PEかナイロンか 2004/11/12
道糸の話である。
PEは強い!!初めは高切れで高価なウキを失うのが嫌だったので使ってみたものの、やはり強い!
おまけに長持ちで、少々ささくれ立ってきても ひとシーズンくらいは平気で使えてしまう。
そんなんでも、未だに高切れした事は一度もない。ハリス3号で根掛かりしても 必ずハリスの方が
先に切れてしまう。・・・しかし、グレを掛けた時に 伸びない道糸のおかげで、魚の引きがダイレクトに
伝わってくる。思わず糸を出してしまう。根に入られる または 根ズレでハリスが飛ぶ(..;)
今でも?何度 痛い目に遭っているか。一度、竿が折れてもいいからと 思いっきり魚の引きを
溜めてみた・・・ハリスが切れるので 3号まで上げた。・・・結果、ハリ先が伸びた(ToT)
 昨シーズンは終盤にナイロンを使ってみた。結構こらえても 道糸は切れない。伸びるせいか
魚の引きもソフトなような気がする。これで、49センチのグレも上げた(極寒の時期だったので
引きも弱かったのだろう) でも、性格的には 豪快な釣りがしたい。
先調子で堅めの竿に PE+太ハリスで 強引に釣るか
胴調子のインナー竿に ナイロン糸+細ハリスで あしらいながら釣るか
どっちでもいいから 良型グレが釣れればそれでいいのだが 未だに 悩んでいます。
釣りのデータベース
釣りのデータも300件に達して、過去のデータも簡単に呼び出せるようにしたいと思い
アクセスを導入した。が、使い方がさっぱり分からないのである(..;) 本も2冊買ってきた
それでも、分からないのである(..;) 取りあえず、入力画面だけ作成し、300件分のデータを
ぶち込んでみた。今は、徐々に理解しつつ、カテゴリー別に表示させるようには出来た。
例えば、4月の釣行データだけを読み出して、ああ、今の時期はどこそこでどんな魚が釣れたんだ
と言う事が分かるようになった。当然、その年によって釣果は変わってくるのだが、参考にはなる。
ハリスのポイ捨て
ずっと前は、ハリスのみならずハリまで、仕掛け交換の度にポイポイと捨てていた
ある日、同じ磯に乗った私より若い釣り人が、仕掛け交換の時に、ハリスを手に
クルクルと巻いて、ハサミで切っていた。
!!そうか、ああやれば、鳥の足や羽に絡むこともないんだ〜!!
それからは、毎回、ハリスはきちんと切って捨てることにした
・・・ところが先日、釣りのコラムを見ていると、「最近、ハリスを切って捨てている人を見かけるが
魚はキラキラとしたものに興味を引き(集魚材の中の雲母がいい例である)
手足が無いので口で確認するしかない、細かく切り刻んだハリスを飲み込んだりしたら・・・・」
ガ〜ン!!良かれと思ってやっていた事が・・・。それ以来、交換した仕掛けは、手で丸めて
その他のゴミと一緒に持ち帰る事にしました。
釣果指向
釣りを始めたとき、どうやればいい釣果が得られるか真剣に考えた事がある
いつの時期にどこら辺に行けば魚が釣れるのか、分かればこんな楽な事はない
そこで、3年間、中日スポーツの釣果欄と、地元の天気を記入し続けた。3年間である!!
大体、いつ頃からどこでチヌ・グレが釣れ始めるのかが分かってきた。
そして、天気予報とにらめっこして、「この日だ〜!」と、狙いを定めて釣行した。
たしかに、条件はバッチリなんだが、他の磯で釣れてしまう(..;) 
やっぱ腕なんだと、記録をするのを止めた(T.T)
釣り好き
やはり、釣りの始めは、性格的にものめり込んでしまう。(..;)
磯釣りを始めた頃は、魚を釣るだけではなく、海を眺めるのが好きで、とにかく出掛けた
6月の一ヶ月間、休みの日は毎回出撃〜、さすがに渡船屋のおばちゃんからも「好きやな〜」と
言われたくらいだった。夏場もボチボチと出掛けた。台風が近づいてうねりが出ていると言うのに
沖の堤防でも、安全な地磯でもいいからと、竿を出した。結局、大した釣果もなかったけど・・・。
最近では、何かと理由を付けて出掛けなくなった。風ピューピューで寒いから、時化後の波が
まだ残っていそうだから・・・。眠いから(..;)
軍団
私はグンダンが好きではない。いわゆる、同じユニフォームを着て、船頭に親しげに話しかけて
いい磯を乗っ取っていく人達のことだ。確かに、私よりよく通っているんだから仕方ないんだけど。
私のホームグランド(紀東 錦)の渡船屋にも当然、そのような人達は出没する。船頭は私の
ひとつ上の先輩で顔なじみなので、当然?地元の言葉で先に乗りたい磯を指名しておく。
他の人達がその磯を指名しても、「乗る人がおるで あかん」の一言で片が付く。
まあ、どうしても乗りたい磯が無いときは、他の人達が降りてからゆっくりと空いた磯に乗るんだけど。
また、軍団と言っても、中には、軍団の釣り大会にも関わらず、一般の人を先に降ろしてから
残った磯に散らばって行く いい軍団?もいるんですけどね〜。
しかし、腕前は凄いので 私のへたくそのやっかみとも言います。(..;)
ごうまん
磯釣りもこれだけ続けていると、いつの間にやら腕が上達?して、魚の居そうな雰囲気というか
こんな状態の時はこんな場所で釣れたな〜って言うのが記憶に残るので、結構いい釣果に
恵まれる事が多くなってくる。そうすると、その時の仕掛けをいつでもどんな時でも使うようになる
そして、釣りの技術の進化についていけなくなり、いつの間にか、条件の良い時しか釣れなくなる
・・・今の私が その状況のようで、新聞の釣果欄が賑わっているのに、私には一向に魚が
巡ってこない(..;) まあ、運もある程度はあるんだろうけど・・・。
数年前に買い漁った雑誌を読み返して、いちから勉強しなおそ〜っと(..;)

|| MAIN || 旅&イベント|| たから箱 || ELGRAND || ふるさと ||

釣りコラム
私の思う事を書きます、暇な時にでも読んだってくださいm(__)m