辺学中文、辺知中国     
中国語を学びながら知る中国考現学

    
   月刊・私の見た中国 

『暖気 ヌァン・チィ』 中国暖房事情
 先ずその、暖房のことを中国語では、暖気ヌァン・チィと言います。
日本語ですと、暖気は気象用語となりますが、中国語ではそちらの方は、
温暖ウェン・ヌァンと言ってまして、ちょいとややこしいですが、双方漢字を
使う両国の間ではしばしばこうした現象が起きます。
 もっと正確に申しますと、暖房は設備ですので、暖気設備スゥ・ベィと。
今月号取り上げたのは、中国のその暖房(設備)のことです。
 どこから説明すればいいでしょうか。日本と違うのは、個人の家の暖房
を各戸が賄うということはなくて、地域ごと、職場ごと、自治体ごとの集中
暖房方式です。
 想像がつきますかねぇ。中国の方の住まい方というか、住宅事情について
は他のところでも触れております、個別建ての住宅というのは少なくて、
概ね一般庶民は、高層の住宅に沢山の家庭が一緒に住んでいる。
日本の団地というか、マンションというか、あれの更にちょいと大規模のやつ
と思っていただいていいのですが、集合住宅住まいです。
 ごく偶に、別荘式だったり、逆に相当古い個別住宅をそのまま数家庭が
共同で使ってるなんてなのもあるんですが、それも含めてですね、中国では
これらの家庭の暖房は個別に、行うのではなく、企業体や自治体が一括管理
して、暖房設備を併せ持ち、それで暖を取ります。
 その多くは、その殆どは、例えば高層住宅で言うと、各家庭に暖房用の配管
がされていて、蒸気または温水をその菅を通して各家庭に送り届けます。
日本にもこうした設備がないことはないですが、そうそう多くはないですよね。
 これが、どうしてなかなか。
どう、なかなか、かというと。地域にもよりますよね、あの広い中国ですからして
激しく冷える、かつ、冬季間の長い地域もあれば、まぁまぁ・・ってな所も。
 その辺はその、多少はですね、各家庭に流す、温水の温度だったり蒸気の
温度を調整することで、ある程度は合わせることはできます。ですが、あくまで
ある程度は、です。
 わたしの経験から言わせて貰えば、中国の暖気はどうも物足りない。
わたしは北海道の人間ですので、北海道の各家庭の暖房設備は圧倒的に
石油ストーブです。現代では。以前は違いました。その話をするとまた脱線
しそうなんで、何を言いたいかというとですね、北海道の人は冬は家の中で
帰宅するとストーブを点け、温まるわけですが、これが色々種類はありますが、
そこそこ火力を上げて、ガァ〜ッ!とこう熱くするもんですから、実は冬季間
北海道の冬の家の中は、家のその断熱構造とかも手伝って実はかなり熱いの
であります。どういったら好いでしょうか、ひょっとしたら、部屋の中はその地域
の夏の気温よりも熱いのです。そりゃ、暖房のない部屋、帰宅前の部屋は
そりゃそりゃ寒いですよ、ですが、一たび帰宅しストーブさえ点ければこれが
どうして、南の家の炬燵の部屋よりは当然暑い。冬季、部屋の中は半袖、
ってな人もおれば、何故か外は零下〜度なのに家ではアイスキャンディーを
食べたりする。
 結論、そうした冬の暖かに慣れているわたしには、中国の暖気による冬の
部屋のなかは、何と申しましょうか、とても心もとない暖か、とでも言いましょうか
ぼ〜んやり温かい。寒さはしのげてますが、その、ガ〜ッ!!とくる暖かさ
がないので、物足りない。どこか寒い感じがいつもしている。
 中国の暖気はほぼ一日中いつでも、また、建物全体に入りますので、全体
がホワ〜ンと温かく、北海道の部屋のように暖房のある部屋は強烈に熱いが、
同じ家でも暖房のない部屋は寒い、というようなことはない。
 でも、その、あの北海道のストーブの前にいるような直の暖かみが得られず、
わたしはいつもどこか、冷や冷やとしたような、物足りない、いま一つ満足しない
暖房温度に着るものを一枚多くし、肩をすぼめ、寒そうにしていたもので、
北海道から来た、東出ドン・ツゥが一番寒がりですね」と揶揄された。
実際わたしは寒い寒い・・と言ってもいた。
 例えば、大学だと、大学の全ての建物を管轄する、暖房集中管理の建物が
あり、そこ一か所で、当時は石炭ボイラーで沸かした温水をこっから供給。
温水の配管はあらゆる建物の中を巡り巡ってまた、ここへ戻ってくるんだと
思う。だから、例えばトイレに行こうが、廊下の端っこの方だろうが一応暖房
は来てるわけで、ボヮ〜ンと暖かい。寒くはない、という程度には温かい。
朝早くから夜遅くまでそれはず〜っと続いていて、建物が全体が温まる感じ。
但し、自分で調整は出来ない。お任せ、ってやつだ。
 そう言えば、こんなこともあった。その年の暖房の入る日というか、多分、
毎年なんでしょうが、決められていて、流石に月は11月と決まってるから、
あとは×日が決まられていた。忘れちゃった何日だったか。とにかく、その日が
決まってるもんで、その前にどんなに突然の寒波襲来で寒かろうが、逆に
暖房を止める日も決まってるので、どんなにその頃はもう暖かろうが、暖房は
入る。止めることもできなければ、温度調整もできない。どうするか。
 寒いのに暖房がなかれば、皆、教室で外と同じ格好のまま防寒着を着込んで
授業を受け、逆の場合は、暖房が入ってるいるのに、窓は全開、となる。
 
 マンションのような、高層住宅も各家庭は、その地区で供給する暖気を受ける。
ですの、電気や水道と同じで、各家庭はその床面積に応じて、1平方メートル
当たり幾ら、と決められている料金をその暖房期間支払うこととなる。
電気料金や、水道料金と同じように暖房料金が徴収されるわけです。
なんでもこれを滞らせると、というかそうした家がこの集団住宅の中に一軒でも
あると直ぐじゃないでしょうが、その建物ごと全体の暖房を止められることも
ある、という話も伺ったことがある。ホントかなぁ。

 そうだ、もう一つ、暖房で思い出すのはこれとは逆に、日本の暖房がどんな
ものか知らない中国からの訪問団を案内していたら、一般家庭の住宅で
立ち止まる。何が珍しいのかと思ったら、北海道には各戸の家にホームタンク
と呼ばれる、石油タンクが設置されている。それが珍しく、何に使うのかも
分からず、「あれは何ですか?」と問われ、冬の暖房用の石油貯めておく
タンクだと説明すると、「各家庭にあるんですね」と驚いたようた様子。
写真を撮り始めた。


2018年12月 (108)


      
   発行年月
         月刊 『私の見た中国』 一覧
2010年1月
  『圧歳銭ヤースィチェン』 中国お年玉の相場   1
   2月
   『春 運 ツゥン・ユン』 帰省する人達をどう運ぶか   2
              3月
    『 飯 店 ファン・ディェン』 泊まれば分かる中国ホテル    3
               4月
    『 清明節 チン・ミィン・ジェ 』 お祭り騒ぎのお墓参り   4
            5月
    『 手 机 ショウ・ジー 』  中国携帯事情   5
            6月
    『 交通標識ジャォ・トン・ビァォ・ヂィ』道路標識が何よ!   6
           7月
    『 請挙手!チン・ジュゥ・ショゥ』老師!シュワッチの挙手   7
             8月
    『888ファファファ』 中国人は何故8が好き?   8
             9月
    『角色扮演 ジェ・スゥ・バン・イェン』 中国コスプレ術?   9
      10月
   『喫月餅 チィ・ユェ・ビン』月餅を食す、今年の月餅は・・・   10
     11月
  『 堵車  ドゥ・チュゥ 』渋滞だよ、渋滞。どうする・・   11
          12月
   『 下雪了! シィァ・シュェ・ラ 』  アッ!雪だ!!   12
 2011年 1月
   『乗坐和諧号チェンズゥォフゥシェハォ』中国の新幹線   13
           2月
    『 討飯的 タォ・ファン・ダ 』 中国・乞食目撃情報     14
         3月
    『放鞭炮 ファン・ビェン・パォ』 爆竹は派手でなくちゃ   15
             4月
   『虚擬掃墓シュゥ・ニィ・サォ・ムゥ』なんでバーチァル   16
           5月
   『超過装載量!』それって積みすぎでしょ!危ないし   17
              6月
   『光膀子 グァン・バン・ズ』これぞ、中国式クールビズ   18
            7月
    『 裸 婚 ルゥォ・フン 』  婚姻届だけの結婚   19
              8月
   『可笑的T恤クーシャォダティシュェ』 笑えるティーシャツ   20
     9月
   『地 書 ディ・スゥ 』 消えゆく“書”の芸術   21
       10月
  『火 鍋 フォ・グォ 』 お勧め!中国寄せ鍋事情   22
       11月
  『在澡堂洗澡ザィ・ザォ・タン・シィ・ザォ」 いざ、銭湯へ   23
       12月
  『聖誕節的肯徳基』 クリスマスの日のケンタッキー   24
2012年 1月
    『中国的蛋米羔ダン・ガォ』 中国製ケーキは今、   25
       2月
    『乱途乱画ルァン・トゥ・ルァン・ファ』 落書き   26
       3月
    『帥哥送貨!スヮィ・グゥ・ソン・フォ』イケメン届けます!   27
       4月
    『 五体投地 ウーティトゥディ 』 本物を見てよ・・・・   28
        5月
    『 帯盒飯 ダィ・フゥ・ファン 』お弁当を持って・・・・   29
        6月
    『 名片 ミィン・ピェン 』 中国・名刺活用法   30
        7月
    『高 考 ガォ・カォ』大学受験の季節がやってきた!   31
       8月
    『奥林匹克アォ・リン・ピ・ク』 オリンピックの年です   32
       9月
    『做作業 ズゥォ・ズゥォ・イェ』 宿題やらなくちゃ   33
      10月
    『 包装 バォ・ズァン 』 過剰包装かも・・・   34
       11月
    『討價還價タォ・ジィァ・ホアン・ジィァ』 買い物指南   35
       12月
    『白衣悪魔 バァィ・イー・ウェ・モォ』白衣の悪魔って・・!   36
2013年 1月
    『農貿市場ノン・マォ・シー・チャン』市場がなくなるかも   37
       2月
    『団圓飯トゥァン・ユァン・ファン』一家団欒での食事   38
       3月
    『三八婦女節サンバァフゥニュゥジェ』天の半分を支える   39
       4月
    『錦旗 ジン・チィ』 褒められも、感謝もされず   40
       5月
   『黒板報ヘィ・バン・バォ』粉筆で描く芸術   41
        6月
   『山寨文化サン・ザィ・ウェン・ファ』って何よ!   42
        7月
  『××書城 ×・×・スゥ・チャン』中国大型書店では、   43
       8月
    『相親 シャン・チン』 お見合いですよ〜!   44
       9月
   『教師節ジャォ・シィ・ジェ』教師に感謝の日です   45
       10月
    『洗脚 シィ・ジャォ』 足湯は如何ですか   46
       11月
  『大熊猫ダァ・ション・マォ』パンダ・ぱんだ・Panda!   47
       12月
  『旅遊車導游 ダォ・ヨゥ』バスガイドさん   48
2014年 1月
  『握手 ウォ・ショゥ』 あぁ・・・、あくしゅ?・・ですね   49
       2月
  『小公シャォゴン』小さな乗り合いバス、日本にあれば   50
       3月
    『透明門簾トゥ・ミン・モン・リェン』ビニールのカーテン   51
       4月
  『打車 ダァ・チュゥ』 ハラハラドキドキの中国タクシー   52
      5月
  『賞花シャン・ファ』 中国で花を愛でる   53
       6月
  『超市ツァォ・シィ』 中国のスーバーへ行ってみれば   54
       7月
  『煎餅ヂェン・ビン』 これぞ中国式B級グルメ   55
       8月
  『中国的焔火イェン・フォ』 夏だ!花火だ!!   56
       9月
    『晒服 サィガンイー』 はためく   57
       10月
   『去博物館 チゥ・ボゥ・ウ・グァン」 博物館へ!   58
       11月
  『光棍節 グァン・グン・ジェ」 11・11狂乱   59
       12月
   『站着吃 ヂァン・ヂャ・チィ』 立ち食いについて考える   60
2015年 1月
  『賀年片 フゥ・ネェン・ピェン』  中国の年賀状   61
       2月
  『校服 シャォ・フゥ』学生服って・・・ジャージですか   62
       3月
  『校花 シャォ・ファ 』 我が校のマドンは・・   63
        4月
  『学校食堂シュェ・シャォ・シィ・タン』 ガクショクだよ   64
       5月
  『街頭売貨ジェ・トゥ・マィ・フォ』 立ち売りの人達   65
        6月
   『ロ少架 ツァォ・ジャァ 』 中国式ケンカの仕方   66
       7月
  『小秘 シャォ・ミィ 』 秘書であって秘書でなし   67
       8月
  『街道樹ジェ・ダォ・スゥ』 中国の街路樹や如何に   68
       9月
  『假幣 ジャァ・ビィ 』 コレッ、ニセ札ジャン!   69
       10月
  『空中小姐コン・ヂォン・シャォ・ジェ』は、飛んでます。   70
       11月
  『素菜 スゥ・ツァィ 』 本場、精進料理のお味は?   71
      12月
  『方便面ファン・ビェン・ミェン』 インスタントラーメン   72
2016年 1月
  『抱嬰ルバォ・イン・アール』 おんぶ に だっこ   73
       2月
  『算命先生スァン・ミン』 占ってさしあげましょう   74
        3月
    『中国的麻将マージャン』 麻将と麻雀は別もん   75
       4月
  『減速帯ジェン・スゥ・ダィ?』蒲鉾型の突起物   76
        5月
    『 嘆息 タン・チィ 』 溜息なんかついたりして   77
        6月
  『文明大一歩ウェン・ミン・イー・ブゥ』 偉大なる一歩!   78
        7月
    『三色旗袋サンスゥチィダィ』 トリコロール袋の時代   79
               8月
    『田径型卓子ティンジンサィズォズ』競技場型会議机   80
        9月
  『低頭族 ディ・トゥ・ズゥ』 スマホが中国人を!   81
       10月
   『 辣椒 ラー・ジャォ 』 トウガラシ・辛いのは   82
         11月
  『 中国的郵局 ヨゥ・ジュゥ 』 中国郵便局事情   83
      12月
   『機場ジィ・チャン』巨大な飛行場が続々   84
2107年 1月
   『快子 クゥァィ・ズ』 お箸の文化   85
       2月
   『拉拉手 ラ・ラ・ショウ』 お手て繋いで   86
       3月
   『公交車 ゴン・ジャォ・チュー』 路線バスの旅   87
       4月
   『穿鞋 ツァン・シェ』 鞋と靴   88
       5月
   『寵物 チョン・ウー』 ペットを飼う   89
       6月
   『按喇叭アン・ラー・バァ』 鳴りやまぬクラクション   90
       7月
   『午睡ウー・スィ』 お昼寝の時間です   91
        8月
   『喝口卑酒フゥ・ピィ・ジュゥ』夏だ!ビールだ!!   92
     9月
   『液晶壁板イェ・ジン・ビィ・バン』 液晶だらけ   93
      10月
   『碗装蕎麦麺式吃飯ワンズァンチャォマィミェン』   94
          11月
   『確認座位チュェ・レン・ズォ・ウェィ』 リコンファーム   95
      12月
  『礼多人不怪 リィ・ドゥォ・ブ・グァィ』 礼は何回言う?   96
 2018年1月
  『 桂暦グァ・リィ 』  壁にはカレンダー   97
       2月
    『 網口巴 ワン・バァ 』 中国ネットカフェ事情   98
       3月
  『 彩票 ツァィ・ピァォ 』 中国で宝くじを買う   99
       4月
   『 透明的浴室トゥミンダユゥシィ 』 丸見えの浴室  100
       5月
  『 出站口 ツゥ・ヂャン・コゥ 』 駅への出口  101
       6月
  『 司机 スゥ・ジィ 』 タクシードライバー  102
       7月
  『 道口 ダォ・コゥ 』 踏切について  103
       8月
  『 摩的  モ・デイ 』 バイク・タクシー  104
       9月
  『 汽車 チィ・チュゥ 』 マイカーを買う  105
     10月
    婚礼車隊フン・リィ・チュ・ドィ』 婚礼の車列が凄い  106
      11月
  『救護車 ジュゥ・フ・チュゥ』 救急車が通る  107
      12月
  『暖気 ヌゥァン・チィ』 中国暖房事情  108
2019年 1月
  『伴舞者 バン・ウー・ヂャ』 バックダンサー  109
       2月
   チィパォ 』 チャイナドレス  110
       3月
  『鐘表 ヂォン・ビァォ』 中国人と時計  111
       4月
  『窓木霊子ツァン・リン・ズ」 窓には桟  112
       5月
   『報刊亭 バォ・カン・ティン』 消えゆくスタンド  113
       6月
  『 ♪配楽 ペィ・ユェ 』 商店内の音楽  114
      7月
  『二維石馬アールウェィマァ』 QRコードで  115
       8月
   イェン・フォ』 夏だ、花火だ  116
 月刊・私の見た中国         
             
               『私の見た中国』は毎月一回それぞれ
                其の月の数と同じ日に更新となります。
          これとは別に隔月で発行の
                 ペーパー版、『隗報』はすでに99号まで
      発行されております。

  ペーパー版『隗報』の『私の見た中国』
               はウェブ版とは内容が異なります。
               購読ご希望の方はご連絡下さい。
                     バックナンバーもあります。全て揃いませんが
                  不揃いでもよろしければお渡しできます。
                   ですが、こちらも部数に限りがございます。
                  ご希望の方はお申込みはお早めにご連絡を。
              

  
    
  下頁(茶館『隗』)
   のページへはこちらから
 請進!



 表紙へ戻る