辺学中文、辺知中国     
中国語を学びながら知る中国考現学

    
   月刊・私の見た中国 

『 魔的 モォ・ディ 』 オートバイタクシー
 中国でもこれ、ホントウは?禁止されてるらしいですよ。
オートバイ・タクシー。早い話が、オートバイでタクシーと同じように
客をひろって、送り届け、お金を頂戴する、ってわけなんですがね。
仕組みは、至って簡単。でも、乗ってみればわかるがかなり危険。
 ちょいと最初に戻りますが、この「魔的」は訳が正しいかどうか怪しい。
正式名称ってあんのかなぁ。これって単純に、中国語のオートバイ
魔托車モゥ・トゥォ・チュゥと、タクシーを皆にも人たちは的士ディ・シィ
言ってますんで、二つくっつけけて、「魔的」としました。
 時々このように勝手にというか、適宜というか、コトバを作ってますが、
仕様がないよね、だって日本にそれにあたる単語自体がないし、
中国だって、先に書いたようにこんな違法なものにちゃんとして名前が
最初からあるわけでもないし、多分ですが、普通は中国の人だって
こんな単語は使わずに、「今日はバイクで行く」とか「バイクをつかまえて」
ってな話をしていて、それって普通に「魔托車」「バイク」なんですが、
その時点でその「魔托車」は、勿論自分のバイクでもなければ、普通の
バイクじゃなくてですね、料金を払ってのる「バイク」の意味で使っていて
そこはホラ!その時は「バイクで・・・」って言えばもう即このバイクタクシー
を指してるわけでして、ですので、単語としては「魔托車」でいい。
 ところがですね、ここで話題にするその、よく客を待ってるようなバイクは
普通のバイクとは違いまして、タクシーなわけですね。だからって「タクシー
に乗って・・」って言っちゃうと紛らわしいでしょ、タクシーは別に在るわけだし。
だからわたしが、中国の人に、ホラあのよくバス停なんかで客を待ってる
バイクの人たちいますよね、あれって、中国語で何て言いますか、と尋ねると
わたしの指したものは直ぐに理解していただけるが、ハテ?あれ何と??
となると明確に答えてくれる人は少ない。誰もが知ってる。誰もが一度位なら
利用したこともある。利用しなくとも絶対見たことはある。中には知人にその
お仕事の人がいたり、アルバイトでやったことがある人だって。
 なのに、それなのに、正式名称がないって、それって冷遇しすぎでしょ。
それはあれですか、違法だからですか。でも、でも、あの「魔托車」はかなり
早くからあって、みんな普通に利用していた、違法でない時代だってあった
はずですよね。
  ということで、その呼び方だけでこんなん独り盛り上がってますが、
あのバス停や、繁華街や、ちょっとした大通りのあちこちでバイクを止めて
何をするでもなく客待ちする人たちの様子は、今でも中国で見える。
 ってことは利用者はまだまだいる。但し、皆さんに利用するのはお勧め
できない。止めといたほうがいい。いや、乗っちゃダメ。
 一つは、もうお判りでしょうが、危険。バイクですからね、何かあると、
例えば転倒しても生身の人間ですからその受ける被害が大きすぎる。
かつ、タクシーですからして、バイクであってもこれを運転する人たちは
効率よく稼ぎたいのか急ぐ、やたらスピードを出す、危ない。
それでなくとも中国の道路状況というか交通状況というか・・・判るでしょ。
 二つ目。料金メーターなどないので、目的地を告げてからは値段交渉。
交渉力がないなら、結構高いこと言わるんで、そんなら最初から普通の
タクシーに乗ったほうがいい、ってことになる。どんだけ安上がりにできるか
はあなたの交渉力、つまるところは中国語力にかかってる。どうです、
それでも自信ありますか。敵というかバイク運転手側は毎日客を運んで
るんでどうしてなかなかしたたか。多分負けます。もっと言えばボラレル。
安くもなく危険、それなのに敢えてそれに乗るのはお勧めできない。

  わたしの経験はこうだ。値段交渉時は、絶対!往復でこれこれの値段
と乗車前に交渉。交渉成立。乗りました。相変わらず怖い、怖い、カーブも
もう少しスピード緩めてよ、何度も自分は急いでないんだ、と言ってるのに
バイク自体をかなり傾けてカーブを曲がり、更には街ではスイスイ〜ってか
かなりきわどい技で車の間を縫いながら走る。ハラハラドキドキ、はタクシー
以上の味わいたくもない臨場感。目的地に着き、用を足し同じようにハラハラ
ドキドキで生きた心地もせずようやく戻ったら、ちょいと戻る地点を最初に
乗った場所から移して指定したら、降りてお金を払う時点で、最初の約束は
反故に。往復といったのに、乗った地点と降りた地点が違うんだから、往復
プラスここまでの料金を払えという。かつ、かつですよ、乗車中に振り回され
て一度しっかりあご紐を締めてなかったんでヘルメットを落としちゃった。
ヘルメットに傷がついたからその弁償も払えと、傷だらけのヘルメットを
目の前に差し出して交渉。どれが今できた傷なんだかどれがいつの傷
なんだかヘルメットは傷だらけ。結局は、最初に乗った場所からちょっと
ずれた降車地への代金と、これまたどれなんだか分からない傷代とを
併せて、先の交渉額にちょいとだけプラスして払わせられた。
 そっからは、もう二度と乗るまい!と思ってはいたが、その後も数度、
それはタクシーがつかまらず、急いでいたんで止む無く乗ったことがある。
 いずれの場合も、どの例をとっても、お勧めはできない。
  まぁ賢明なみなさんは乗らんとは思いますけどね。


2018年8月


      
   発行年月
         月刊 『私の見た中国』 一覧
2010年1月
  『圧歳銭ヤースィチェン』 中国お年玉の相場   1
   2月
   『春 運 ツゥン・ユン』 帰省する人達をどう運ぶか   2
              3月
    『 飯 店 ファン・ディェン』 泊まれば分かる中国ホテル    3
               4月
    『 清明節 チン・ミィン・ジェ 』 お祭り騒ぎのお墓参り   4
            5月
    『 手 机 ショウ・ジー 』  中国携帯事情   5
            6月
    『 交通標識ジャォ・トン・ビァォ・ヂィ』道路標識が何よ!   6
           7月
    『 請挙手!チン・ジュゥ・ショゥ』老師!シュワッチの挙手   7
             8月
    『888ファファファ』 中国人は何故8が好き?   8
             9月
    『角色扮演 ジェ・スゥ・バン・イェン』 中国コスプレ術?   9
      10月
   『喫月餅 チィ・ユェ・ビン』月餅を食す、今年の月餅は・・・   10
     11月
  『 堵車  ドゥ・チュゥ 』渋滞だよ、渋滞。どうする・・   11
          12月
   『 下雪了! シィァ・シュェ・ラ 』  アッ!雪だ!!   12
 2011年 1月
   『乗坐和諧号チェンズゥォフゥシェハォ』中国の新幹線   13
           2月
    『 討飯的 タォ・ファン・ダ 』 中国・乞食目撃情報     14
         3月
    『放鞭炮 ファン・ビェン・パォ』 爆竹は派手でなくちゃ   15
             4月
   『虚擬掃墓シュゥ・ニィ・サォ・ムゥ』なんでバーチァル   16
           5月
   『超過装載量!』それって積みすぎでしょ!危ないし   17
              6月
   『光膀子 グァン・バン・ズ』これぞ、中国式クールビズ   18
            7月
    『 裸 婚 ルゥォ・フン 』  婚姻届だけの結婚   19
              8月
   『可笑的T恤クーシャォダティシュェ』 笑えるティーシャツ   20
     9月
   『地 書 ディ・スゥ 』 消えゆく“書”の芸術   21
       10月
  『火 鍋 フォ・グォ 』 お勧め!中国寄せ鍋事情   22
       11月
  『在澡堂洗澡ザィ・ザォ・タン・シィ・ザォ」 いざ、銭湯へ   23
       12月
  『聖誕節的肯徳基』 クリスマスの日のケンタッキー   24
2012年 1月
    『中国的蛋米羔ダン・ガォ』 中国製ケーキは今、   25
       2月
    『乱途乱画ルァン・トゥ・ルァン・ファ』 落書き   26
       3月
    『帥哥送貨!スヮィ・グゥ・ソン・フォ』イケメン届けます!   27
       4月
    『 五体投地 ウーティトゥディ 』 本物を見てよ・・・・   28
        5月
    『 帯盒飯 ダィ・フゥ・ファン 』お弁当を持って・・・・   29
        6月
    『 名片 ミィン・ピェン 』 中国・名刺活用法   30
        7月
    『高 考 ガォ・カォ』大学受験の季節がやってきた!   31
       8月
    『奥林匹克アォ・リン・ピ・ク』 オリンピックの年です   32
       9月
    『做作業 ズゥォ・ズゥォ・イェ』 宿題やらなくちゃ   33
      10月
    『 包装 バォ・ズァン 』 過剰包装かも・・・   34
       11月
    『討價還價タォ・ジィァ・ホアン・ジィァ』 買い物指南   35
       12月
    『白衣悪魔 バァィ・イー・ウェ・モォ』白衣の悪魔って・・!   36
2013年 1月
    『農貿市場ノン・マォ・シー・チャン』市場がなくなるかも   37
       2月
    『団圓飯トゥァン・ユァン・ファン』一家団欒での食事   38
       3月
    『三八婦女節サンバァフゥニュゥジェ』天の半分を支える   39
       4月
    『錦旗 ジン・チィ』 褒められも、感謝もされず   40
       5月
   『黒板報ヘィ・バン・バォ』粉筆で描く芸術   41
        6月
   『山寨文化サン・ザィ・ウェン・ファ』って何よ!   42
        7月
  『××書城 ×・×・スゥ・チャン』中国大型書店では、   43
       8月
    『相親 シャン・チン』 お見合いですよ〜!   44
       9月
   『教師節ジャォ・シィ・ジェ』教師に感謝の日です   45
       10月
    『洗脚 シィ・ジャォ』 足湯は如何ですか   46
       11月
  『大熊猫ダァ・ション・マォ』パンダ・ぱんだ・Panda!   47
       12月
  『旅遊車導游 ダォ・ヨゥ』バスガイドさん   48
2014年 1月
  『握手 ウォ・ショゥ』 あぁ・・・、あくしゅ?・・ですね   49
       2月
  『小公シャォゴン』小さな乗り合いバス、日本にあれば   50
       3月
    『透明門簾トゥ・ミン・モン・リェン』ビニールのカーテン   51
       4月
  『打車 ダァ・チュゥ』 ハラハラドキドキの中国タクシー   52
      5月
  『賞花シャン・ファ』 中国で花を愛でる   53
       6月
  『超市ツァォ・シィ』 中国のスーバーへ行ってみれば   54
       7月
  『煎餅ヂェン・ビン』 これぞ中国式B級グルメ   55
       8月
  『中国的焔火イェン・フォ』 夏だ!花火だ!!   56
       9月
    『晒服 サィガンイー』 はためく   57
       10月
   『去博物館 チゥ・ボゥ・ウ・グァン」 博物館へ!   58
       11月
  『光棍節 グァン・グン・ジェ」 11・11狂乱   59
       12月
   『站着吃 ヂァン・ヂャ・チィ』 立ち食いについて考える   60
2015年 1月
  『賀年片 フゥ・ネェン・ピェン』  中国の年賀状   61
       2月
  『校服 シャォ・フゥ』学生服って・・・ジャージですか   62
       3月
  『校花 シャォ・ファ 』 我が校のマドンは・・   63
        4月
  『学校食堂シュェ・シャォ・シィ・タン』 ガクショクだよ   64
       5月
  『街頭売貨ジェ・トゥ・マィ・フォ』 立ち売りの人達   65
        6月
   『ロ少架 ツァォ・ジャァ 』 中国式ケンカの仕方   66
       7月
  『小秘 シャォ・ミィ 』 秘書であって秘書でなし   67
       8月
  『街道樹ジェ・ダォ・スゥ』 中国の街路樹や如何に   68
       9月
  『假幣 ジャァ・ビィ 』 コレッ、ニセ札ジャン!   69
       10月
  『空中小姐コン・ヂォン・シャォ・ジェ』は、飛んでます。   70
       11月
  『素菜 スゥ・ツァィ 』 本場、精進料理のお味は?   71
      12月
  『方便面ファン・ビェン・ミェン』 インスタントラーメン   72
2016年 1月
  『抱嬰ルバォ・イン・アール』 おんぶ に だっこ   73
       2月
  『算命先生スァン・ミン』 占ってさしあげましょう   74
        3月
    『中国的麻将マージャン』 麻将と麻雀は別もん   75
       4月
  『減速帯ジェン・スゥ・ダィ?』蒲鉾型の突起物   76
        5月
    『 嘆息 タン・チィ 』 溜息なんかついたりして   77
        6月
  『文明大一歩ウェン・ミン・イー・ブゥ』 偉大なる一歩!   78
        7月
    『三色旗袋サンスゥチィダィ』 トリコロール袋の時代   79
               8月
    『田径型卓子ティンジンサィズォズ』競技場型会議机   80
        9月
  『低頭族 ディ・トゥ・ズゥ』 スマホが中国人を!   81
       10月
   『 辣椒 ラー・ジャォ 』 トウガラシ・辛いのは   82
         11月
  『 中国的郵局 ヨゥ・ジュゥ 』 中国郵便局事情   83
      12月
   『機場ジィ・チャン』巨大な飛行場が続々   84
2107年 1月
   『快子 クゥァィ・ズ』 お箸の文化   85
       2月
   『拉拉手 ラ・ラ・ショウ』 お手て繋いで   86
       3月
   『公交車 ゴン・ジャォ・チュー』 路線バスの旅   87
       4月
   『穿鞋 ツァン・シェ』 鞋と靴   88
       5月
   『寵物 チョン・ウー』 ペットを飼う   89
       6月
   『按喇叭アン・ラー・バァ』 鳴りやまぬクラクション   90
       7月
   『午睡ウー・スィ』 お昼寝の時間です   91
        8月
   『喝口卑酒フゥ・ピィ・ジュゥ』夏だ!ビールだ!!   92
     9月
   『液晶壁板イェ・ジン・ビィ・バン』 液晶だらけ   93
      10月
   『碗装蕎麦麺式吃飯ワンズァンチャォマィミェン』   94
          11月
   『確認座位チュェ・レン・ズォ・ウェィ』 リコンファーム   95
      12月
  『礼多人不怪 リィ・ドゥォ・ブ・グァィ』 礼は何回言う?   96
 2018年1月
  『 桂暦グァ・リィ 』  壁にはカレンダー   97
       2月
    『 網口巴 ワン・バァ 』 中国ネットカフェ事情   98
       3月
  『 彩票 ツァィ・ピァォ 』 中国で宝くじを買う   99
       4月
   『 透明的浴室トゥミンダユゥシィ 』 丸見えの浴室  100
       5月
  『 出站口 ツゥ・ヂャン・コゥ 』 駅への出口  101
       6月
  『 司机 スゥ・ジィ 』 タクシードライバー  102
       7月
  『 道口 ダォ・コゥ 』 踏切について  103
       8月
  『 摩的  モ・デイ 』 バイク・タクシー  104
       9月
  『 汽車 チィ・チュゥ 』 マイカーを買う  105
 月刊・私の見た中国         
            
              『私の見た中国』は毎月一回それぞれ
                其の月の数と同じ日に更新となります。
          これとは別に隔月で発行の
                 ペーパー版、『隗報』はすでに99号まで
      発行されております。

  ペーパー版『隗報』の『私の見た中国』
               はウェブ版とは内容が異なります。
               購読ご希望の方はご連絡下さい。
                     バックナンバーもあります。全て揃いませんが
                  不揃いでもよろしければお渡しできます。
                   ですが、こちらも部数に限りがございます。
                  ご希望の方はお申込みはお早めにご連絡を。
              

  
    
  下頁(茶館『隗』)
   のページへはこちらから
 請進!



 表紙へ戻る