辺学中文、辺知中国     
中国語を学びながら知る中国考現学

    
   月刊・私の見た中国 

『白衣悪魔 バァィ・イー・ウ・モォ』
 白衣の悪魔・・って何よ
「白衣」ときたら、「天使」じゃないですか・・・普通。
  こんな感じですかね。白衣の天使。
普通はそうなんです。そうなんですが、今回は・・・。
これはわたしが言ってるのではありません。中国の人たちが
ですね、そう言ってるのを聞いた、というか、漏れ聞いた。
 さらにですね、此処で言う「白衣」は残念ながら、何が残念
なのかもよく分からないですが、残念ながら所謂、看護婦さんでは
ありません。看護婦さんって言葉も今、使っちゃだめなの??
 余談ですが、看護婦さんのあの「戴帽式」は
完全に中国語ですけど・・。戴帽の「戴」はかぶるの意味です。

 話を戻すと、「白衣悪魔」はですから、「白衣の天使」の真逆、
と思っていただいて構いませんし、字そのままの意味で白衣を着た
悪魔、と理解していただいて構いません。
 因みにここまで説明したら、「白衣の天使」は、間の「の」がない
だけで、「白衣天使」バァィ・イー・ティェン・シィ。
 ということで、中国でもこの「白衣」は医療関係者を代表してます。
ここまではいいんですが。それが何故に「悪魔」となるかというと、
そういう人がいる、ということですね。で、この「悪魔」は医療従事者
というか中国でいま言われているのは、お医者さんを指します。
 重ねて申し上げますが、わたしが言ってるのではないのです。
お医者さんをつかまえて、「白衣の悪魔」なんてわたしは言ってません。
また、最初に彼らの名誉にかけてお断りしておきますが、中国の
全ての医療関係者・お医者さんがそうだ!!というではない訳でして、
そんなお医者さんが・・・というかいま中国の医療制度は大いに問題
ありなんですね。そんなことを書きます。
 今回は格調高く?中国の医療制度にメスを入れる、となりますか
どうか、要するに中国の今の病院が抱えている問題を見てみましょう。

  多少、有名になってますが、世界でも日本のような国民総健康保険
の国は稀でして、誰でも何処でも保険を持ってれば安心、というそんな
制度そのものがありません。
  次に問題なのが、治療費その他すべてが基本、現金前払い、という
ことになってます。ということはどうなるか?入院となったら即、現金が
要りようです。手術ともなれば、手術費とまさか日帰りともならないので
プラス入院費を、事前に用意しておかなくてはならない。基本ですよ基本。
分かりやすく言ってますが、取り敢えずあなたが病院に掛かろうと思った
なら、先ずはこのお金の心配。いやでしょ。これだけでもう〜イヤ。
 なのに行った先のお医者さんが、「医は仁術」どころか、「医は金術」、
だってんですからたまりませんよね。弱り目になんとか。

  とりわけ、病院で使う薬のところが怪しい!!何を言ってるかというと、
その現金先払いシステムなんですが、その際に、この「白衣悪魔」たちは、
これこれの薬を病院の薬局で買ってきなさい、というんですね、で患者や
その家族は助かりたい一心ですから、そりゃ買ってきますよ。それもどの
薬が本当に必要でどの薬がどう使われてるかなんてのはそこはシロート、
言われるがまま。
 新聞やテレビのその手の報道を見てますと、この時、
まず、本当は安い安い薬なのにパッケージと名前を変えて高いクスリに変身。
或いは油断すると?使ってもいないのに、そのクスリを買わされた。
医者の言うクスリよりちょっと高価なクスリを金持ちなんで、金で健康が買える
ならと、高いクスリ買って治療していたはずが、そのクスリは全く違う患者に
使われていた・・・、などなどナニコレ!!事実が暴露されているのを見る。
 酷い話ならいくらでもある。本当は手術が必要な患者だが、身寄りというか
本人確認ができない事故の患者を無理やり退院させちゃったり、先月は
ちょっと都市名は忘れたが、救急隊員が交通事故で搬送中の患者さんの
身に着けていた高額の宝石を盗んで、病院では治療費を誰が払う誰だ・・・
のテンヤワンヤの時間が長引いて、患者さんを死なせちゃったり、とかとか。
 ひどい、むごい、かなしい、の三つも〜“い”がついちゃう。
 奔馳(ベン・チィ)の救急車があるんですよ・・・、乗ってみたい?
 白衣のこのポケットには何が入るんですかね。
 そんなんで、かねがねわたしは中国は先ずは医療制度と教育制度に手を
つけるべき、と叫んではいるがわたしの声などど〜こにも届かない。

  わたし個人は、“バカ”が頭につく位の健康体で、中国で病院のお世話に
なったことがない。自分にはないのだが、周りの人たちはある。
 友人が体調が思わしくなく、検査をすることになった。これはチャンスとばかり
その友人の付添いということで、いざいざ病院へ。
 向かった先の病院が遠い。何で?と訊いたら、F老師の紹介だという。F老師
の「愛人アィ・レン(中国ではお互いに連れ合いを指してこう呼ぶ、日本語のその
・・・ほうの意味はない※念のため)」がN病院のお医者さんだと聞かされた。
 なるほど。このなるほどはちょっと深い。先を急ぐ。どんどん急いで、
一応の検査が終わった。先払いだと聞いていたが、病院の受付で友人が名を
なのるやまるで別扱い。多分!F老師から連絡がご主人に入りそこから病院中
に既に連絡が入ってたんだと思う。それにこの友人というのが何あろう典型的
な欧米人で金髪で青い目ときている。病院中に緊張が走ってた。
 それはオマケ効果だろうが、さて、お勘定?となったら、これが安いんだ。
いくら中国とはいえ、あれだけエックス線だの、何だの検査をしたのに、支払いが
極端に安い。絶対コレってお得意様値段?
 支払いの窓口で、友人も私もそれはヘンだろう!!と立場が逆転の、払わせろ!
騒ぎをしていたら、そのF老師愛人が降りてきて、やぁやぁ・・・と言い。
ガンとして受け取らない。終いにはこれってメンツに係わるか、と思わせるちょいと
気まずい雰囲気まで行った。結局それ以上はムリ!!となって、
 帰りのバスの中での友人との二人の会話。
「アレッて絶対変ですよね!」「もちろんだよ!!」「その実際に掛かった分は誰が
払うんですか?」「んん・・・分かんないけど、適当に??どっかにつけちゃうんじゃ
ないの??」「じゃぁ、誰かがその分も払わせられるってこと??」「ありえる!!」
 というように、これは知り合いプラス欧米人優遇例。
こんな優遇がいくらもある。いわく、幹部優遇。親戚優遇。
 その分、優遇されない人がいる。それどころか他への優遇の分をそっから
埋め合わせしようというのだからたまったもんじゃない。

  中国医療制度の改善が急がれる。と言っても誰も急いでいない。 


2012年12月 (36)


      
   発行年月          月刊 『私の見た中国』 一覧
2010年1月
  『圧歳銭ヤースィチェン』 中国お年玉の相場
   2月    『春 運 ツゥン・ユン』 帰省する人達をどう運ぶか
              3月     『 飯 店 ファン・ディェン』 泊まれば分かる中国ホテル 
               4月     『 清明節 チン・ミィン・ジェ 』 お祭り騒ぎのお墓参り
            5月     『 手 机 ショウ・ジー 』  中国携帯事情
            6月     『 交通標識ジャォ・トン・ビァォ・ヂィ』道路標識が何よ!
           7月     『 請挙手!チン・ジュゥ・ショゥ』老師!シュワッチの挙手
             8月     『888ファファファ』 中国人は何故8が好き?
             9月     『角色扮演 ジェ・スゥ・バン・イェン』 中国コスプレ術?
      10月    『喫月餅 チィ・ユェ・ビン』月餅を食す、今年の月餅は・・・
     11月   『 堵車  ドゥ・チュゥ 』渋滞だよ、渋滞。どうする・・
          12月    『 下雪了! シィァ・シュェ・ラ 』  アッ!雪だ!!
 2011年 1月    『乗坐和諧号チェン・ズゥォ・フゥ・シェ・ハォ』中国の新幹線
           2月     『 討飯的 タォ・ファン・ダ 』 中国・乞食目撃情報    
         3月     『放鞭炮 ファン・ビェン・パォ』 爆竹は派手でなくちゃ
             4月    『虚擬掃墓シュゥ・ニィ・サォ・ムゥ』なんでバーチァルなの・・・
           5月    『超過装載量!』それって積みすぎでしょ!危ないし
              6月    『光膀子 グァン・バン・ズ』これぞ、中国式クールビズ
            7月     『 裸 婚 ルゥォ・フン 』  婚姻届だけの結婚
              8月     『可笑的T恤クー・シャォ・ダ・ティ・シュ』 笑えるティーシャツ
     9月    『地 書 ディ・スゥ 』 消えゆく“書”の芸術
       10月   『火 鍋 フォ・グォ 』 お勧め!中国寄せ鍋事情
       11月   『在澡堂洗澡ザィ・ザォ・タン・シィ・ザォ」 いざ、銭湯へ
       12月   『聖誕節的肯徳基』 クリスマスの日のケンタッキー
2012年 1月     『中国的蛋米羔ダン・ガォ』 中国製ケーキは今、
       2月      『乱途乱画ルァン・トゥ・ルァン・ファ』 落書き
       3月     『帥哥送貨!スヮィ・グゥ・ソン・フォ』イケメン届けます!
       4月      『 五体投地 ウーティトゥディ 』 本物を見てよ・・・・
        5月     『 帯盒飯 ダィ・フゥ・ファン 』お弁当を持って・・・
        6月      『 名片 ミィン・ピェン 』 中国・名刺活用法
        7月      『高 考 ガォ・カォ』大学受験の季節がやってきた!
       8月     『奥林匹克アォ・リン・ピ・ク』 オリンピックの年です
       9月      『做作業 ズゥォ・ズゥォ・イェ』 宿題やらなくちゃ
      10月     『 包装 バォ・ズァン 』 過剰包装かも・・・
       11月     『討價還價タォ・ジィァ・ホアン・ジィァ』 買い物指南
       12月     『白衣悪魔 バァィ・イー・ウェ・モォ』 白衣の悪魔って・・!
2013年 1月     『農貿市場ノン・マォ・シー・チャン』市場がなくなるかも
       2月     『団圓飯トゥァン・ユァン・ファン』一家団欒での食事
       3月     『三八婦女節サン・バァ・フゥ・ニュゥ・ジェ』天の半分を支える
       4月     『錦旗 ジン・チィ』 褒められも、感謝もされず
       5月    『黒板報ヘィ・バン・バォ』粉筆で描く芸術
        6月    『山寨文化サン・ザィ・ウェン・ファ』って何よ!
        7月   『××書城 ×・×・スゥ・チャン』中国大型書店では、
       8月     『相親 シャン・チン』 お見合いですよ〜!
       9月    『教師節ジャォ・シィ・ジェ』教師に感謝の日です
       10月     『洗脚 シィ・ジャォ』 足湯は如何ですか。
       11月   『大熊猫ダァ・ション・マォ』パンダ・ぱんだ・Panda!
       12月   『旅遊車導游リュゥ・ヨゥ・チュゥ・ダォ・ヨゥ』バスガイドさん
2014年 1月   『握手 ウォ・ショゥ』 あぁ・・・、あくしゅ?・・ですね
       2月   『小公シャォ・ゴン』小さな乗り合いバス、日本にこれがあれば
       3月     『透明門簾トゥ・ミン・モン・リェン』ビニールのカーテン
       4月   『打車 ダァ・チュゥ』 ハラハラドキドキの中国タクシー
      5月   『賞花シャン・ファ』 中国で花を愛でる
       6月   『超市ツァォ・シィ』 中国のスーバーへ行ってみれば
       7月   『煎餅ヂェン・ビン』 これぞ中国式B級グルメ
       8月   『中国的焔火イェン・フォ』 夏だ!花火だ!!
       9月     『晒服 サィガンイー』 はためくのよう
       10月    『去博物館 チゥ・ボゥ・ウ・グァン」 博物館へ!
       11月   『光棍節 グァン・グン・ジェ」 11・11狂乱
       12月    『站着吃 ヂァン・ヂャ・チィ』 立ち食いについて考える
2015年 1月   『賀年片 フゥ・ネェン・ピェン』  中国の年賀状
       2月   『校服 シャォ・フゥ』学生服って・・・ジャージじゃないですか
       3月   『校花 シャォ・ファ 』 我が校のマドンは・・
        4月   『学校食堂シュェ・シャォ・シィ・タン』 ガクショクだよ
       5月   『街頭売貨ジェ・トゥ・マィ・フォ』 立ち売りの人達
        6月    『ロ少架 ツァォ・ジャァ 』 中国式ケンカの仕方
       7月   『小秘 シャォ・ミィ 』 秘書であって秘書でなし
       8月   『街道樹ジェ・ダォ・スゥ』 中国の街路樹や如何に
       9月   『假幣 ジャァ・ビィ 』 コレッ、ニセ札ジャン!
       10月   『空中小姐コン・ヂォン・シャォ・ジェ』は、飛んでます。
       11月   『素菜 スゥ・ツァィ 』 本場、精進料理のお味は?
      12月   『方便面ファン・ビェン・ミェン』 インスタントラーメンかよ。
2016年 1月   『抱嬰ルバォ・イン・アール』 おんぶ に だっこ
       2月   『算命先生スァン・ミン』 占ってさしあげましょう
        3月     『中国的麻将マージャン』 麻将と麻雀は別もん
       4月   『減速帯ジェン・スゥ・ダィ?』蒲鉾型の突起物
        5月      『 嘆息 タン・チィ 』 溜息なんかついたりして
        6月   『文明大一歩ウェン・ミン・イー・ブゥ』 偉大なる一歩!
        7月     『三色旗袋サン・スゥ・チィ・ダィ』 トリコロール袋の時代
              8月     『田径型卓子ティン・ジンサィ・シン・ズォ・ズ』競技場型会議机
       9月   『低頭族 ディ・トゥ・ズゥ』 スマホが中国人を黙らせる!
       10月    『 辣椒 ラー・ジャォ 』 トウガラシ・辛いのはお好きですか
         11月   『 中国的郵局 ヨゥ・ジュゥ 』 中国郵便局事情
      12月    『機場ジィ・チャン』巨大な飛行場が続々
2107年 1月    『快子 クゥァィ・ズ』 お箸の文化
       2月    『拉拉手 ラ・ラ・ショウ』 お手て繋いで
       3月    『公交車 ゴン・ジャォ・チュー』 路線バスの旅
       4月    『穿鞋 ツァン・シェ』 鞋と靴
       5月    『寵物 チョン・ウー』 ペットを飼う
       6月    『按喇叭アン・ラー・バァ』 鳴りやまぬクラクション
       7月    『午睡ウー・スィ』 お昼寝の時間です
       8月    『喝口卑酒フゥ・ピィ・ジュゥ』夏だ!ビールだ!!
     9月    『液晶壁板イェ・ジン・ビィ・バン』 液晶だらけ
      10月    『碗装蕎麦麺式吃飯ワン・ズァン・チャォ・マィ・ミェン・チィ・ファン』
     11月    『確認座位チュェ・レン・ズォ・ウェィ』 リコンファームは面倒
        
            
              『私の見た中国』は毎月一回それぞれ
                其の月の数と同じ日に更新となります。
          これとは別に隔月で発行の
                 ペーパー版、『隗報』はすでに99号まで
      発行されております。

  ペーパー版『隗報』の『私の見た中国』
               はウェブ版とは内容が異なります。
               購読ご希望の方はご連絡下さい。
                     バックナンバーもあります。全て揃いませんが
                  不揃いでもよろしければお渡しできます。
                   ですが、こちらも部数に限りがございます。
                  ご希望の方はお申込みはお早めにご連絡を。
              

  
    
  下頁(茶館『隗』)
   のページへはこちらから
 請進!



 表紙へ戻る