藤原岳登山 2006.05.21 三重県いなべ市

今日は景色がよさそう〜
昨日は大雨強風も収まり、朝起きると天気も良さそうだったので
さて、どこへ行こうかと迷ったが、昨年唯一、藤原岳だけがガスに包まれて全く景色が見えなかった。今日なら間違いない!と雪辱をかけて登った。
観光駐車場が見あたらず、地元の人に聞いて、無人駐車場に車を止めて自己申告みたいな感じで料金箱に300円をチャリーン。支度をして登り始めると、昨年登った覚えのある聖宝寺に向かう階段があった。こりゃ〜近くていいわ〜と思いながらも長い階段なのでヒーヒー言いながら登って行き聖宝寺に到着、寺の裏を回ると登山道になっている。
 この山は1合目から頂上まで看板が出ているので登る励みになる(笑)
2合目付近は枯れた渓流をそのまま登ったり、杉林の中を登ったりするが、3合目から5合目までは杉林の中の急登となる。休むのは合目の看板での時間記録だけにして5合目から6合目はなだらかな雑木林、7合目までは渓流沿いのガレ場で、藤原特有の石灰岩がゴロゴロした道となり、8合目付近で大貝戸道からと合流してからまたも石灰ゴロゴロのきつい登りをセッセと登りきると山小屋の広場に到着。ここでひと休みする人やザックを置いて、手ぶらで山頂を目指す人とかがいる。ちょっと分かりにくいが、山小屋の手前を左に降りていくと山頂に向かう道となる。最初は下りでいいんだが、その後は最後の登りの笹林で風が通りにくいので暑い!!
 寺から出発して1時間45分。前回は3人で休み休みだったので2時間半。
やはり、ソロは勝手に登れるので早いな〜。携帯を確認するとメールが受信出来たので、自宅で留守番をしている息子と少し話しをしたけど、その後は場所を変えてもメールでさえ送受信出来なかった。しかり快晴の山頂はやはり360度のパノラマで絶景!!東は遠く御在所から雨乞岳まで北は御池岳から伊吹方面まで、やはり
藤原の山頂の眺めは期待通りだった。 けど、登山客がいっぱいいるのにはちょっと閉口した。ま、シーズンの日曜で、天気も良かったので仕方ないね〜。帰りは同じ道のりをピストンしたけど、結構大貝戸道を降りていく人が多かった。あの道は杉林のジグザグをひたすら降りていくので 面白味に欠けるし、駐車場までが遠いんだな〜。
で、帰りは 体重増加から膝に負担が掛かっているようで 少々痛くなったが1時間40分掛けて帰ってきた。登りとあまり変わらない(汗)

下界もよく見えていました

快晴の中登頂成功〜!!

今回は行かなかったけど絶景の展望台”天狗岩”

山の途中には立派な登山小屋もあります

遠く御在所などの鈴鹿方面の山々も

      || MAIN || FISHING || 旅&イベント|| たから箱 || ELGRAND || ふるさと ||