辺学中文、辺知中国     
中国語を学びながら知る中国考現学

    
   月刊・私の見た中国 

『団圓飯 トゥァン・ユァン・ファン』
 一家団欒での食事
 2月、中国では“春節ツゥン・ジェ”(正月)を迎える季節。
それにふさわしい話題を、と言うことで「団圓飯」の話題を。
 御存じ、“春節”に間に合うように故郷へ帰る為の大移送作戦
“春運ツゥン・ユン”のことは前に書いた。
 “春運”で運ばれた人たちは三々五々実家に集まる。
この点では日本も同じだし、韓国もそうなんだそうだ。
だが、欧米の人たちから見れば、年越しだからといって何でその
休みに大変な思いまでして必ず実家に帰らなければならないかが
理解できないらしい。
 分かんないだろうなぁ、そのへん。
 正月になったら帰るんですよ、自分の生まれたとこへ。必死に
帰る。大変なんですよ、この“春運”は、でも、帰る。
 老家ラォ・ジャァ(中国語で生家)までの切符を手に入れ、乗車率
180%以上?の乗り物で這う這うの体で辿り着く。
 このお話はこっから始まる。三々五々集まって来た親戚・兄弟。
中国はもともとが大家族主義だったので、数が多いことが良しと
されていた。
 大学へ、仕事で、結婚して、それぞれ他の都市へ離れて住んで
いる人たちが一度に戻ってくる機会はそうはない。加えてお目出度い
お正月だ。これはもう集まって美味し物でも食べよう! はごくごく
自然の流れ・・・・、でしょ。
 これを「団圓飯トゥァン・ユァン・ファン」と呼ぶ。
 顔を揃えた家族での乾杯!!
久方ぶりに会った一家、一族揃ってのお食事ともなればそりゃぁ
もう楽しいに違いない。楽しいかどうかはそれぞれでしょうが、賑やか
なことはもうこれは絶対。

 以前はこうした「団圓飯」は家族が揃って年越しをするその夜に
やられていた。その代表が、年越し前の除夕ツゥ・シィ(大晦日の夜)
一緒に作る餃子と、年越しの料理だった。
 日本のお節ち料理の類と思っていただいて構わないが、中国料理は
基本、熱々を食べるので、日本のお節ちのように作り置きはできない。
その場で作ってその場で食べる。
 世の流れとして、それなりにこれらは面倒だ。自分で作りのがだんだん
に面倒くさがられるようになった。
 となれば、面倒なんで外で食べよう、となる。
ということで、レストランへ。大概同じ様なことをみんな同じように考える。
当然、レストランは普段より込み合うことになる。
 この頃のレストランはどこも大混雑。
 一方レストランの従業員、コックさんだって老家へ帰りたい。
でも客は引きも切らずにやってくるし、予約が山のように入ってくる。
 ここは需要と供給の均衡を図るため、この年末・年始の期間はレストラン
はどこも割増料金を、となる。
割増料金なにするものぞ、年に一回の「団圓飯」だ。
それに来年はどうなるかは分からない。となれば、誰もが割増料金を
払ってもまだレストラン予約に走る。
 なんせ中国は人が多い。ここでも競争率が凄まじい。人気レストランとも
なればかなり前からの予約が必要だ。
 賢明な皆さんにはもうお分かりと思いますが、そんなそんな前から今年の
年末の予約をしたって、子供たちが兄弟たちがその年の年末に帰ってくる
かどうかは不確か。これはかなり悩ましい。
 戻ってくるなら是非あのお店で、と思うが誰も帰ってこなければムダ。
取消費チュゥ・シャォ・フェィ(キャンセル料)もかかる。自分の面目も潰れる。
 更に賢明な皆さんはお気づきでしょうが、中国の人は一たび年越しとも
なれば、ここまで帰省の切符を取得から始まり、先を争っての場所取り合戦
が果てしなくつづくこととなる。
 時期とのなれば、レストランの方だって宣伝合戦。

みんなと違う動きをすればいいのに、と思うがそんなことは言えない雰囲気。

 一度だけ、某知人から「団圓飯」に誘われご相伴に預かったことがある。
知人は一人中国で淋しそうにしている私への同情から誘ってくれたものと思う。
その時も大人数だったが何せ私が知っているのはその知人とその奥さんだけ。
一杯いたがあとは皆その日に初めて会った人たち。次々に紹介されるが、
覚えきれたもんじゃない。
 中国の人は総じて客好きで、一人外国人も加わって尚のこと盛り上がった。
料理もコレでもかぁ!ってなくらい豪華な料理が次から次と出てくる。
乾杯!干杯 ガン・べィ!!の嵐だ。もう勘弁して下さい!というくらい食べて、
さて、ようやくお開きとなった。
 そしたら、店の前でお一人が、わたしは明日帰ります、と言う。
少し先に休みを貰って、明日には職場に戻らなくてはいけない、と。
この後だと、戻る切符も手に入りにくくなるのだ、そうだ。
話の接ぎ穂として、何時間かかるんですか?と訊いてみた。
18時間、と事もなげに答えた。ほぼ一日じゃないですか・・・。
彼の方も気を使ったのか、日本までは何時間・・・?と訊いてきた。
んん・・・3時間とは言いづらい。



2013年2月 (38)


      
   発行年月          月刊 『私の見た中国』 一覧
2010年1月
  『圧歳銭ヤースィチェン』 中国お年玉の相場
   2月    『春 運 ツゥン・ユン』 帰省する人達をどう運ぶか
              3月     『 飯 店 ファン・ディェン』 泊まれば分かる中国ホテル 
               4月     『 清明節 チン・ミィン・ジェ 』 お祭り騒ぎのお墓参り
            5月     『 手 机 ショウ・ジー 』  中国携帯事情
            6月     『 交通標識ジャォ・トン・ビァォ・ヂィ』道路標識が何よ!
           7月     『 請挙手!チン・ジュゥ・ショゥ』老師!シュワッチの挙手
             8月     『888ファファファ』 中国人は何故8が好き?
             9月     『角色扮演 ジェ・スゥ・バン・イェン』 中国コスプレ術?
      10月    『喫月餅 チィ・ユェ・ビン』月餅を食す、今年の月餅は・・・
     11月   『 堵車  ドゥ・チュゥ 』渋滞だよ、渋滞。どうする・・
          12月    『 下雪了! シィァ・シュェ・ラ 』  アッ!雪だ!!
 2011年 1月    『乗坐和諧号チェン・ズゥォ・フゥ・シェ・ハォ』中国の新幹線
           2月     『 討飯的 タォ・ファン・ダ 』 中国・乞食目撃情報    
         3月     『放鞭炮 ファン・ビェン・パォ』 爆竹は派手でなくちゃ
             4月    『虚擬掃墓シュゥ・ニィ・サォ・ムゥ』なんでバーチァルなの・・・
           5月    『超過装載量!』それって積みすぎでしょ!危ないし
              6月    『光膀子 グァン・バン・ズ』これぞ、中国式クールビズ
            7月     『 裸 婚 ルゥォ・フン 』  婚姻届だけの結婚
              8月     『可笑的T恤クー・シャォ・ダ・ティ・シュ』 笑えるティーシャツ
     9月    『地 書 ディ・スゥ 』 消えゆく“書”の芸術
       10月   『火 鍋 フォ・グォ 』 お勧め!中国寄せ鍋事情
       11月   『在澡堂洗澡ザィ・ザォ・タン・シィ・ザォ」 いざ、銭湯へ
       12月   『聖誕節的肯徳基』 クリスマスの日のケンタッキー
2012年 1月     『中国的蛋米羔ダン・ガォ』 中国製ケーキは今、
       2月      『乱途乱画ルァン・トゥ・ルァン・ファ』 落書き
       3月     『帥哥送貨!スヮィ・グゥ・ソン・フォ』イケメン届けます!
       4月      『 五体投地 ウーティトゥディ 』 本物を見てよ・・・・
        5月     『 帯盒飯 ダィ・フゥ・ファン 』お弁当を持って・・・
        6月      『 名片 ミィン・ピェン 』 中国・名刺活用法
        7月      『高 考 ガォ・カォ』大学受験の季節がやってきた!
       8月     『奥林匹克アォ・リン・ピ・ク』 オリンピックの年です
       9月      『做作業 ズゥォ・ズゥォ・イェ』 宿題やらなくちゃ
      10月     『 包装 バォ・ズァン 』 過剰包装かも・・・
       11月     『討價還價タォ・ジィァ・ホアン・ジィァ』 買い物指南
       12月     『白衣悪魔 バァィ・イー・ウェ・モォ』 白衣の悪魔って・・!
2013年 1月     『農貿市場ノン・マォ・シー・チャン』市場がなくなるかも
       2月     『団圓飯トゥァン・ユァン・ファン』一家団欒での食事
       3月     『三八婦女節サン・バァ・フゥ・ニュゥ・ジェ』天の半分を支える
       4月     『錦旗 ジン・チィ』 褒められも、感謝もされず
       5月    『黒板報ヘィ・バン・バォ』粉筆で描く芸術
        6月    『山寨文化サン・ザィ・ウェン・ファ』って何よ!
        7月   『××書城 ×・×・スゥ・チャン』中国大型書店では、
       8月     『相親 シャン・チン』 お見合いですよ〜!
       9月    『教師節ジャォ・シィ・ジェ』教師に感謝の日です
       10月     『洗脚 シィ・ジャォ』 足湯は如何ですか。
       11月   『大熊猫ダァ・ション・マォ』パンダ・ぱんだ・Panda!
       12月   『旅遊車導游リュゥ・ヨゥ・チュゥ・ダォ・ヨゥ』バスガイドさん
2014年 1月   『握手 ウォ・ショゥ』 あぁ・・・、あくしゅ?・・ですね
       2月   『小公シャォ・ゴン』小さな乗り合いバス、日本にこれがあれば
       3月     『透明門簾トゥ・ミン・モン・リェン』ビニールのカーテン
       4月   『打車 ダァ・チュゥ』 ハラハラドキドキの中国タクシー
      5月   『賞花シャン・ファ』 中国で花を愛でる
       6月   『超市ツァォ・シィ』 中国のスーバーへ行ってみれば
       7月   『煎餅ヂェン・ビン』 これぞ中国式B級グルメ
       8月   『中国的焔火イェン・フォ』 夏だ!花火だ!!
       9月     『晒服 サィガンイー』 はためくのよう
       10月    『去博物館 チゥ・ボゥ・ウ・グァン」 博物館へ!
       11月   『光棍節 グァン・グン・ジェ」 11・11狂乱
       12月    『站着吃 ヂァン・ヂャ・チィ』 立ち食いについて考える
2015年 1月   『賀年片 フゥ・ネェン・ピェン』  中国の年賀状
       2月   『校服 シャォ・フゥ』学生服って・・・ジャージじゃないですか
       3月   『校花 シャォ・ファ 』 我が校のマドンは・・
        4月   『学校食堂シュェ・シャォ・シィ・タン』 ガクショクだよ
       5月   『街頭売貨ジェ・トゥ・マィ・フォ』 立ち売りの人達
        6月    『ロ少架 ツァォ・ジャァ 』 中国式ケンカの仕方
       7月   『小秘 シャォ・ミィ 』 秘書であって秘書でなし
       8月   『街道樹ジェ・ダォ・スゥ』 中国の街路樹や如何に
       9月   『假幣 ジャァ・ビィ 』 コレッ、ニセ札ジャン!
       10月   『空中小姐コン・ヂォン・シャォ・ジェ』は、飛んでます。
       11月   『素菜 スゥ・ツァィ 』 本場、精進料理のお味は?
      12月   『方便面ファン・ビェン・ミェン』 インスタントラーメンかよ。
2016年 1月   『抱嬰ルバォ・イン・アール』 おんぶ に だっこ
       2月   『算命先生スァン・ミン』 占ってさしあげましょう
        3月     『中国的麻将マージャン』 麻将と麻雀は別もん
       4月   『減速帯ジェン・スゥ・ダィ?』蒲鉾型の突起物
        5月      『 嘆息 タン・チィ 』 溜息なんかついたりして
        6月   『文明大一歩ウェン・ミン・イー・ブゥ』 偉大なる一歩!
        7月     『三色旗袋サン・スゥ・チィ・ダィ』 トリコロール袋の時代
              8月     『田径型卓子ティン・ジンサィ・シン・ズォ・ズ』競技場型会議机
       9月   『低頭族 ディ・トゥ・ズゥ』 スマホが中国人を黙らせる!
       10月    『 辣椒 ラー・ジャォ 』 トウガラシ・辛いのはお好きですか
         11月   『 中国的郵局 ヨゥ・ジュゥ 』 中国郵便局事情
      12月    『機場ジィ・チャン』巨大な飛行場が続々
2107年 1月    『快子 クゥァィ・ズ』 お箸の文化
       2月    『拉拉手 ラ・ラ・ショウ』 お手て繋いで
       3月    『公交車 ゴン・ジャォ・チュー』 路線バスの旅
       4月    『穿鞋 ツァン・シェ』 鞋と靴
       5月    『寵物 チョン・ウー』 ペットを飼う
       6月    『按喇叭アン・ラー・バァ』 鳴りやまぬクラクション
       7月    『午睡ウー・スィ』 お昼寝の時間です
       8月    『喝口卑酒フゥ・ピィ・ジュゥ』夏だ!ビールだ!!
     9月    『液晶壁板イェ・ジン・ビィ・バン』 液晶だらけ
      10月    『碗装蕎麦麺式吃飯ワン・ズァン・チャォ・マィ・ミェン・チィ・ファン』
     11月    『確認座位チュェ・レン・ズォ・ウェィ』 リコンファームは面倒
        
            
              『私の見た中国』は毎月一回それぞれ
                其の月の数と同じ日に更新となります。
          これとは別に隔月で発行の
                 ペーパー版、『隗報』はすでに99号まで
      発行されております。

  ペーパー版『隗報』の『私の見た中国』
               はウェブ版とは内容が異なります。
               購読ご希望の方はご連絡下さい。
                     バックナンバーもあります。全て揃いませんが
                  不揃いでもよろしければお渡しできます。
                   ですが、こちらも部数に限りがございます。
                  ご希望の方はお申込みはお早めにご連絡を。
              

  
    
  下頁(茶館『隗』)
   のページへはこちらから
 請進!



 表紙へ戻る