2008年05月情報

|| HOME || FISH MAIN || FISH DATA ||
★05/26(月)三重県 古和浦磯 トビヤ島  グレ30〜37p 7匹 リリースいっぱい

トビヤ島 前回のナガシマからの撮影。当日はもっと荒れてました
さてさて、5月に入って5度目の釣行。
今回も?シバちゃんと現地合流、まっちゃんも行くとの情報で
連絡手段が無かったけど、現地で会うだろ〜と思ったら
エサ屋の駐車場でばったり出くわした(笑)
その後はコンビニ、渡船屋までレッツゴー
駐車場に付いて、シバちゃんにメールすると同時に同着
結構ウネリがあるよ〜とか シバちゃん情報を聞いてしばし談笑
船頭さんに まっちゃんと3人組で乗せてくれるように頼んで
11時過ぎに出船。長島の隣の磯(後で分かったトビヤ)に
他の客と4人で渡った。他の客は船着きで竿を出すと言うので
我々はジャンケンポン!速攻勝ちを納めた私は、歩くのはイヤだった
けど、雰囲気の一番良さそうな正面東側を選択
道具を持ってエッチらホッチラ、途中の難所は道具をひとつづつでないと
行けません。と、その時、足下がよろけて、太ももを磯角に強打!
痛みでしばらくは動けませんでした(汗)おまけに血も滲んでる(汗)
そこは日頃鍛えた筋トレの成果?バンドエイドを貼って、仕掛けの準備。
ウネリがきつかったので太仕掛けでも大丈夫だろうと竿は剛剣1.85号
道糸は3号、ハリス2.5号直結で、ウキはまずはBを選択、ハリスに
段シズを打って竿先のヨレに流し込んでいきます。
と、ウキがスーッと入っていきます。ヒット!!いきなり手応え十分
30pクラスのグレです。そこから20分ほどでキープサイズ3連発。
しかも、明確なアタリばかりで 私の好きなウキがシューッと入るのが
味わえます。しかし、段々とウネリが高くなり、目の前の流れは
めまぐるしく変わります。ウキをしもらせていくと、上潮に反して
手前へと寄ってきます。時々、沖に流れるタイミングで道糸を張っていると
シューっとウキが見えなくなり、ガツンと竿まで来るアタリ、
仕掛けが太いので超強引です。魚は全部際に突っ込んで来ますが
竿で貯めて、糸は一切出しません。ま、それなりのサイズでしたから〜
で、ついに竿をうならせるような引きが来ました〜。今までにない
突っ込みです〜!!でも、糸は出しません。これは40オーバー
間違い無し!!竿を寝かせてやり取りし、ついに浮いてきた〜
と思ったら サ・ン・ノ・ジ(ガクッ)
そして、後ろを振り向くと 遠い場所で釣っているはずの
シバちゃんが・・・ お互い顔を見合わせて 笑ってしまいました(笑)
情報を聞くと、あっちではデカ版バラしているとか、わしのポイントは
さっぱりアカンとか言っています。こっちは入れ食いモードなのにね〜。
シバちゃんが隣りにいる間に、ちょっと食わせるわ〜って言って
仕掛けを投入、ウキをシモらせるとアタリ、ちょっと待ってから掛けると
ものの見事に30pクラスのグレが上がってきます。
でも、もう釣りすぎているので リリースです〜。
そこからは中だるみ状態で、途中からシバちゃんが隣のポイントに
入って、キープサイズを連発させてくれます。
何度も「いまやん タモ取って〜」「はい はい〜!!」
えらい重量感やんと思ったら 海草を引っ張って上がってきたりして
「はい、自分ですくって〜(笑)」
おかげで、シバちゃんの やりとりの写真もずいぶんと撮らせて
もらいました〜。
5時前からは日陰に入って 荒食いが起きそうだったのですが
ウネリが一段と高くなってきたのと、太ももの痛さも増し、
こんだけ釣ったで十分や〜 今日はこれくらいにしといたろ〜と
納竿としました。
持ち帰りは30〜37pを7匹。最長寸は尾長だったのでまずまずかな?
でも、携帯はメールだけは送れるものの圏外表示で掛けられない
太ももは痛くて腫れているわ 40pオーバーはアタリもせんわ(笑)
ちょっと 行き過ぎのバチが当たったかな?でも まだいくど〜(笑)

シバちゃん 良型ヒット!! ずいぶん撮らせてもらいました〜(笑)

まっちゃん 若いし、これからやね〜!!

魚の写真はこれだけです〜