HONDA DAX ST-50(改)黄色ナンバー 1998.10〜
1998.10.20 先日物置を掃除したら、20年ほど前の懐かしのダックス50が出てきました。
以前から、レストアして乗ろうと思っていたのですが、上にたくさんのガラクタが乗っていたので出せませんでした
そのおかげで?雨風をしのげたんだろうと思います。 状態は、深刻なサビの発生はありませんでした。でも、ガソリンは変な臭いがしていたので、
一部タール状に なっているかもしれません。おまけに、小さな粉状のサビが見えていました。
そこで、昔取った杵柄(実は自動車整備士2級の免許を持っていたりする)で、コツコツ直しました。   
10/20に実家から自宅へ持ってきました。 うん十年もそのままだったとは思えないくらい綺麗でしょ
車体番号からホンダに問い合わせたところ、1976年式と言うことがわかりました。
22年前ですね。 前カゴ・エンジンガードが付いています。
1998.10.29 ここから ダックスの復活記で〜す
エアクリーナー クリーナーのスポンジが砂まみれで ボロボロと崩れ落ちてくるので エアクリーナーごと取っ払いました。
ガソリンタンク 内部は当然、サビだらけでガソリンは20年の年月を経て 変質し、気分が悪くなるようなにおいがしていました。
そこで、中に灯油とナットをたくさん入れて ガシャガシャと振りまくって 内部のサビを掃除しました。 まあ、こんなもんか〜
燃料パイプは さわるとブチッと切れてしまったので 汎用品の新品に交換
キャブレター 当然、オーバーホールが必要なのですが、フロートが死んでいるのかガソリンを供給するとオーバーフローするので レストア好きな
友人からビッグキャブを譲り受けて交換
マフラー よく見ると途中で パイプをつないでいることが分かったのだが、排気が漏れてポコポコと凄まじい音がする。
これでは近所は走れないので、マフラー修理剤で修理
タイヤ 前後輪共に、深〜い亀裂が入っていて これは危険だぞ〜と思ったけど パンクもしていないようなので そのうち交換と言うことで・・
バッテリー 当然、液は空。とりあえずはプラグから火花は飛ぶので、そのまま。その後ホームセンターで注文したが3.5kも取られた。
1998.11.02 市役所へ行って、ナンバーをもらうのですが、書類が一切ないので、担当者も困っていましたが、
問題が発生した時は全て自己責任で・・・てな念書を提出して 無事ナンバーを頂きました。子供を乗せて走りたかったので、
黄色ナンバーも簡単にもらえちゃいました。(・・;)
1998.11.04 近所の車屋で 自賠責に加入して 晴れて公道を走行できるようになりました。
※その後、何度か乗ったのですが、相変わらずキャブからガソリンがオーバーフローするので ホースを針金で縛り付けて
 再び 冬眠状態に入りました。
2002.07. ・・・あれから 3年半 ダックスは眠り続けていました・・・
かみさんから「邪魔だから捨てろー!!」の声がうるさく、もう一度復活することを考えまして、近所にバイク屋が出来たこともあり
色んな部品の値段を聞きに行きました。まず、ガソリンタンク内がまたまたボロボロになっていたので、これは交換するしかない
値段を聞くと、7000円。全国に在庫が10個きりで、在庫が切れたらもうありませんよ〜。早速注文〜!!
ギアのシールは230円だけど交換費用が3000円〜。これは前に自分で交換しようとしたけど 出来なかったので バイク屋にお頼み
申します〜(・・;)。駐車場がオイルで汚れて困ってました〜。
後は、キャブですが、値段を聞くと17000円也〜 純正品にそんなに払えるか〜ってな訳で、お断り。友人に頼もう・・・。
2002.07.12 ダックスギアシール交換を終えて自宅到着〜。タンクは自分で取り付けるので部品だけ到着〜。
早速、タンクを交換したが、何と、本体のみでフタも付いていない。ま、しょうがないか〜 磨いて取り付け。
キャブレター キャブは、友人に再度頼んで、また違うビッグキャブを譲り受けて取り付け。 またまた、すんなりとエンジン一発始動〜(⌒〜⌒)
でも、またまた、オーバーフロー・・・Σ(T▽T;)  しばらく様子を見たけど、うまく治まったので、何とか行けそう!!
マフラー 前に修理したけど、修理剤がボロボロ状態で、再修理が必要。ホームセンターで修理剤を買って着手。なかなか固まらず苦労したけど
何とか接続に成功。これで、近所も走れるぞ〜!!
でも、その後試運転をしていたら きっ亀裂が・・・。お見事、振動でやっと固まった修理剤がパックリ割れてまた排気漏れです。
また、別のバンテージタイプの修理剤を買って、現在補修中であります。
2004.5.12 軽自動車税の支払い通知が来たのを機会に2年振りにDAXの様子を見てみた
ガソリンタンクからは嫌〜なタール状の臭いが(..;) タンクをはずしてキャブもバラバラにしてブレーキクリーナーで
綺麗にしてガソリンを入れ直したらあっけなく一発でエンジン始動(^。^) ガソリン携行缶に入れたガソリンは大丈夫
なのに、タンクに入れたガソリンはダメになる。なんでだろ〜? 近所を走り回ったけど気分が良かった〜。
さて、このままにしておいてもまた同じ事なので 実家の納屋に保管して度々エンジンを回してやろうかな??
現在の悩み 試運転をしてみたのだが、やはりスピードが出ない。全開バリバリで60Kmほどなので、後ろの車に煽られる事・・・。
せめて70CCくらいのエンジンを積みたいのだが、なかなかブツがなくて困ります。新品のキットを買うほどの勇気はないし・・・。

     || MAIN || FISHING || 旅&イベント|| たから箱 || ELGRAND || ふるさと ||