2001年12月情報   出た〜 46p〜 

   || HOME || FISH MAIN || FISH DATA ||

★12/05(水)三重県錦磯 水神3番 グレ27-28Cm・丸ハゲ20Cm2匹 

  今シーズンの開幕 水神本島から陽が昇る  まあ、釣れたからいいか〜
ホント久々に 磯釣りに行きました。ボチボチ釣れ始めたとのことで期待十分だったのですが・・・。
朝、仮眠をしていたら目覚ましのスイッチが入っていなくて出発5時30分 起きたら5時30分 かなり慌てました
無事一番船に乗ることができ、得意の水神3番に乗りました。朝からベタなぎでエサ盗りがいればお手上げという
状況の中、6時半から新調のリールで第一投、水面に黒い塊が上がってきます。フグかな?マキエと分離させて
サシエを通過させたと思ったら赤ジャコ・・・ゲー私の一番嫌いなエサ盗り・・・・。
マキエを撒きながら際を見ているとまあまあの型のグレがヒラを返すのがチラリと見えました。ここかー(ニンマリ)
時々出るサラシに合わせてサシエを忍び込ませると待望のアタリ!初物としてはまあまあの28pのグレ。
これで、子供の夕食はキープです。水面に見える黒い魚は私の大好物の丸ハゲらしい事を確認したので
真剣にエサ盗り狙いに切り替え。エサを入れてすぐに竿を上げて待っていると・・・釣れました。やはり丸ハゲです。
20pクラスを二匹キープして、本命のグレ釣りに専念です。でも、エサ盗りがサシエを盗っていくようで、たまに
釣れるのは赤ジャコばかりで、たまーにコッパグレがポツリの状況。潮が上がってきてサラシが出るようになり
やはり、サラシの中か〜?と 止め釣りすると27pのグレキープ。やはり、エサ盗りをかわすのはサラシが一番。
しかし、その後潮が下げてきてアタリも遠のき、11時半過ぎに納竿です。
【めも】
水温は18度 もうちょっと下がったほうがいいみたいだけど、エサ盗りもいて退屈はしない(-。−;)
久々の釣りだったので仕掛けもオーソドックスだった。二段ウキ仕掛けにすればもうちょっと釣れたと思う(反省)

★12/10(月)三重県錦磯 飛び渡り2番 グレ20-25Cm4匹・丸ハゲ1匹 

 前回に続いての連続釣行。
 渡船屋に着くとえらく車が多いのに気付き、乗船名簿を見ると27名。団体客が15名いるとの事でガックリ。
 満杯に人を乗せて5時半過ぎ出船。磯割が悪いので、適当に空いた磯に乗ろうと考えていると、飛び渡り周辺が空いているので
 同行の釣友の松永氏と共に2番に乗った。
 海上はベタで底が見えるような状況。水温は18.5℃、エサ盗りがいたら釣りにならんなーと考えながらマキエを撒くと
 上層にチラホラとフグやらハゲのお出まし。しばらくすると下のほうでグレがヒラを返すのが見えるが小さい。
 木っ端でもグレを釣らねばと、仕掛けを少し沖目に投げて粘っているとポツポツとグレは掛かってくる。何とかキープサイズの
 手のひら(22p)オーバーを掛けるが一向に大物の気配はない。 やはりサラシが出ないとダメな様だ。
 大物の感触もなく、10時過ぎから吹き始めた強烈な横風と闘いながら 昼前に竿納。
 【めも】
 水温高めで潮も動かず。サラシがないと釣りにならない。サラシがあれば木っ端の下から良型グレが湧いてきそうな雰囲気。

★12/21(木)三重県錦磯 カガミ グレ33/46Cm

  46cmのデカ版です。  丸々と太っていました〜
   今月3度目の正直。釣友の山本氏と久し振りの釣行。
 今日の客は11人。磯割りも一番いいし、どこでも行けそう。
 山本氏はおとといも錦に釣行して、カガミで知人が良型の石鯛を釣ったらしく、二匹目のドジョウを狙ってカガミをご指名。
   カガミは最初に磯付けする磯なので、人よりに先に磯を指名して確保。まだ真っ暗な中二人でカガミに乗った。
 海はベタに近く、エサ盗りが多ければ真ん中のV字ポイントしか釣りにならないだろうなーと思いながら
 山本氏に好きなとこで釣れよ〜というと、V字ポイントをしっかり指名された。・・・・やっぱり(⌒〜⌒)

  私自身、この磯に乗るときは波がある時が多く、V字ポイントはしっかり波しぶきをかぶるので、釣ったことがない。
 左側のポイントは際がえぐれていて朝いちは狙い目なので、とりあえずキープサイズを釣ってダメなら磯替わりしようと思い
 6時20分やっとウキが見える明るさになったので、竿を出し始めた。
  マキエを撒くといつものようにチラホラと水面に魚が集まってくる。今日の夕食の丸ハゲか〜?とよく見ると、ハコフグばかり
 ・・・こんなはずでは。 でも、その下では木っ端が乱舞。ならば、際狙いでキープサイズを引き出そうと、サラシもないのに
 徹底的な際狙い。7時半頃になって、時折船の波でサラシが出た時にやっと、30センチオーバーのグレをキープ
 やれやれ、これで、サシミは大丈夫だなー。 相変わらず、サラシも出ずに、底も丸見えの状況で木っ端しか釣れない。
 山本氏は手のひらオーバーのキープサイズをポツポツと釣り上げている。弁当船が来て「蛇島ひとりしかいないので行くか〜?」と
 声を掛けてくれたが、取り敢えずは釣れたので、ここで、粘る事に。
   しかし、一向にいい型のが釣れない。10時を過ぎて潮が少しずつ下がってきたので右端のポイントに移動しようかと思ったが
 万一波が来ると非常に危険な状況で、踏ん切れない。
   11時になって、残り時間も少なく、間断なくマキエを打って、マキエに水を継ぎ足してふとウキを見ると、いつもは30センチくらいで
 しもっているはずのウキが1mくらい沈んだままジッとしている。アタリか??と合わせると、心地良い重みでスーッとグレが上がってきた。
 やっと二匹目キープだ〜。とタモを取ろうとした瞬間、物凄い勢いで底に突っ込んでいく。右側に行かれるとシモリがあるので、必死で
 竿を倒してこらえる。久々の良型グレの感触にやり取りの仕方を思い出し、右へ左へ竿をやり取りしていたが、一向に山本氏が
 タモを入れに来ない。振り返ると、釣行前に約束していた。絵になるデジカメ写真を撮ろうとカメラを探しているようで、「写真はええで
 はよ〜タモ入れてくれ〜!!」山本氏もそんなにデカくはないと思っていたらしく、タモに入れてその良型にビックリ。
 丸々太った立派な寒グレ。これで、明日の息子の誕生日にグレが食わせられるし、良かった〜。
 ・・・しかし、山本氏と行くと、40センチオーバーが必ず釣れるな〜・・・ 今年も最後に40オーバーをキープ。
 2001年のいい竿納めでした。

 【めも】
 *水温は17度。船頭もやっとグレが磯に近づいてきたか〜と言っていたのでこれからが狙い目か?
 *となりの岡本島でもタモ入れをしていましたが、正体は石鯛だったらしく、水温がもう少し下がらないとだめかな?
 *この磯は渡船によって、呼び名が違うので注意。(坂口渡船は幸助コウスケと呼ぶ)

★12/25(火)三重県島勝磯 ササド離れ グレ43Cm (土田氏情報提供)

 低気圧の接近でうねりのある中、午後1時頃にやっと1匹来たそうです。
 半ばあきらめ加減のところ、やはり粘りだと言っていました。


   || HOME || FISH MAIN || FISH DATA ||