≪政策信条 第一号!≫

 住民参画型の地方政治を目指しています。一部の人々の「政(まつりごと)」、そして大部分の人にとっては 「しがらみ」。これでは私たちが望んでいる新しい時代はやってきません。
地方分権」が現実のものとなりつつある今日、有権者は自分達の地域は自分達で守る。将来を考え、悔いの無い選択をして欲しい。自分達の社会づくりに直接関わる事が重要と考えます。
皆さん一緒に制度や環境を作るために頑張りましょう。

政策1
すべては「人づくり」が原点です。
地域に育つ、地域を担う人づくり

(1)家庭教育
若いお母さん・お父さんが安心して子育てができる環境をつくる。
★ 子供の教育には0才(幼児期)からの家庭のしつけが何よりも重要。
家庭のしつけは「人づくり」の出発点です。特に母親の影響は子供の人格形成を左右するほど大きいです。
でも子育てに悩み、迷っている若いお母さん、お父さんが大勢いるのも事実。そんな人達を支援する環境を整備する事が必要です。
子育てはつらい?と言う問いに対して母親は、体や心や経済面で子育ての負担が大きいと答えた人が約50%もいます。<意識調査>2002年度新聞調べ

私が考える子育ての為の環境整備
・育児の悩み相談室の設置
・しつけの役割についての勉強会の開催
・幼児教育、家庭教育支援の制度化
★ 今や育児は親だけの仕事ではありません。みんなで助け合って子供を育てましょう!

(2)社会教育
みんなが、みんなに思いやりを持てる社会づくり。
どの家の子供でも自分の子供と同じ様に接し、悪い事は叱り、良い事は褒める。叱る・褒めるも思いやりが無ければできません。隣近所がすっかり疎遠になってしまった昨今ですが、人に対する思いやりは失いたくないものです。みんなが誰に対しても思いやりの精神を持って接すること。→それが「人づくり」の大きな力になります。

初子の思い(1)
最後に、私達は「政治家に高い道徳を求めたい」  どう生きるべきか・・・。
信念を持って生きようと思えば、そこには自律的な道徳がなくてはなりません。
政治家の人生は自分だけのものではありません。政治家は公人なのです。
賄賂をもらう。公金をごまかす。平気でうそをつく。
いつまでそんな記事が新聞をにぎわすのでしょうか?

もどる   第二号へ



〒401-0501 山梨県南都留郡山中湖村山中865-223
Tel:0555-62-1671 Fax:0555-62-4699
e-mail:hatsuko@lapis.plala.or.jp