三池岳〜釈迦ヶ岳 縦走 2005.11.26 三重県三重郡 菰野町

三池岳から釈迦ヶ岳への縦走・・・長い
平常勤務になる前の休日、子供達は休みで家にいたけど
今日行きたい場所は かなり行程が長いので 子供連れじゃちょっとね〜。
で、一人で出掛けたのが、縦走路をつなげる 三池岳から釈迦ヶ岳 今回もかなり
長い行程になりそうですが、いつものごとく 朝は遅く、八風街道を上って行き、
射撃場近くの駐車場に到着。車はいっぱいだったけど、道端に何とか一台分確保〜。
行程長いと言うのに 昼前の10時20分スタート!
林道をセッセと歩いていくが、横を流れる川の音が聞こえるので 気持ちがいい!
40分ほど歩いて渓流を渡り、やっと山道に入っていく、5分程で中峠と八風峠の
分岐に到着。中峠は帰りに使うので、三池岳に近い八風峠方面へ向かう。休まず人を追い越しつつ 11時25分八風峠に到着。右方面に三池が見えるが、まだまだ
先だな〜と思いながら、そこからも休まずに10分で三池岳山頂到着。
山頂の三角点にタッチして、展望広場に引き返す。ガイドブック2時間5分。
自分の足で1時間15分。かなりのハイペース。でも、ここから見える八風峠から
中峠を経て釈迦岳方面は快適な尾根歩きの道がよく見える。けど、かなりの
距離がありそう。時間は11時40分。昼飯を食っている暇も無い(汗) ここまで
来て 行かなければ今日登ってきた意味が無い。ガイドブックでは1時間50分。
暗くなるまでは帰れるだろうと、さっさと釈迦岳方面に足を運ぶ。
登ってきた 八風峠で一息付いて、快適な尾根歩きと思いきや、笹ヤブの登りを
繰り返して中峠到着。振り返って三池岳方面を見ると遙か後ろで あっと言う間に
随分歩いてきたな〜と思うが、釈迦はまだまだずっと先。いくつものコブ尾根を
越えながらも立ち止まらず最後の大コブ向けてセッセと歩く。山肌の道は狭く、
膝上までの笹が邪魔で足元が見にくい、足を踏み外すとザレ場の下まで落っこちる危険があるので慎重に歩き続ける。
途中、同じく三池方面から釈迦に向かった登山客とすれ違う。こっちが登っている
時に帰りの客と出会うと焦ってしまう(笑) 最後のコブの急登を休まずに登り、
もう近くだ〜!と思ったら もうひとつ先にコブがあった(大汗)まだかまだかと歩き
続け、三池から1時間。12時40分には釈迦ヶ岳山頂に到着。結構早かったな〜。
これだけの山になると登山客も結構います。でも、山頂標識もなく、狭い。もう少し
足を進めて、大陰の広場まで行ったが、ここも次から次へと人が登ってくる。皆さん、道に迷った〜と言っているが、松尾尾根方面から登ってきたんだろうな〜。
これだけの人だとゆっくりメシも食えそうにないので、即Uターン、釈迦の山頂で
食べようかとも思ったが、また人が登ってきそうなので、そのまま帰路へと向かった。最初の雑木林はどこでも歩けるんだけど、獣道に迷うと左の谷の方に下りていって
しまうし、目印がほとんど無いので迷いやすい。右手へ右手へと歩いて行った方が
いいと思う。30分程戻って、ザレの広場で景色のいいポイントがあったので、
1時30昼食にありついた。自分の後から来る人はいないので、道端で湯を沸かして、いつものミニカップ麺とおいなりを頂く。気温が低くなってきているので暖かい
食べ物はありがたい。食後はコーヒーを入れて、音楽聞いて 癒やしタイム。
2時15分に出発して、中峠経由で、3時15分には駐車場に帰ってきたけど、
午前中あれだけいた車が一台もいませんでした。私が最後のようです。
時間的には正味 3時間40分の歩行時間。疲れました〜。
今日はデジカメの電池切れで、携帯カメラで撮って来ました。
これで、竜ヶ岳から始まり、三池岳・釈迦ヶ岳・ハト峰・水晶岳・国見岳・御在所岳・
鎌ヶ岳及び雨乞岳 までの縦走が終わりました〜。

最初はこんな林道です

まずは 八風峠へ到着

三池岳から 八風〜中峠方面

縦走路からは 福王山から伊勢平野が

三池岳が向こうに・・・随分歩いたな〜

でも、釈迦ヶ岳山頂はずっと先・・・。

釈迦ヶ岳山頂 狭くて標識も無い。

      || MAIN || FISHING || 旅&イベント|| たから箱 || ELGRAND || ふるさと ||