォ・ショゥ』 あぁ・・・、あくしゅ?・・ですね
       2月   『小公シャォ・ゴン』小さな乗り合いバス、日本にこれがあれば
       3月     『透明門簾トゥ・ミン・モン・リェン』ビニールのカーテン
       4月   『打車 ダァ・チュゥ』 ハラハラドキドキの中国タクシー
      5月   『賞花シャン・ファ』 中国で花を愛でる
       6月   『超市ツァォ・シィ』 中国のスーバーへ行ってみれば
       7月   『煎餅ヂェン・ビン』 これぞ中国式B級グルメ
       8月   『中国的焔火イェン・フォ』 夏だ!花火だ!!
       9月     『晒服 サィガンイー』 はためくのよう
       10月    『去博物館 チゥ・ボゥ・ウ・グァン」 博物館へ!
       11月   『光棍節 グァン・グン・ジェ」 11・11狂乱
       12月    『站着吃 ヂァン・ヂャ・チィ』 立ち食いについて考える
2015年 1月   『賀年片 フゥ・ネェン・ピェン』  中国の年賀状
       2月   『校服 シャォ・フゥ』学生服って・・・ジャージじゃないですか
       3月   『校花 シャォ・ファ 』 我が校のマドンは・・
        4月   『学校食堂シュェ・シャォ・シィ・タン』 ガクショクだよ
       5月   『街頭売貨ジェ・トゥ・マィ・フォ』 立ち売りの人達
        6月    『ロ少架 ツァォ・ジャァ 』 中国式ケンカの仕方
       7月   『小秘 シャォ・ミィ 』 秘書であって秘書でなし
       8月   『街道樹ジェ・ダォ・スゥ』 中国の街路樹や如何に
       9月   『假幣 ジャァ・ビィ 』 コレッ、ニセ札ジャン!
       10月   『空中小姐コン・ヂォン・シャォ・ジェ』は、飛んでます。
       11月   『素菜 スゥ・ツァィ 』 本場、精進料理のお味は?
      12月   『方便面ファン・ビェン・ミェン』 インスタントラーメンかよ。
2016年 1月   『抱嬰ルバォ・イン・アール』 おんぶ に だっこ
       2月   『算命先生スァン・ミン』 占ってさしあげましょう
        3月     『中国的麻将マージャン』 麻将と麻雀は別もん
       4月   『減速帯ジェン・スゥ・ダィ?』蒲鉾型の突起物
        5月      『 嘆息 タン・チィ 』 溜息なんかついたりして
        6月   『文明大一歩ウェン・ミン・イー・ブゥ』 偉大なる一歩!
        7月     『三色旗袋サン・スゥ・チィ・ダィ』 トリコロール袋の時代
              8月     『田径型卓子ティン・ジンサィ・シン・ズォ・ズ』競技場型会議机
       9月   『低頭族 ディ・トゥ・ズゥ』 スマホが中国人を黙らせる!
       10月    『 辣椒 ラー・ジャォ 』 トウガラシ・辛いのはお好きですか
         11月   『 中国的郵局 ヨゥ・ジュゥ 』 中国郵便局事情
      12月    『機場ジィ・チャン』巨大な飛行場が続々
2107年 1月    『快子 クゥァィ・ズ』 お箸の文化
       2月    『拉拉手 ラ・ラ・ショウ』 お手て繋いで
       3月    『公交車 ゴン・ジャォ・チュー』 路線バスの旅
       4月    『穿鞋 ツァン・シェ』 鞋と靴
       5月    『寵物 チョン・ウー』 ペットを飼う
       6月    『按喇叭アン・ラー・バァ』 鳴りやまぬクラクション
       7月    『午睡ウー・スィ』 お昼寝の時間です
       8月    『喝口卑酒フゥ・ピィ・ジュゥ』夏だ!ビールだ!!
     9月    『液晶壁板イェ・ジン・ビィ・バン』 液晶だらけ
      10月    『碗装蕎麦麺式吃飯ワン・ズァン・チャォ・マィ・ミェン・チィ・ファン』
     11月    『確認座位チュェ・レン・ズォ・ウェィ』 リコンファームは面倒
        
            
              『私の見た中国』は毎月一回それぞれ
                其の月の数と同じ日に更新となります。
          これとは別に隔月で発行の
                 ペーパー版、『隗報』はすでに99号まで
      発行されております。

  ペーパー版『隗報』の『私の見た中国』
               はウェブ版とは内容が異なります。
               購読ご希望の方はご連絡下さい。
                     バックナンバーもあります。全て揃いませんが
                  不揃いでもよろしければお渡しできます。
                   ですが、こちらも部数に限りがございます。
                  ご希望の方はお申込みはお早めにご連絡を。
              

  
    
  下頁(茶館『隗』)
   のページへはこちらから
 請進!



 表紙へ戻る