辺学中文、辺知中国     
中国語を学びながら知る中国考現学

    
   月刊・私の見た中国 

『農貿市場 ノン・マォ・シィ・チィァン』
 中国の市場
農貿市場、このコトバ自体がもう古い。誰ももう使っていない。
多分、せいぜいが自由ズゥ・ヨゥ市場シー・チャンくらいで、これとても
現代中国ではそろそろ危ない。久しく聞かない。
 どう危ないかというと、死語になりそう。
このコトバ、みなさんは覚えなくていもいい。誰も使わないんだから。
 農貿市場はその名が表すように、嘗て、計画経済市場の時代の
中国で使われていたコトバ。中国の若い人には馴染まないコトバだ。
自由市場にしたところで、つまりは自由でない市場があった頃の名残り
と言える。
 
 では、市場はなくなかったのかというと、まだある。

 ヒトは毎日の買い物からは自由になっていない。それをある時代はそう
した市場が担い、徐々にそれがスーパーマーケットと言われる、そんな
青空の下や、台を並べただけの、或いはその台すらなくて地べたに直接
品物を置いて並べて売っている場所(市場)が少なくなりつつある。
 とりわけ大都市では。街が整備され、街の中心地ほど市場がなくなる。
それは日本も同じだ。いや、だった。市場はいつの間にか追いやられ、
その場ではやってゆけなくなり、大型スーパーに取って代わられる。
 無くなるなら、その前に書いておこうと思った。

 以前は旅をして無作為に街をブラブラしていても割と頻繁にこうした市場
を見かけた。旅の途中だし別段買うものなどないのだが、何故かついでに
覗いて歩くのが好き。必ず立ち寄る。「市場物価調査」、と称して。
 大体が売られているものは、野菜だったり、肉だったり、魚だったりの、
日々の食事に欠かせない食料品が多く売られており、こっから派生して、
そうした食料品関連の物や、何に使うのかも分からないような道具なども
売られていて、見ているだけも楽しい。
 楽しさは人によって違う。
 何が楽しいの?と訊かれることがあるが、これが楽しい。
まず、売られている野菜も日本では見かけないものがある。
日本と同じ野菜がであってもその形状が違っていたり、どこか違う。
当然、魚は見たところ××みたいなんだが、どっかちょっと違う魚が。
海の魚が少ないので、あまり見かけない魚も多い。
肉はそのカタマリがド〜ンとこう置いてあって、そっからの切り売りだ。
どの売主も新鮮さを“売り”にしているので、この量も置き方も独特。

 スーパーマーケット、超級市場ツァォ・ジィ・シー・チャンとはどう違うのか。
スーパーは、自分でその品を籠に入れてレジに持っていけばいいだけだ。
自分の買いたいものがある分量だけちゃんと分けられて包装されいる。
売り子さんは基本、要らない。勝手に品物を取り、買いたければ籠へ。
 この点が一番の違いでしょう。農貿市場では基本、攤子タン・ズと言われる
平台が個々にあって、その一つ一つに店主がいて店員いて、店主兼店員の
場合もあるが売り子さんがいる。
更に基本、値段が表示されていない。どうするか、尋ねる、一回一回尋ねる。
欲しかったら先ずは尋ね、必要に応じて値切る。相手の提示した値が不満
なら更に値切る。自分の目標があるならそこまで値切る。品物の良し悪しも
自分で確認する。そして、おおよそのものは全てその重量で買う。
つまり最初からこれどうぞ、と包装などされていなくて、買った後も包装なし。
エコですね、エコ。
 その都度尋ねなくてはいけないので買う側にもそれなりの商品知識が必要
だし、値段交渉もしなくてはいけないので、勢いそのやり取りがおおくなる。
 それは隣の店でも、そのまた隣の店でもやっているので、交渉に熱も入り、
賑やか、好く言えば活気溢れるところで、逆だと煩いと思える場所でもある。

 その品物の置き方も毎日のことですしね、多分その日のうちに売り切って
終うんでしょうから分かるんですが、それにしても雑多な置き方で、もう少し
飾ったらどうよ、とも思うがかなり手荒い感じを受ける。特に肉が。
 綺麗に見せて売ろうなどとは誰も考えていないらしい。
綺麗の基準が違うのかもしれない。確かにそのままの新鮮な野菜にはその
野菜にしかない美しがある。余りに作られた綺麗さに馴染んでしまい、本当の
美しさは何かをこちらの方こそ、忘れているのかも。

 もともとこうした日常の食材はその家族構成やその日に必要な量に合せて
買うのが本来だろうから、その分量は客によって違う。となれば売る方はその
重量で目方で売るのが親切というものだ。だから量り売り。
 量り売り、量り買いは端数が出る。必ず。同じ品物でもその重量は微妙に
違っているから。その秤がまた、天秤ばかりときたらもう手におえない。
天秤ばかりを知らない人の為に写真を用意した。

 ↑ この子が手にしている棒のようなものがこれが天秤ばかりだ。
両端に荷物を掛けて担ぐ、天秤棒をご存じだろうか。あの要領で片側に品を
片側に分銅と呼ばれる金属の重りをつけ、棒が水平を保てばその分銅の重さ
が即ち品物の重さ、ということになる。この分銅の重さはそんなに細かく分れて
ないので、その途中の部分は棒に目盛が刻んであり分銅の位置を調整すること
で加減できる、というかなり複雑にして巧妙な道具である。
 例えば、1斤ジン(1斤=500g)の値段設定をしていて、客が1斤欲しいとして
も品物が丁度1斤でピッタリになることなど少ない。加えて、1斤の値段がまた
キッチリに値でないとするなら、その組み合わせ計算はかなり複雑で、高等数学
の領域に達しているとおもうが、この少年はそれを事もなげにこなすのである。
 天才かもしれない。いや、天才でしょう。素晴らしい。

 こんな小さな可愛い天才にも会えるし、その町の物価も覗けるし、地方の言葉
も聞けるし、お好みなら地元の果物ぐらいは旅の途中でも邪魔にはならない。
勢い、旅先のこうした農貿市場で果物を買うことが多い。
 こうした市場の客はその殆どの地元の毎日のように見かける客。
そんな所にフラッと現れた余所者の客。当然ぼられる。
それでもこちらは精一杯地元人ではないが外国人とまでは分からないようにと
願っているが、案外それも見抜かれているのかも知れない。
 それでも別に構わない。果物を買うだけの話だ。
 最近わたしの楽しみは相手がどれだけどうやってぼってくるかにある。
どんだけ吹っかけるかで相手が少し見えてくる。
 そんな楽しい農貿市場もどんどん少なくなっています。
早く行かないとホラッ!なくなちゃいますよ。
 でも、道路脇で開催の市場はもう絶滅危惧種。


2013年1月 (37)


      
   発行年月
         月刊 『私の見た中国』 一覧
2010年1月
  『圧歳銭ヤースィチェン』 中国お年玉の相場   1
   2月
   『春 運 ツゥン・ユン』 帰省する人達をどう運ぶか   2
              3月
    『 飯 店 ファン・ディェン』 泊まれば分かる中国ホテル    3
               4月
    『 清明節 チン・ミィン・ジェ 』 お祭り騒ぎのお墓参り   4
            5月
    『 手 机 ショウ・ジー 』  中国携帯事情   5
            6月
    『 交通標識ジャォ・トン・ビァォ・ヂィ』道路標識が何よ!   6
           7月
    『 請挙手!チン・ジュゥ・ショゥ』老師!シュワッチの挙手   7
             8月
    『888ファファファ』 中国人は何故8が好き?   8
             9月
    『角色扮演 ジェ・スゥ・バン・イェン』 中国コスプレ術?   9
      10月
   『喫月餅 チィ・ユェ・ビン』月餅を食す、今年の月餅は・・・   10
     11月
  『 堵車  ドゥ・チュゥ 』渋滞だよ、渋滞。どうする・・   11
          12月
   『 下雪了! シィァ・シュェ・ラ 』  アッ!雪だ!!   12
 2011年 1月
   『乗坐和諧号チェンズゥォフゥシェハォ』中国の新幹線   13
           2月
    『 討飯的 タォ・ファン・ダ 』 中国・乞食目撃情報     14
         3月
    『放鞭炮 ファン・ビェン・パォ』 爆竹は派手でなくちゃ   15
             4月
   『虚擬掃墓シュゥ・ニィ・サォ・ムゥ』なんでバーチァル   16
           5月
   『超過装載量!』それって積みすぎでしょ!危ないし   17
              6月
   『光膀子 グァン・バン・ズ』これぞ、中国式クールビズ   18
            7月
    『 裸 婚 ルゥォ・フン 』  婚姻届だけの結婚   19
              8月
   『可笑的T恤クーシャォダティシュェ』 笑えるティーシャツ   20
     9月
   『地 書 ディ・スゥ 』 消えゆく“書”の芸術   21
       10月
  『火 鍋 フォ・グォ 』 お勧め!中国寄せ鍋事情   22
       11月
  『在澡堂洗澡ザィ・ザォ・タン・シィ・ザォ」 いざ、銭湯へ   23
       12月
  『聖誕節的肯徳基』 クリスマスの日のケンタッキー   24
2012年 1月
    『中国的蛋米羔ダン・ガォ』 中国製ケーキは今、   25
       2月
    『乱途乱画ルァン・トゥ・ルァン・ファ』 落書き   26
       3月
    『帥哥送貨!スヮィ・グゥ・ソン・フォ』イケメン届けます!   27
       4月
    『 五体投地 ウーティトゥディ 』 本物を見てよ・・・・   28
        5月
    『 帯盒飯 ダィ・フゥ・ファン 』お弁当を持って・・・・   29
        6月
    『 名片 ミィン・ピェン 』 中国・名刺活用法   30
        7月
    『高 考 ガォ・カォ』大学受験の季節がやってきた!   31
       8月
    『奥林匹克アォ・リン・ピ・ク』 オリンピックの年です   32
       9月
    『做作業 ズゥォ・ズゥォ・イェ』 宿題やらなくちゃ   33
      10月
    『 包装 バォ・ズァン 』 過剰包装かも・・・   34
       11月
    『討價還價タォ・ジィァ・ホアン・ジィァ』 買い物指南   35
       12月
    『白衣悪魔 バァィ・イー・ウェ・モォ』白衣の悪魔って・・!   36
2013年 1月
    『農貿市場ノン・マォ・シー・チャン』市場がなくなるかも   37
       2月
    『団圓飯トゥァン・ユァン・ファン』一家団欒での食事   38
       3月
    『三八婦女節サンバァフゥニュゥジェ』天の半分を支える   39
       4月
    『錦旗 ジン・チィ』 褒められも、感謝もされず   40
       5月
   『黒板報ヘィ・バン・バォ』粉筆で描く芸術   41
        6月
   『山寨文化サン・ザィ・ウェン・ファ』って何よ!   42
        7月
  『××書城 ×・×・スゥ・チャン』中国大型書店では、   43
       8月
    『相親 シャン・チン』 お見合いですよ〜!   44
       9月
   『教師節ジャォ・シィ・ジェ』教師に感謝の日です   45
       10月
    『洗脚 シィ・ジャォ』 足湯は如何ですか   46
       11月
  『大熊猫ダァ・ション・マォ』パンダ・ぱんだ・Panda!   47
       12月
  『旅遊車導游 ダォ・ヨゥ』バスガイドさん   48
2014年 1月
  『握手 ウォ・ショゥ』 あぁ・・・、あくしゅ?・・ですね   49
       2月
  『小公シャォゴン』小さな乗り合いバス、日本にあれば   50
       3月
    『透明門簾トゥ・ミン・モン・リェン』ビニールのカーテン   51
       4月
  『打車 ダァ・チュゥ』 ハラハラドキドキの中国タクシー   52
      5月
  『賞花シャン・ファ』 中国で花を愛でる   53
       6月
  『超市ツァォ・シィ』 中国のスーバーへ行ってみれば   54
       7月
  『煎餅ヂェン・ビン』 これぞ中国式B級グルメ   55
       8月
  『中国的焔火イェン・フォ』 夏だ!花火だ!!   56
       9月
    『晒服 サィガンイー』 はためく   57
       10月
   『去博物館 チゥ・ボゥ・ウ・グァン」 博物館へ!   58
       11月
  『光棍節 グァン・グン・ジェ」 11・11狂乱   59
       12月
   『站着吃 ヂァン・ヂャ・チィ』 立ち食いについて考える   60
2015年 1月
  『賀年片 フゥ・ネェン・ピェン』  中国の年賀状   61
       2月
  『校服 シャォ・フゥ』学生服って・・・ジャージですか   62
       3月
  『校花 シャォ・ファ 』 我が校のマドンは・・   63
        4月
  『学校食堂シュェ・シャォ・シィ・タン』 ガクショクだよ   64
       5月
  『街頭売貨ジェ・トゥ・マィ・フォ』 立ち売りの人達   65
        6月
   『ロ少架 ツァォ・ジャァ 』 中国式ケンカの仕方   66
       7月
  『小秘 シャォ・ミィ 』 秘書であって秘書でなし   67
       8月
  『街道樹ジェ・ダォ・スゥ』 中国の街路樹や如何に   68
       9月
  『假幣 ジャァ・ビィ 』 コレッ、ニセ札ジャン!   69
       10月
  『空中小姐コン・ヂォン・シャォ・ジェ』は、飛んでます。   70
       11月
  『素菜 スゥ・ツァィ 』 本場、精進料理のお味は?   71
      12月
  『方便面ファン・ビェン・ミェン』 インスタントラーメン   72
2016年 1月
  『抱嬰ルバォ・イン・アール』 おんぶ に だっこ   73
       2月
  『算命先生スァン・ミン』 占ってさしあげましょう   74
        3月
    『中国的麻将マージャン』 麻将と麻雀は別もん   75
       4月
  『減速帯ジェン・スゥ・ダィ?』蒲鉾型の突起物   76
        5月
    『 嘆息 タン・チィ 』 溜息なんかついたりして   77
        6月
  『文明大一歩ウェン・ミン・イー・ブゥ』 偉大なる一歩!   78
        7月
    『三色旗袋サンスゥチィダィ』 トリコロール袋の時代   79
               8月
    『田径型卓子ティンジンサィズォズ』競技場型会議机   80
        9月
  『低頭族 ディ・トゥ・ズゥ』 スマホが中国人を!   81
       10月
   『 辣椒 ラー・ジャォ 』 トウガラシ・辛いのは   82
         11月
  『 中国的郵局 ヨゥ・ジュゥ 』 中国郵便局事情   83
      12月
   『機場ジィ・チャン』巨大な飛行場が続々   84
2107年 1月
   『快子 クゥァィ・ズ』 お箸の文化   85
       2月
   『拉拉手 ラ・ラ・ショウ』 お手て繋いで   86
       3月
   『公交車 ゴン・ジャォ・チュー』 路線バスの旅   87
       4月
   『穿鞋 ツァン・シェ』 鞋と靴   88
       5月
   『寵物 チョン・ウー』 ペットを飼う   89
       6月
   『按喇叭アン・ラー・バァ』 鳴りやまぬクラクション   90
       7月
   『午睡ウー・スィ』 お昼寝の時間です   91
        8月
   『喝口卑酒フゥ・ピィ・ジュゥ』夏だ!ビールだ!!   92
     9月
   『液晶壁板イェ・ジン・ビィ・バン』 液晶だらけ   93
      10月
   『碗装蕎麦麺式吃飯ワンズァンチャォマィミェン』   94
          11月
   『確認座位チュェ・レン・ズォ・ウェィ』 リコンファーム   95
      12月
  『礼多人不怪 リィ・ドゥォ・ブ・グァィ』 礼は何回言う?   96
 2018年1月
  『 桂暦グァ・リィ 』  壁にはカレンダー   97
       2月
    『 網口巴 ワン・バァ 』 中国ネットカフェ事情   98
       3月
  『 彩票 ツァィ・ピァォ 』 中国で宝くじを買う   99
       4月
   『 透明的浴室トゥミンダユゥシィ 』 丸見えの浴室  100
       5月
  『 出站口 ツゥ・ヂャン・コゥ 』 駅への出口  101
       6月
  『 司机 スゥ・ジィ 』 タクシードライバー  102
       7月
  『 道口 ダォ・コゥ 』 踏切について  103
       8月
  『 摩的  モ・デイ 』 バイク・タクシー  104
       9月
  『 汽車 チィ・チュゥ 』 マイカーを買う  105
     10月
    婚礼車隊フン・リィ・チュ・ドィ』 婚礼のの車列が凄い  106
     11月
  『救護車 ジュゥ・フ・チュゥ』 救急車が通る  107
 月刊・私の見た中国         
            
              『私の見た中国』は毎月一回それぞれ
                其の月の数と同じ日に更新となります。
          これとは別に隔月で発行の
                 ペーパー版、『隗報』はすでに99号まで
      発行されております。

  ペーパー版『隗報』の『私の見た中国』
               はウェブ版とは内容が異なります。
               購読ご希望の方はご連絡下さい。
                     バックナンバーもあります。全て揃いませんが
                  不揃いでもよろしければお渡しできます。
                   ですが、こちらも部数に限りがございます。
                  ご希望の方はお申込みはお早めにご連絡を。
              

  
    
  下頁(茶館『隗』)
   のページへはこちらから
 請進!



 表紙へ戻る