伊吹山登山 1377m 2005.07.07 滋賀県伊吹町

さて、ゴンドラに乗って出発です
梅雨に入って 山の景色も良くないので 一ヶ月近く 
山へは登っていなかったが
天気も持ちそうだったし、山の花でも見に行こうと、
浅野君と 初の大橋君で初めての日本百名山 
滋賀県の「伊吹山」へ登山に行った。
自宅からふもとまでは1時間以上掛るので、
朝6時半に自宅を出発。
途中で 浅野君を乗せて 伊吹山ふもとの駐車場へは
8時頃到着。
今回はゴンドラを使って3合目まで 行こうという計画で
8時過ぎに駐車場を出発したがゴンドラの営業時間は
8時半から(汗) 
しばらく待たされた後、一番ゴンドラで3合目まで登って行った
けど、回りはガスっていて、後続のゴンドラも見えない。
当然景色も見えずに、上の駅に降り立つと、あたり一面
真っ白け(大汗)登山口の看板さえ探さないと分らない程
だった。で、8時40分 3合目出発。
石灰の混じったガレ場をズンズンと登って行くんだけど、
急な坂でもなく、ひたすらダラダラと登って行く。途中で
ここは何合目という看板だけを頼りに、ガスで景色も全く
見えない中、ほとんど休憩も取る必要もない坂を登る。
本当ならば関ヶ原〜大垣方面がよく見えるんだろうな〜
と思いながら、景色も見えないので足元の花にばかり目を
やって、持ち込んだ図鑑を参照しながら この花は何という
名前だ〜?と観察しながら登って行った。
8合目付近でやや急な坂があったがほんの束の間、
上を見ると山頂が見え始め、10時過ぎには山頂到着。
相変わらず濃いガスが流れてきていて、山頂の売店で休憩。
温度計を見ると16度程で、途中半ズボンに切替えたので
肌寒い。でも、安かったので、ソフトクリームを食べた
(これが美味い!)
昼にはまだ時間があるので 山頂付近から有料道路の
駐車場までをぐる〜っと一時間程掛けて回ってきて
元の場所へ。ここで昼飯とした。もう、ゆっくりする必要も
無いので、12時20分に下山開始。せっせせっせと下りて
行く途中、空から時折ゴロゴロと雷の音が鳴り始めた。
いや〜な雰囲気の黒雲も見え始めて、30分後、ポツポツと
雨が落ちてきたので、雨ガッパの上だけ着用。
雨は直ぐに止んで、蒸し暑いのを我慢して下りていると、
フト山頂付近でザーっと言う音が聞こえ始めた。
よく聞くと自分達より上の方で もの凄い雨音がしている。
丁度自分達より上の方を雨が通っているんだな〜
と思っていると段々と雨音が近付いてくる。
しかし、恐怖を覚えるほどのもの凄い雨音なのであります。
ヤバイ!!と思って近くを見るとコンクリートで出来た避難
小屋が見えたので一目散に逃げ込んだ。
その直後、ドーッと言う音と共にもの凄い雨に見舞われた。
ギリギリセーフ。途中で追い越してきた人や、山頂の人達は 
気の毒だな〜と思いながらも5分ほどで一気に雨が止んだ
ので、またまた下山開始。雨が止んだほんのひととき、
山頂から下界まで綺麗に見渡す事が出来た。
この山は遮るような樹木も無いので、晴れれば暑いけど、
景色が見えれば気分爽快なのであります。
で、1時間ちょっとでゴンドラの乗り場へ到着。朝はガスで
回りは全く見えなかったが、この回りは草花が青々して
いたんだ〜。
で、ゴンドラに乗って1合目駐車場に戻ってきて 帰宅した。
☆ここに来るなら、3合目まで車で上って登って行った方が
2000円は安くなる事を後で気付いた。
☆天気のよい日は遮る物が無いので、かなり暑くなると
思います。それこそ、日傘を差して登ってもいいくらいだと
思います。
☆あ、そうそう、山頂の日本武尊は「やまとたけるのみこと」と
読みます 間違っても「にほんぶそん」等とは読まないように!
知ってる人には笑われますよ(笑)日本語変換しても出てくる。

ゴンドラ下りると辺りは真っ白

石灰のガレ場を登って行きます

ふと、下界が見えました

日本武尊様と山頂記念撮影

有料道路駐車場一帯もガス!

山頂周遊道路もガス!

ヤマホタルブクロ

コイブキアザミ?いっぱい咲いてます

キリンソウ だと思います

      || MAIN || FISHING || 旅&イベント|| たから箱 || ELGRAND || ふるさと ||