1月情報        水温が不安定な今日この頃  うまくはまれば大釣り???
         || HOME || FISH MAIN || FISH DATA ||

 1/26(火) 三重県錦磯 黒崎東  グレ35p1匹
友人と3人で釣行。うねりがあって、水温は15度、もうちょっと高ければ良い釣りが
 出来そうと思いながら今日は、釣友に釣らせるのも目的のひとつ。とにかく一匹釣ってからと
 7時前に第一投。サシエが残ってくる。
 徐々にタナを深くして3.5ヒロ、際でやっとグレの顔が見れた。すぐさま隣の友人に
 流し方のアドバイス・・・これがいけなかった。その後は全く釣れなくなり、8時半に
 弁当船が見えた頃反対端の友人に大物のアタリ。見学していると、沖側でボコッと
 どでかい魚が反転してハリス切れ。「なんや今の魚?」とてつもなくでかかった・・・。
  すぐさままたアタリで、今度も大型。何とかタモ入れしたのが大型のグレ。
 魚拓を採るために弁当船に預けた。寸法は測れなかったが、50pはありそうだった。
 その後も、私には全くグレは来ない。隣の友人に待望のグレが来て、タモ入れ。
 聞くと30センチオーバーは初めてのことで40p近かったので間違いなく彼の記録更新。
 その後彼は一匹30センチオーバーを追加して、その後強烈な魚が掛かり竿先が水中に
 突っ込んでいる。しばらく見ていると沖向きに走ったかと思うとエラ洗いジャンプ。
 メーター近いスズキが掛かっている。そんな魚は友人に取れるわけもなくハリスプッツンで
 おさらば。しばらくして反対端の友人にそのスズキ?が、また来た。
 かなり長い間やり取りして、何度かのエラ洗いジャンプもしのいでもうすぐタモ入れというときに
 ハリスがプッツン。あまりのショックとやり取りの疲れで、彼はしばらく磯の上に大の字になって
 寝ていた(^^;;
今日の私は最初の一匹だけで、友人達の大物とのやり取りを楽しませてもらって帰ってきた(T_T)
 帰りに出来上がった魚拓を見ると48.5pのグレだった。・・・良かった・・・私の記録を超えていなかっ た(^^;; 
まあ、ボウズではなかったので良しとしよう。 ちなみに、ブリの定置網が入るので、錦の東磯は1月一杯で乗れなくなります。
と言っても土日祝祭日だけは乗れるので、平日だけは乗れません。平日釣行の私にとっては、6月の全面解禁までおあずけとなります。
1/14(木)三重県錦磯 黒崎東 グレ35p ガシラ25−30p5匹 【友人情報:山本氏】
友人の山本氏が初釣りの汚名挽回に再度挑戦!!グレを仕留めてきました。これくらいのが刺身にすると旨いんだなー
          ガシラもいい型で、今度釣り方を教えてもらおう。他には、カッコで50p近いグレが上がっていたそうです。狙い目だなー
1/13(水)三重県志摩半島 田曽葛西磯 グレ30−33p6匹 手の平〜25p数匹【友人情報:浅野氏】
ウキ下2〜3ヒロ、磯際よりも10〜15m沖を狙ったそうです。三ツ石方面に乗った客は30p止まりで、コッパが多かったとのこと
田曽は2月くらいに紀東方面が釣りづらくなったときに良型グレが出るので、時々釣行しましたが、このところの寒波で結構早く
釣れだしたのかもしれませんね。ちなみに月曜に錦磯(黒崎東)に行った釣友はボウズだったそうです。
また、筏では50pクラスのマダイが出ていたそうです。
 1/6(水) 三重県錦 磯 カガミ(幸助)  グレ31−39p4匹

  99年の釣りも開幕です。早速ホームグランドの錦へ行ってきました。
釣り客はやや少な目の15人ほど、他船はもっと少ないので今日はいい場所へ渡れそうな予感が
ありました。まず、エサ屋で仕入れた情報では、年末年始は水温が下がってどこも釣果はさっぱり、
でも最近水温が少々上がってグレが出だしたとのことで、期待は十分。渡船屋で太ふと目にした
魚拓が二日前の4日「木生島」で51pのグレ。こりゃいけそう・・・(^o^)
 5時半過ぎに出船。さすが、木生に5人ほど降りる。皆さん二匹目のドジョウを狙っているようで・・・
東磯の端の「蛇島」で3人卸し、船頭に相談すると、「ぐるっと見るで待っとれ」こりゃ良い磯に
渡してもらえると期待したものの、どの磯も数人づつ乗っている。前日バラシの多かった
「岡本島」には二人(満潮に向かう状況でこれ以上乗るのはちと厳しい) ここも前日バラシのあった
「カガミ(幸助)」は二人乗っていたが、私のベストポイントの東側が空いている。
すかさず乗せてもらった。
 海の状況は絶えずざわついていて非常にいい雰囲気(^o^) 仕掛けをセットして、6時半過ぎ
99年の第一投、二投、三投でサラシのせいかウキがスーッと入る。確認のため合わせてみると
久しぶりの良い引き。少々手こずったが何とかタモに入れたのはなかなかのグレ、その時は
そんなに大きいとは思わなかったのだが、あとで寸法を測ると 惜しい!!40pにちょっと足りない
39pのグレ。でも幸先いいー!! 25pクラスも数匹釣れましたが、お帰り願いました。

 ※翌日の5日、友人が島勝のササド地〜ニゴトへ行きましたが、芳しくなく、グレの33p一匹の釣果。あと、カワハギの25p以上を10匹ほど釣った
そうです。(鍋に最適(^^;;)また江戸鼻に乗った人がグレ30−35p5枚くらいと、あまり良くなかったようです。
                マウスで書いたのできたないけど、カガミ磯です。(他船では幸助と呼ぶので注意)
赤の×印が私の釣り上げたポイントです。他の客は青の×を粘り強く狙っていましたが
グレの姿は見えませんでした。 船頭は、左の水道を狙えと言っていたのですが、エサ取りに
やられるだけの水道はなかなか狙える続けられず、確実性のある磯際オンリーの攻めに
なってしまいました。 ここの際は結構深いようで、魚の引きにまかせて糸を出しても
ハリスにキズが付くこともありませんでした。
左側のシモリとのサラシ(水道)も良さそうだったのですが、足場を波がはい上がってくるので
万一掛かったときにやり取りがつらそうでした。でも、エサ取りに手を焼くようなときは
狙い目のポイントなのかもしれません。(そういう所だからこそ大グレが出やすいのかな)
 この磯に乗る人はほとんどが中央のポイントに行くので、私の釣った船着き場付近が空いてたら
是非とも狙ってみて下さい。・・・際にグレがウヨウヨいるはずです(^^;;
  潮は際に沿って右側に行くことが多いようで、その時は、サシエをセットした竿とコマセを
入れたシャクを両手に持ち、磯際に沿って仕掛けを入れたと同時にマキエを撒いて、ウキを
そのまま際に引きつけておいて下さい。必ずや良型グレが竿を曲げてくれるでしょう。
 左に潮が流れるときは、もう最高、左のサラシの払い出しの延長線上を狙って下さい。
去年の半夜釣りで荒れていたとき、左沖目でかなりの大物を掛けました。(何度かの
やり取りのあと、右側に走られ道糸プッツン、サヨナラでした。)

       || HOME || FISH MAIN || FISH DATA ||