辺学中文、辺知中国     
中国語を学びながら知る中国考現学

    
   月刊・私の見た中国 

『方便面』 インスタントラーメンかよ。
 インスタント食品が世に出てから、こんな便利なものがあるなら
別に、何も本物を求めずともこんだけ便利ならいいんじゃないの、
とインスタント食品が洪水のように暮らしの中に押し寄せてきた。
 そんな中でもこの、インスタントラーメンとインスタントコーヒーの
出現は画期的だったとわたしは思う。
 今でこそ色んな食品が、というより、何でもインスタントのものが
ある。だが、わたしにとってのインスタントの始まりはやはりこの、
インスタントラーメンにあるように思う。
 お湯をかければそれでもう食べれる食品の出現は衝撃的と言っても
いいだろう。更にこれが、カップヌードルとなって、器も準備しなくてよく
なって、その便利感が一層増した。
 だが、考えてみれば、この頃から何だか、ニンゲンそのものもどうも
インスタント的に創られてる感があるのはわたしだけ・・・か。
 さて、話題はインスタントラーメン。当然中国の。
中国語でインスタントラーメンは、方便面ファン・ビェン・ミィェンとなる。
漢字的は即席だから、即席ラーメンで良さそうなもんだが、中国語の
即席ジィ・シィは書き言葉であり、日本語と同じように、その場で・・・の
意味は持つが、その場が強調され、余り直ぐにの意味を持たないのと、
何といっても書き言葉ですから硬い。これは拉麺には適さない。
インスタント食品を即食ジィ・シィと言い、その麺だから即食面は言える、
言えることは言えるが何とも硬い。誰も言わん。そこで方便面。
 方便は便利の意味。但し、インスタントコーヒーを、方便珈琲とは
言わない。この辺は相性の問題だろうと思う。
 更にこのあと話題に上るのは多くはカップヌードル的なあのカップ入りの
方便面のことになる。こちらは敢えて言うなら、杯装ベェィ・ズァン方便面
となるが、そこはそうまで厳格に言わずとも、方便面は方便面だしいいん
じゃないの、ってことで方便面です。
 凄い種類の 超級市場スーパーのカップ麺売り場。

 と、その前に。一言だけ。中国にはラーメンがなくて、日本のラーメンが
今中国で大人気、って話を。これ、一般の方には知られておらず、拉麺は
中国が本場とお思いの方が多いが、それは文化伝承的には正解ですが、
その後のラーメンの歴史は日本が抜きんでて素晴らしいラーメンを育て、
早い話が、日本のようなあの丼の中に色んな具材を入れ更には
出汁の取り方から、味の工夫は中国の拉麺にはない。わたしは日本の
ラーメンは丼の中に宇宙があると言ってる。それに比べ中国の拉麺は
単なる素うどん的な、麺にも基本鹹水を入れないのでほぼ白いままの
小麦粉を練っただけのウドン麺を少し細くしたような麺で、この点からして
もうラーメンらしさがない。加えて上のような出汁、味、具の過度なまでの
工夫は日本にのみあり、だから中国にはラーメンがないと言える。
 ですので、中国のカップヌードルは具では勝負しない。じゃぁ、中国の
カップヌードル市場は争っているかというと、先ずは価格。これはどの国
も同じ。次が量。少量は中国ではウケない。その後が味。
 中国での方便面も日本のカップヌードルと基本変わらない。当たり前か。
人口が多いので恐らく、方便面消費量は断トツの世界一。大体が麺食
の人たちが多い。小麦文化。テレビ等ではその宣伝も多い。
食べている人もよく目にする。日本でも売ってるのはよく目にするし、
買ってる人も見る。だが、こんなに実際に食べてる人を目にする機会はない。
中国の人は公共の場でも実によく方便面を食す。取り分け移動の途中。旅中。
駅で、列車の中で。これが違う。
 テレビドラマでもよく目にした。警察物など見てると彼らは頻繁に方便面を
食べながら事件について語っていた。日本のドラマでこれほどまでに登場
するだろうか。
 味は辛いのが好まれるのか辛みが多い。更には、日本にはない香辛料
を使う。山椒はまだしも、大好きな八角だったり、肉桂、ウイキョウ、何てな
慣れない香辛料が使われ、周囲に独特の匂いを放つ。
 それが、中国の人の食欲をそそるらしい。
 価格で言うと、日本のような安さはない。意外に割高。特に最近人気の
日本製は。日清のカップヌードルなど店で食べる麺より高い。

 もう一つ、方便面で忘れられない思い出がある。
 かなり前のことだ。仲間との楽しい中国旅行。一人が食事も済ませたのに、
いたずらで中国の方便面を買った。ホテルへ帰って部屋で皆で風呂上りに
でも夜食に食べよう、という趣向。幸い中国、何時でも何処でもお湯はある。
さて、いざお湯を注いで食べてみようとなって、気づいた。お店で箸を貰って
くるのを忘れた。同室の二人は慌てた。さて、どうしたものか。
箸に代わるものは無いかと考えた。歯ブラシが二本ある。持ちづらい。
ボールペンはどうだ。ちょっと衛生的にも問題あり。やっぱり箸が欲しい。
そうだ、ホテルの1階にお土産屋があった。あそこの小姐は片言の日本語
が通じる。確か怪しい象牙か何かの工芸品の箸を今朝見た。あれを買って
使ったあとは記念品にしてもいい。だが、この時間ではもう閉まっているかも。
 電話で訊いてみよう。この二人中国語はできないのでわたしの部屋に電話
をし、わたしが確認することになった。案の定彼女は下班だし店は営業時間
が済んでいる、とフロントの娘は言う。ならば、このホテル食堂があったはず。
餐庁ももう営業時間が終わっていて、鍵がない、と言う。
 次なる手は、貴女達服務員で箸はどうしてると尋ねると、自分たちはみな
食堂の賄い料理を食べて食器は個人では持ってこない、と言う。
 何か箸に代わるものは無いか、と尋ねたら色々あたってくれる。親切だ。
電話では埒が明かず、下のフロントまで降りて行って、交渉。何なら、団体客
の添乗員に電話して機内食用の餐具を持ってないか聞いてあげましょうか?
とも言う。ただもう時間も遅いので明日早く発つ団なら気の毒だ。
 親切にあの手この手を考えてくれる。中国も変わった。
 近くに遅くまでやってる食堂があるという。歩いて10分くらいの処らしい。
そこへ行けば箸は調達できるだろうが、そうまでして必要か、と訊かれた。
 乗り掛かった舟だ、わたしがその食堂へ行ってもいいと思った。が、一方で
たかだかカップヌードルだ、何も今日食べなくとも、と思い、紛争中のお二人
の部屋へ先にこれらの経緯を説明に上がっていった。
 部屋のドアをノック。ドアが開いた。独特の匂い。何これ、この匂い。
と、部屋の中央の丸テーブルには湯気が上がったカップヌードルが。
 何、どうしたの?とわたし。中国のカップヌードルは箸ではなく、フォーク。
それもプラスチックの頼りない小さめのやつ。それで食べる。しかもその
フォークは麺と一緒に中に予め入れられていて、蓋を開ければそれが
判ったのに、彼らは蓋を開けずして騒ぎ出し、わたしは途中からロビーに
降りて行って交渉してたので、何度わたしの部屋に電話しても通じず、
フォークもあったことだし、早速食べようとなっていま出来上がったとこ、
と悪びれる風でもない。まぁいいかぁ、一件落着だし。自分の部屋へ。
 もう可成り遅い時間になっていた。お箸騒動で寝そびれたかも。
更にそれから暫くして、電話が鳴った。フロントからだった。
先生シェン・シャン探到了ザォ・ダォ・ラ!見つけましたよ!!
という嬉しそうな声だった。結局この夜は寝そびれた。


2015年12月12日


      
   発行年月
         月刊 『私の見た中国』 一覧
2010年1月
  『圧歳銭ヤースィチェン』 中国お年玉の相場   1
   2月
   『春 運 ツゥン・ユン』 帰省する人達をどう運ぶか   2
              3月
    『 飯 店 ファン・ディェン』 泊まれば分かる中国ホテル    3
               4月
    『 清明節 チン・ミィン・ジェ 』 お祭り騒ぎのお墓参り   4
            5月
    『 手 机 ショウ・ジー 』  中国携帯事情   5
            6月
    『 交通標識ジャォ・トン・ビァォ・ヂィ』道路標識が何よ!   6
           7月
    『 請挙手!チン・ジュゥ・ショゥ』老師!シュワッチの挙手   7
             8月
    『888ファファファ』 中国人は何故8が好き?   8
             9月
    『角色扮演 ジェ・スゥ・バン・イェン』 中国コスプレ術?   9
      10月
   『喫月餅 チィ・ユェ・ビン』月餅を食す、今年の月餅は・・・   10
     11月
  『 堵車  ドゥ・チュゥ 』渋滞だよ、渋滞。どうする・・   11
          12月
   『 下雪了! シィァ・シュェ・ラ 』  アッ!雪だ!!   12
 2011年 1月
   『乗坐和諧号チェンズゥォフゥシェハォ』中国の新幹線   13
           2月
    『 討飯的 タォ・ファン・ダ 』 中国・乞食目撃情報     14
         3月
    『放鞭炮 ファン・ビェン・パォ』 爆竹は派手でなくちゃ   15
             4月
   『虚擬掃墓シュゥ・ニィ・サォ・ムゥ』なんでバーチァル   16
           5月
   『超過装載量!』それって積みすぎでしょ!危ないし   17
              6月
   『光膀子 グァン・バン・ズ』これぞ、中国式クールビズ   18
            7月
    『 裸 婚 ルゥォ・フン 』  婚姻届だけの結婚   19
              8月
   『可笑的T恤クーシャォダティシュェ』 笑えるティーシャツ   20
     9月
   『地 書 ディ・スゥ 』 消えゆく“書”の芸術   21
       10月
  『火 鍋 フォ・グォ 』 お勧め!中国寄せ鍋事情   22
       11月
  『在澡堂洗澡ザィ・ザォ・タン・シィ・ザォ」 いざ、銭湯へ   23
       12月
  『聖誕節的肯徳基』 クリスマスの日のケンタッキー   24
2012年 1月
    『中国的蛋米羔ダン・ガォ』 中国製ケーキは今、   25
       2月
    『乱途乱画ルァン・トゥ・ルァン・ファ』 落書き   26
       3月
    『帥哥送貨!スヮィ・グゥ・ソン・フォ』イケメン届けます!   27
       4月
    『 五体投地 ウーティトゥディ 』 本物を見てよ・・・・   28
        5月
    『 帯盒飯 ダィ・フゥ・ファン 』お弁当を持って・・・・   29
        6月
    『 名片 ミィン・ピェン 』 中国・名刺活用法   30
        7月
    『高 考 ガォ・カォ』大学受験の季節がやってきた!   31
       8月
    『奥林匹克アォ・リン・ピ・ク』 オリンピックの年です   32
       9月
    『做作業 ズゥォ・ズゥォ・イェ』 宿題やらなくちゃ   33
      10月
    『 包装 バォ・ズァン 』 過剰包装かも・・・   34
       11月
    『討價還價タォ・ジィァ・ホアン・ジィァ』 買い物指南   35
       12月
    『白衣悪魔 バァィ・イー・ウェ・モォ』白衣の悪魔って・・!   36
2013年 1月
    『農貿市場ノン・マォ・シー・チャン』市場がなくなるかも   37
       2月
    『団圓飯トゥァン・ユァン・ファン』一家団欒での食事   38
       3月
    『三八婦女節サンバァフゥニュゥジェ』天の半分を支える   39
       4月
    『錦旗 ジン・チィ』 褒められも、感謝もされず   40
       5月
   『黒板報ヘィ・バン・バォ』粉筆で描く芸術   41
        6月
   『山寨文化サン・ザィ・ウェン・ファ』って何よ!   42
        7月
  『××書城 ×・×・スゥ・チャン』中国大型書店では、   43
       8月
    『相親 シャン・チン』 お見合いですよ〜!   44
       9月
   『教師節ジャォ・シィ・ジェ』教師に感謝の日です   45
       10月
    『洗脚 シィ・ジャォ』 足湯は如何ですか   46
       11月
  『大熊猫ダァ・ション・マォ』パンダ・ぱんだ・Panda!   47
       12月
  『旅遊車導游 ダォ・ヨゥ』バスガイドさん   48
2014年 1月
  『握手 ウォ・ショゥ』 あぁ・・・、あくしゅ?・・ですね   49
       2月
  『小公シャォゴン』小さな乗り合いバス、日本にあれば   50
       3月
    『透明門簾トゥ・ミン・モン・リェン』ビニールのカーテン   51
       4月
  『打車 ダァ・チュゥ』 ハラハラドキドキの中国タクシー   52
      5月
  『賞花シャン・ファ』 中国で花を愛でる   53
       6月
  『超市ツァォ・シィ』 中国のスーバーへ行ってみれば   54
       7月
  『煎餅ヂェン・ビン』 これぞ中国式B級グルメ   55
       8月
  『中国的焔火イェン・フォ』 夏だ!花火だ!!   56
       9月
    『晒服 サィガンイー』 はためく   57
       10月
   『去博物館 チゥ・ボゥ・ウ・グァン」 博物館へ!   58
       11月
  『光棍節 グァン・グン・ジェ」 11・11狂乱   59
       12月
   『站着吃 ヂァン・ヂャ・チィ』 立ち食いについて考える   60
2015年 1月
  『賀年片 フゥ・ネェン・ピェン』  中国の年賀状   61
       2月
  『校服 シャォ・フゥ』学生服って・・・ジャージですか   62
       3月
  『校花 シャォ・ファ 』 我が校のマドンは・・   63
        4月
  『学校食堂シュェ・シャォ・シィ・タン』 ガクショクだよ   64
       5月
  『街頭売貨ジェ・トゥ・マィ・フォ』 立ち売りの人達   65
        6月
   『ロ少架 ツァォ・ジャァ 』 中国式ケンカの仕方   66
       7月
  『小秘 シャォ・ミィ 』 秘書であって秘書でなし   67
       8月
  『街道樹ジェ・ダォ・スゥ』 中国の街路樹や如何に   68
       9月
  『假幣 ジャァ・ビィ 』 コレッ、ニセ札ジャン!   69
       10月
  『空中小姐コン・ヂォン・シャォ・ジェ』は、飛んでます。   70
       11月
  『素菜 スゥ・ツァィ 』 本場、精進料理のお味は?   71
      12月
  『方便面ファン・ビェン・ミェン』 インスタントラーメン   72
2016年 1月
  『抱嬰ルバォ・イン・アール』 おんぶ に だっこ   73
       2月
  『算命先生スァン・ミン』 占ってさしあげましょう   74
        3月
    『中国的麻将マージャン』 麻将と麻雀は別もん   75
       4月
  『減速帯ジェン・スゥ・ダィ?』蒲鉾型の突起物   76
        5月
    『 嘆息 タン・チィ 』 溜息なんかついたりして   77
        6月
  『文明大一歩ウェン・ミン・イー・ブゥ』 偉大なる一歩!   78
        7月
    『三色旗袋サンスゥチィダィ』 トリコロール袋の時代   79
               8月
    『田径型卓子ティンジンサィズォズ』競技場型会議机   80
        9月
  『低頭族 ディ・トゥ・ズゥ』 スマホが中国人を!   81
       10月
   『 辣椒 ラー・ジャォ 』 トウガラシ・辛いのは   82
         11月
  『 中国的郵局 ヨゥ・ジュゥ 』 中国郵便局事情   83
      12月
   『機場ジィ・チャン』巨大な飛行場が続々   84
2107年 1月
   『快子 クゥァィ・ズ』 お箸の文化   85
       2月
   『拉拉手 ラ・ラ・ショウ』 お手て繋いで   86
       3月
   『公交車 ゴン・ジャォ・チュー』 路線バスの旅   87
       4月
   『穿鞋 ツァン・シェ』 鞋と靴   88
       5月
   『寵物 チョン・ウー』 ペットを飼う   89
       6月
   『按喇叭アン・ラー・バァ』 鳴りやまぬクラクション   90
       7月
   『午睡ウー・スィ』 お昼寝の時間です   91
        8月
   『喝口卑酒フゥ・ピィ・ジュゥ』夏だ!ビールだ!!   92
     9月
   『液晶壁板イェ・ジン・ビィ・バン』 液晶だらけ   93
      10月
   『碗装蕎麦麺式吃飯ワンズァンチャォマィミェン』   94
          11月
   『確認座位チュェ・レン・ズォ・ウェィ』 リコンファーム   95
      12月
  『礼多人不怪 リィ・ドゥォ・ブ・グァィ』 礼は何回言う?   96
 2018年1月
  『 桂暦グァ・リィ 』  壁にはカレンダー   97
       2月
    『 網口巴 ワン・バァ 』 中国ネットカフェ事情   98
       3月
  『 彩票 ツァィ・ピァォ 』 中国で宝くじを買う   99
       4月
   『 透明的浴室トゥミンダユゥシィ 』 丸見えの浴室  100
       5月
  『 出站口 ツゥ・ヂャン・コゥ 』 駅への出口  101
       6月
  『 司机 スゥ・ジィ 』 タクシードライバー  102
       7月
  『 道口 ダォ・コゥ 』 踏切について  103
       8月
  『 摩的  モ・デイ 』 バイク・タクシー  104
       9月
  『 汽車 チィ・チュゥ 』 マイカーを買う  105
 月刊・私の見た中国         
            
              『私の見た中国』は毎月一回それぞれ
                其の月の数と同じ日に更新となります。
          これとは別に隔月で発行の
                 ペーパー版、『隗報』はすでに99号まで
      発行されております。

  ペーパー版『隗報』の『私の見た中国』
               はウェブ版とは内容が異なります。
               購読ご希望の方はご連絡下さい。
                     バックナンバーもあります。全て揃いませんが
                  不揃いでもよろしければお渡しできます。
                   ですが、こちらも部数に限りがございます。
                  ご希望の方はお申込みはお早めにご連絡を。
              

  
    
  下頁(茶館『隗』)
   のページへはこちらから
 請進!



 表紙へ戻る