辺学中文、辺知中国     
中国語を学びながら知る中国考現学

    
   月刊・私の見た中国 

『辣椒ラー・ジャォ』辛いのはお好きですか
 トウガラシ、誰でも知っている。唐辛子と漢字表記があるので、
これは中国(唐)と何ぞ関係があるのでは・・と思うのも普通。
 別に、南蛮と言ったり、鷹の爪と言ったりもしてます。
 その、辛〜いお話です。

  誰もが知ってるトウガラシトウガラシと言えばすぐに韓国のその
料理を思い浮かべる方も多くおられるでしょうが、どうしてこれが、
中国のトウガラシ消費量も軽視できません。
  中国で辛い料理、というと大概の方はその、マーボー豆腐とかへ
話が飛んで、それで有名なのは四川料理というのですが、こちらは、
川菜ツァン・ツァイと中国では呼ばれていて、確かに辛いことは辛いん
ですが、日本であまり知られてないのは、実は中国、この四川省に限らず
辛い料理各地にありまして、かつ、その辛さもなかなかのものです。
 そこんとこの認識を先ず新たにしていただきたい。
 四川の人に限らずですね、わたしの感じでは中国の人は結構辛い料理
がお好き。そしてその辛さもなかなかのもので、わたしたちの辛さレベルを
遥かに凌駕。「あんたらの辛い、辛いってるのなんて全然辛くないもんね」
ってくらいのが普通の辛さだった。
 つらつら思い出してみると、長沙という町で食べたあの料理、山東省でも
ふつうに辛かった、山西省だって辛いじゃん!と驚き、わたしの辛さ一番は
いまでも、四川省じゃなくて、というのは重慶のあの紅い紅い鍋もかなりの
もんだったが、成都の本場マーボー豆腐も確かに、辛かった。
  しかし、いまでも思い出すのは、わたしの中では、貴州省というところが
いま挙げた四川省の下側にあるんですが、ここの省都、貴州グィ・ゾォゥ。
ここでの辛さ思い出が断トツだ。
 それは、貴州について列車を降りた時から始まった。駅をでるとすぐ、
鼻を衝く刺激臭がした。それは直ぐに分かった。トウガラシの匂いだと。
それもトウガラシを油で炒ってるような匂いが空気中に満杯に漂ってた。
多分近くにそうした料理店でもあるんだろう。それも外へ思いっきり匂いが
逃げ出すような、或いは、故意に匂いを外へ出す、焼肉屋さんの匂い客寄せ
方式だろう、くらいに思っていた。ところが、駅を離れても、この匂い着いて
回る。バスで移動したのに、空気中のトウガラシ含有率が変わらない。
このあたりで、気づいた。そうか、この町は、町全体がこんな匂いなんだ、と。
 旅先の食事は楽しみの一つでもある。こっちだて平均的日本人よりは
幾らか辛さに強い、という自信があった。あったし経験もあった。油断だ。
いやいや、このあと入ったレストランで頼んだ料理は辛いのなんのって、
辛い。兎に角、辛い。不味くはない。味は好いようだ。が、辛い。
よく譬えに口から火が出そう、なんて言うじゃないですか、いっつから口は
ゴジラのように火を噴いて、腹の中が噴火、んん〜鼻も馬鹿になってる。
 注文した料理が出そろって卓にならんだら、ぜ〜んぶ紅かった。
視覚も火を吹いてた。いやいや、参りましたね。
 お願いですから、ドンブリまで紅くしないで下さい。

 地元の人は平気なんだろうかとフト、周囲のテーブルを見てみた。
家族ずれがいた。小さな女の子。多分9歳くらいの子が母親に料理を
取り分けて貰って食べてる。あっ!こっちと同じ料理だ。それ、辛いよ・・
と思って見てたら、彼女はへっちゃらで食べて、かつ、美味しい、何て
言ってる。おいおい、こっちのとは違うのか・・・?でも、あの紅さは同じ。
どうみても同じだ。んん〜流石地元の子は違う。また休まず箸を動かしる。
辛くないのだろうか。いやいや、辛いはずだ。絶対辛い。大人のわたし
だってかなり応えてるのに。女の子の口元は紅かった。
 と、ここまででもかなりの衝撃だったのに、その後わたしは更に衝撃的な
光景を目のあたりにして打ちのめされる。
 それは、お母さんが抱っこしていた、もう一人の子が起きたらしい。すこし
むずかる。彼女の弟だ。3歳か4歳。起き掛け、ちょっと機嫌が悪い。
ぐずった。と、その隣に座ってたお父さん。自分の食べていた麺をフーフー
して、あ〜ん!なんて言ってる。え〜っお父さん、その面、辛いですよ。
スープだって紅いのに、わたしは先ほどお父さんが更にその上にテーブル
の上に薬味として置いてあった、紅いものをふりかけてたのを見てましたよ。
 駄目ですよ、そんな辛いのをこんな小さな子に食べさせちゃぁ。刺激が、
強すぎでしょ。また泣いちゃいますよ、という心配を他所に、お父さん、
あ〜ん、子どもはちゅるちゅる〜と面を啜る。
 アレ??んん??大丈夫か??この子???
 いままで愚図ってたのも機嫌が治り、弟はニコニコしてる。辛くないのか。
辛いだろう、いや、絶対辛い。辛いはずだ。辛くないわけがない。
  どうなってるんだ。あの面辛くないのか。そうか、紅いけど辛くないんだ。
  ・・・ってんで、わたしもその面を追加注文して食べてみた。
 一口、口に運んで後悔した。辛い、お父さん、ダメだよこんなの子供に
与えちゃ。お父さんこれにまたふりかけてたんですよ。

 ・・・結論。辛さの嗜好も、どんどんエスカレートするということが判った。
つまり、アルコールと同じでわたしは、辛さへの対応力も腕が上がると
いう事を学んだ。
 あんな小さい時から鍛えてりゃ、そりゃ大人になったら少しぐらいの辛さ
じゃ物足りないとは理解できる。理解はできるが、賛同はできない。
 


2016年10月10日


      
   発行年月          月刊 『私の見た中国』 一覧
2010年1月
  『圧歳銭ヤースィチェン』 中国お年玉の相場
   2月    『春 運 ツゥン・ユン』 帰省する人達をどう運ぶか
              3月     『 飯 店 ファン・ディェン』 泊まれば分かる中国ホテル 
               4月     『 清明節 チン・ミィン・ジェ 』 お祭り騒ぎのお墓参り
            5月     『 手 机 ショウ・ジー 』  中国携帯事情
            6月     『 交通標識ジャォ・トン・ビァォ・ヂィ』道路標識が何よ!
           7月     『 請挙手!チン・ジュゥ・ショゥ』老師!シュワッチの挙手
             8月     『888ファファファ』 中国人は何故8が好き?
             9月     『角色扮演 ジェ・スゥ・バン・イェン』 中国コスプレ術?
      10月    『喫月餅 チィ・ユェ・ビン』月餅を食す、今年の月餅は・・・
     11月   『 堵車  ドゥ・チュゥ 』渋滞だよ、渋滞。どうする・・
          12月    『 下雪了! シィァ・シュェ・ラ 』  アッ!雪だ!!
 2011年 1月    『乗坐和諧号チェン・ズゥォ・フゥ・シェ・ハォ』中国の新幹線
           2月     『 討飯的 タォ・ファン・ダ 』 中国・乞食目撃情報    
         3月     『放鞭炮 ファン・ビェン・パォ』 爆竹は派手でなくちゃ
             4月    『虚擬掃墓シュゥ・ニィ・サォ・ムゥ』なんでバーチァルなの・・・
           5月    『超過装載量!』それって積みすぎでしょ!危ないし
              6月    『光膀子 グァン・バン・ズ』これぞ、中国式クールビズ
            7月     『 裸 婚 ルゥォ・フン 』  婚姻届だけの結婚
              8月     『可笑的T恤クー・シャォ・ダ・ティ・シュ』 笑えるティーシャツ
     9月    『地 書 ディ・スゥ 』 消えゆく“書”の芸術
       10月   『火 鍋 フォ・グォ 』 お勧め!中国寄せ鍋事情
       11月   『在澡堂洗澡ザィ・ザォ・タン・シィ・ザォ」 いざ、銭湯へ
       12月   『聖誕節的肯徳基』 クリスマスの日のケンタッキー
2012年 1月     『中国的蛋米羔ダン・ガォ』 中国製ケーキは今、
       2月      『乱途乱画ルァン・トゥ・ルァン・ファ』 落書き
       3月     『帥哥送貨!スヮィ・グゥ・ソン・フォ』イケメン届けます!
       4月      『 五体投地 ウーティトゥディ 』 本物を見てよ・・・・
        5月     『 帯盒飯 ダィ・フゥ・ファン 』お弁当を持って・・・
        6月      『 名片 ミィン・ピェン 』 中国・名刺活用法
        7月      『高 考 ガォ・カォ』大学受験の季節がやってきた!
       8月     『奥林匹克アォ・リン・ピ・ク』 オリンピックの年です
       9月      『做作業 ズゥォ・ズゥォ・イェ』 宿題やらなくちゃ
      10月     『 包装 バォ・ズァン 』 過剰包装かも・・・
       11月     『討價還價タォ・ジィァ・ホアン・ジィァ』 買い物指南
       12月     『白衣悪魔 バァィ・イー・ウェ・モォ』 白衣の悪魔って・・!
2013年 1月     『農貿市場ノン・マォ・シー・チャン』市場がなくなるかも
       2月     『団圓飯トゥァン・ユァン・ファン』一家団欒での食事
       3月     『三八婦女節サン・バァ・フゥ・ニュゥ・ジェ』天の半分を支える
       4月     『錦旗 ジン・チィ』 褒められも、感謝もされず
       5月    『黒板報ヘィ・バン・バォ』粉筆で描く芸術
        6月    『山寨文化サン・ザィ・ウェン・ファ』って何よ!
        7月   『××書城 ×・×・スゥ・チャン』中国大型書店では、
       8月     『相親 シャン・チン』 お見合いですよ〜!
       9月    『教師節ジャォ・シィ・ジェ』教師に感謝の日です
       10月     『洗脚 シィ・ジャォ』 足湯は如何ですか。
       11月   『大熊猫ダァ・ション・マォ』パンダ・ぱんだ・Panda!
       12月   『旅遊車導游リュゥ・ヨゥ・チュゥ・ダォ・ヨゥ』バスガイドさん
2014年 1月   『握手 ウォ・ショゥ』 あぁ・・・、あくしゅ?・・ですね
       2月   『小公シャォ・ゴン』小さな乗り合いバス、日本にこれがあれば
       3月     『透明門簾トゥ・ミン・モン・リェン』ビニールのカーテン
       4月   『打車 ダァ・チュゥ』 ハラハラドキドキの中国タクシー
      5月   『賞花シャン・ファ』 中国で花を愛でる
       6月   『超市ツァォ・シィ』 中国のスーバーへ行ってみれば
       7月   『煎餅ヂェン・ビン』 これぞ中国式B級グルメ
       8月   『中国的焔火イェン・フォ』 夏だ!花火だ!!
       9月     『晒服 サィガンイー』 はためくのよう
       10月    『去博物館 チゥ・ボゥ・ウ・グァン」 博物館へ!
       11月   『光棍節 グァン・グン・ジェ」 11・11狂乱
       12月    『站着吃 ヂァン・ヂャ・チィ』 立ち食いについて考える
2015年 1月   『賀年片 フゥ・ネェン・ピェン』  中国の年賀状
       2月   『校服 シャォ・フゥ』学生服って・・・ジャージじゃないですか
       3月   『校花 シャォ・ファ 』 我が校のマドンは・・
        4月   『学校食堂シュェ・シャォ・シィ・タン』 ガクショクだよ
       5月   『街頭売貨ジェ・トゥ・マィ・フォ』 立ち売りの人達
        6月    『ロ少架 ツァォ・ジャァ 』 中国式ケンカの仕方
       7月   『小秘 シャォ・ミィ 』 秘書であって秘書でなし
       8月   『街道樹ジェ・ダォ・スゥ』 中国の街路樹や如何に
       9月   『假幣 ジャァ・ビィ 』 コレッ、ニセ札ジャン!
       10月   『空中小姐コン・ヂォン・シャォ・ジェ』は、飛んでます。
       11月   『素菜 スゥ・ツァィ 』 本場、精進料理のお味は?
      12月   『方便面ファン・ビェン・ミェン』 インスタントラーメンかよ。
2016年 1月   『抱嬰ルバォ・イン・アール』 おんぶ に だっこ
       2月   『算命先生スァン・ミン』 占ってさしあげましょう
        3月     『中国的麻将マージャン』 麻将と麻雀は別もん
       4月   『減速帯ジェン・スゥ・ダィ?』蒲鉾型の突起物
        5月      『 嘆息 タン・チィ 』 溜息なんかついたりして
        6月   『文明大一歩ウェン・ミン・イー・ブゥ』 偉大なる一歩!
        7月     『三色旗袋サン・スゥ・チィ・ダィ』 トリコロール袋の時代
              8月     『田径型卓子ティン・ジンサィ・シン・ズォ・ズ』競技場型会議机
       9月   『低頭族 ディ・トゥ・ズゥ』 スマホが中国人を黙らせる!
       10月    『 辣椒 ラー・ジャォ 』 トウガラシ・辛いのはお好きですか
         11月   『 中国的郵局 ヨゥ・ジュゥ 』 中国郵便局事情
      12月    『機場ジィ・チャン』巨大な飛行場が続々
2107年 1月    『快子 クゥァィ・ズ』 お箸の文化
       2月    『拉拉手 ラ・ラ・ショウ』 お手て繋いで
       3月    『公交車 ゴン・ジャォ・チュー』 路線バスの旅
       4月    『穿鞋 ツァン・シェ』 鞋と靴
       5月    『寵物 チョン・ウー』 ペットを飼う
       6月    『按喇叭アン・ラー・バァ』 鳴りやまぬクラクション
       7月    『午睡ウー・スィ』 お昼寝の時間です
       8月    『喝口卑酒フゥ・ピィ・ジュゥ』夏だ!ビールだ!!
     9月    『液晶壁板イェ・ジン・ビィ・バン』 液晶だらけ
      10月    『碗装蕎麦麺式吃飯ワン・ズァン・チャォ・マィ・ミェン・チィ・ファン』
     11月    『確認座位チュェ・レン・ズォ・ウェィ』 リコンファームは面倒
        
            
              『私の見た中国』は毎月一回それぞれ
                其の月の数と同じ日に更新となります。
          これとは別に隔月で発行の
                 ペーパー版、『隗報』はすでに99号まで
      発行されております。

  ペーパー版『隗報』の『私の見た中国』
               はウェブ版とは内容が異なります。
               購読ご希望の方はご連絡下さい。
                     バックナンバーもあります。全て揃いませんが
                  不揃いでもよろしければお渡しできます。
                   ですが、こちらも部数に限りがございます。
                  ご希望の方はお申込みはお早めにご連絡を。
              

  
    
  下頁(茶館『隗』)
   のページへはこちらから
 請進!



 表紙へ戻る